マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【世界の(古)森】富士フイルム、米ゼロックス買収失敗で“報じられない甚大な損失”

 

 1月10日に纏められたニュース記事です。

 

富士フイルムの米ゼロックス買収劇での

失敗損失だそうです。

 

多分、今は富士山(2月23日)の勢力が、

なんか政治使命で進んでいる予感です。

100年振りの登山鉄道とか色々やっています。

 

私の生誕日の8月11日は、山の日に乗っ取られたので、

私は実害分の賠償金を満額確保できれば問題は無い。

 

 

私は未来形なので、過去はどうでもいい。

私は過去は引きずらないし、蒸し返さない人間だが、

私にリアルタイムで実害を与えてくるので、

だから私の過去が亡びるだけですね。

 

馬鹿だから学習が出来ないのだと思います。

 

人間、誰でも成果がなければやらないけどもね。

とてもおかしい国です。

 

 

 

 

 

2020.01.10
企業・業界
富士フイルム、米ゼロックス買収失敗で“報じられない甚大な損失”
文=編集部
【この記事のキーワード】富士フイルム, 古森重隆, ゼロックス

 

富士フイルム、米ゼロックスの買収断念(写真:つのだよしお/アフロ)

 富士フイルムホールディングス(HD)の米事務機器大手ゼロックス買収は失敗に終わった。米ゼロックスとの合弁会社富士ゼロックスの米ゼロックスの持ち分の25%の株式を23億ドル(約2500億円)で買い取り、富士ゼロックス富士フイルムHDの100%子会社となった。57年間に及ぶ合弁事業は解消。市場が成熟しているとはいえ、事務機部門は富士フイルムHDの営業利益の4割を稼ぐドル箱だ。

 古森重隆会長兼CEOは19年11月5日の記者会見で、「合弁会社では経営の自由度やスピードに問題があった。合弁解消で販売地域の拡大や新しいサービスが可能になる」と強調したが、M&A(合併・買収)の失敗は大きな痛手だ。

 富士ゼロックスは日本と海外企業の協業の成功例とされてきた。販売地域は富士ゼロックスが日本を含むアジア太平洋、米ゼロックスが欧米と、はっきり分けてきた。18年の複合機世界シェアは両社合計で16%と世界4強の一角を占める。

ゼロックスと販売提携を解消
 富士フイルムは米ゼロックスとの販売提携契約を21年3月末で解消。今後は自社ブランドを立ち上げ、米ゼロックスが販売を担当してきた欧米にも自社ブランドで参入する。富士フイルムと米ゼロックスは完全にライバル関係となる。子会社の富士ゼロックスが1月5日、21年3月末以降は契約を更新しないと米ゼロックスに伝えた。

 富士ゼロックスは21年4月に富士フイルムビジネスイノベーションに社名を変更する。米ゼロックス向けのOEM(相手先ブランドによる生産)は当面、続けるとしているが、米ゼロックスがどう出るかは流動的だ。

 富士フイルムHDは18年1月、米ゼロックスの買収を発表。一体運営による収益向上を狙った。だが、「物言う株主」として知られるカール・アイカーン氏らが猛反対。アイカーン氏が推薦する経営陣を受け入れた米ゼロックスは契約を破棄した。富士フイルムHDは損害賠償を求める訴訟を起こし、買収交渉は2年近く膠着状態が続いた。

 富士フイルムHDが75%の株を持つ富士ゼロックスを使って、米ゼロックスを「現金支出ゼロ」で買収しようとしたことに、アイカーン氏らがかみついたのだ。古森氏が買収発表の記者会見で「ゼロ円買収」を前面に打ち出したのが、そもそもの戦略ミスだった。「買収するなら身銭を切れ」というわけだ。この主張が説得力を持った。

“失われた2年”の間に事務機を取り巻く市場環境が急激に悪化。中国や欧州で景気が減速した。富士フイルムHDは米ゼロックスの買収を断念し、富士ゼロックスを完全子会社にすることで事態の収拾をはかった。米ゼロックスは合弁解消を発表した翌日の19年11月6日、米IT機器大手ヒューレッド・パッカード(HP)に買収を提案した。富士ゼロックス株の売却で得た資金を充てる。買収額は3兆円規模。アイカーン氏もこの買収の後押しをしている。だが、HPの取締役会は「評価が低すぎる」として買収案を拒否。米ゼロックス敵対的買収を目指している。小が大を飲み込むM&Aだ。

 

 

 米ゼロックスとHPをめぐる動きは日本企業にも影響が及ぶ。キヤノンはHPにレーザープリンター部品をOEM供給している。キヤノンの18年12月期のHP向け売上高は5374億円。売上全体の14%を占める。キヤノンゼロックス・HP連合との関係がどうなるのか、市場は注目している。米ゼロックスがHPと連合を組むようになれば、キヤノンなどから製品供給を受ける可能性が出てくる。

 証券アナリスト富士フイルムHDの合弁解消に冷ややかだ。

事務機器は唯一景気のいい売り先が米国。その米国市場がなくなる。それどころか、完全に米ゼロックスとライバル関係になる。富士フイルムHDは化粧品に参入したが、やはり化粧品はブランドにならないとダメで、ドラッグストアでの安売りしかない。医療機器も内視鏡などに参入したが、オリンパスキヤノンのような光学系メーカーではないから無理がある」

 富士フイルムHDは「持ち分法利益(富士ゼロックス分)が増え、純利益が年間200億円増える」「ゼロックスのブランドは使えなくなるが、毎年100億円強のブランド使用料がなくなる」(助野健児社長)としている。事務機器の世界シェアはゼロックスが16%だが、内訳は富士ゼロックスが9%、米ゼロックスが7%と推計されている。単純計算すれば7%分がなくなる。それだけでなく米ゼロックスブランドで売れていた部分が剥落する。

 経営トップが主導した大型買収交渉で失敗した場合、責任を取るのが普通だ。キリンHDとサントリーHDの世紀の合併交渉が破談になった時、キリンHDの旗振り役だった加藤壹康社長(当時)が引責辞任した。古森氏の辞書に「経営責任」の4文字は見当たらないようだ。

古森氏のもうひとつの顔
NHKの人事を陰で仕切っているのは古森さん」(永田町筋)との声が聞こえてくる。古森氏は長崎県の出身。今回、NHK会長に決まった前田晃伸みずほフィナンシャルグループ元会長は大分県の出身。NHK経営委員長を19年12月10日付で退任した石原進・JR九州相談役、上田良一会長の前任だった籾井勝人氏も九州人脈。富士フイルムHDのドンという領域を、すでに突き抜けているのかもしれない。19年12月30日の首相動静によると、安倍晋三首相は神奈川県茅ケ崎市のゴルフ場「スリーハンドレッドクラブ」で古森氏など経済人とゴルフをした。

(文=編集部)

 

 

富士フイルム、米ゼロックス買収失敗で“報じられない甚大な損失”
https://biz-journal.jp/2020/01/post_136519.html