マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【可愛いパンダは日本国に来ると汚れる】日本テレビ系ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」

 

 日本の白と黒で、

ジャイアント・パンダそのものが巻き込まれるのは、

動物としてとても哀れなことだ。

 

中国から上野動物園へのパンダレンタルは、

基本的には、稀少動物の密輸同等だ。

 

あのような物を媒介すると、心が腐る。

 

パンダは中国の里では笑顔も出ているはずだ。

コンクリートの檻の中で、笑顔が出るはずがない。

 

 

直接にジャイアント・パンダと言う動物を、

間に害を入れず、観ることこそが重要だ。

 

 

私も、外国を観るときは直接ですし、

間に東京の汚いのを極力経由はしたくないですね。

 

大方、ここを通すと、ここの色眼鏡を通すと、

思想が歪み、その先の評価は全てが穢れで終わる。

 

綺麗な南国の海が、お台場の海に見えてしまう。

汚らしい。

 

それが結果的に平成の30年ですね。

 

 

本日の渋谷での大麻逮捕が、

心がお台場なんでしょうね。

 

物は溢れて魅力はあるが、

東京はまず都庁が汚れていますね。

 

私は、2000年代からは、

ネットの制限を不法的に受け、

醜いものを見せられた思いですね。

 

それが、

日本の犯罪である、

カルト資本主義」なんでしょうね。

 

こちらが仙台捨てれば全部終わるね。

 

この20年間、

女以前に、土地の卑しさだけ見ました。

 

仙台は要らんよ。

恥さらしの土地。

 

 

 

 

 

日本テレビ系ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」

 

元NGT48山口真帆(24)が、日本テレビ系ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(12日スタート、日曜午後10時30分)の第1話にゲスト出演し、女優デビューすることが11日、分かった。

山口は「初めてドラマに出演させていただくこととなり、本当にうれしいです。ストーリーがすごく面白い作品で、第1話にゲストで出演できるのは、すごく光栄です」とコメントした。

さらに「私が演じた役は、いろいろ悩みながら、追い詰められたり、悲しい思いもするけれど、強く生きていく女性で難しい役どころでしたが、自分だったらどうしたか、自分も演じた女性のように強く生きることへ憧れる部分もあったので、いろんな人への勇気につながるとうれしいです」と役への思いも明かした。

ドラマは清野菜名(25)と横浜流星(23)のダブル主演作。清野は、囲碁棋士の川田レンと世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在「ミスパンダ」役。横浜は、医学生で、メンタリストとしても活動する一方、レン(清野)を操ってミスパンダに仕立て上げる森島直輝役。悪質なセクハラやパワハラ、不正などのうわさが飛び交っても、真相は闇に消えていくことも多いが、そんな目に見えない壁に阻まれた事件の真相を暴くヒーローとヒロインを描く。

山口は、第1話の舞台として登場するIT会社の女性社員を演じる。

山口は昨年5月にNGT48を卒業し、同9月放送の情報番組で「周りに合わせる性格で、自分がないと自分で思ってて。でも、お芝居だと誰かになりきったり、役になりきったりする。それがすごく楽しくて」と女優を目指す理由を語っていた。

 

 

山口真帆が女優デビュー「強く生きていく難しい役」 - ドラマ : 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/amp/202001110000079.html