20年東京オリンピック(五輪)で金メダルを期待されるバドミントン男子シングルスの桃田賢斗(25=NTT東日本)が13日、遠征先のクアラルンプールで交通事故に巻き込まれた。

宿泊先のホテルから空港に向かうため乗車していた送迎のワゴン車が、高速道路で前方の大型トラックに衝突。運転手は死亡した。2列目に座っていた桃田は命に別状はないものの、顔などにけがをした。日本協会は全身打撲と発表した。また、同乗していた平山優コーチ、森本哲史コーチも負傷した。

   ◇   ◇   ◇

現地の消防当局などによると、事故は現地時間の13日午前5時ころに起こった。桃田、平山コーチ、森本トレーナーら5人が乗車するワゴン車は、ゆっくり走っていた大型トラックに追突した。その衝撃でワゴン車の前方部はつぶれた。生存が確認された人から救急搬送された。運転手は死亡した。

ワゴン車の2列目に座っていた桃田は顔面から流血した。日本協会の発表によると顎、眉間、唇の裂傷、全身打撲。命に別条はなく、自力での歩行も可能で、意識ははっきりしており、日本協会のスタッフとも、ラインなどで連絡もできているという。マレーシアの警察当局などによると鼻骨骨折とされるが、日本協会が現地のコーチを通じて連絡したところ、確認されていない。現在は病院で治療を受けている。経過観察が必要で、今後の帰国の日程は未定。

世界ランキング1位の桃田は前日12日にマレーシア・マスターズで優勝。下肢の炎症のため、インドネシアへ向かう日本選手団から離れ、13日午後に羽田空港に到着する予定だった。本隊より約30分早く宿泊先を出発し、マレーシア協会が手配したワゴン車でクアラルンプール空港に向かうため、高速道路を移動中に事故に遭った。

2列目に乗車していた平山コーチ、右すね裂傷、歯の損傷、全身打撲、3列目にいた森本トレーナーは右腕骨折、脳振とう、全身打撲で、別室で治療を受けているという。いずれも命に別条はなく、意識もはっきりしている。3列目の同乗していた世界バドミントン連盟の技術スタッフもけがをした。

桃田は16年リオデジャネイロ五輪もメダルを期待されていたが、同年4月に違法賭博問題が発覚。1年強の出場停止期間を経て競技に戻り、昨年は世界選手権、ツアーファイナルなど国際大会で11勝。昨年12月に東京五輪代表も確実にし、金メダル最有力候補だったが、思わぬ不運に出くわした。

桃田賢斗(ももた・けんと)1994年(平6)9月1日、香川県三豊市生まれ。吉津小2年でバドミントンを始める。福島・富岡高3年の世界ジュニア選手権で日本人初優勝。18年8月に世界選手権で日本男子初の金メダル。昨年は世界選手権、ツアーファイナルなどを制し、史上初の国際大会年間11勝。家族は両親と姉。175センチ、68キロ。左利き。血液型A。