【1月19日 AFP】中国中部・武漢Wuhan)市で19日、重症急性呼吸器症候群SARS)ウイルスに似た新型コロナウイルスの感染者が新たに17人報告された。うち3人は深刻な状態にあるという。数億人もの人が国内各地を移動する春節旧正月Lunar New Year)を控え、懸念が高まっている。

 武漢市当局によると、市内での新型コロナウイルス感染者はこれで62人になった。うち19人が回復して退院した一方、8人が重症、残りの患者は隔離病棟で治療を受けている。また新型コロナウイルスにより、これまでに2人が死亡している。

 武漢市の保健委員会は、これまでにヒトからヒトへの感染は確認されていないが、その可能性を「排除できない」と指摘していた。

 中国本土はまだ何の旅行制限も課していないが、香港当局は、本土からの旅行者に厳格な体温測定を実施するなど、検疫強化に乗り出している。

 中国国外でもタイで2人、日本で1人の感染者が報告されており、タイはバンコクチェンマイChiang Mai)、プーケットPhuket)の空港に到着した乗客の検査を既に実施。ビーチリゾートのクラビ(Krabi)でもまもなく同様の措置を実施するという。(c)AFP