マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【自然崇拝・森羅万象・八百万の神】12月13日 石川県能登半島の「気多(けた)大社」で、12月8日から6日間(8時間×6日=48時間・出雲大社48m)かけて神事用の「鵜様」の捕獲に失敗する。12月16日・戦艦大和の日の国重要無形文化財「鵜祭」は中止となり、「奉告祭」で失敗報告を神に執り行う。【自然が相手なので仕方がない】

 4794回目の記事です。

 

12月13日のニュースです。

 

石川県の気多大社と言うそうです。

 

ここの祭神は、出雲大社のコピーの祭神です。

大国主命の別名である

大己貴命(おおなむちのみこと)」です。

 

神田明神も、鷲宮神社も、今宮神社も、

大杉神社も、みんな同じ祭神が居りますね。

 

大杉神社は、杉の神様+天狗ですが、

それと一緒に大己貴命が祀られています。

大杉神社では脇役です。

 

最近は、色々と鵜様もそっぽ向いているようで、

 

スペインの太陽で歪んだ出雲大社系宗教の陥落が、

色々と自然領域で現れていると感じられます。

 

神田明神鷲宮神社らが、

アニメコスプレを取り入れて、

俗世として染まり神域が消えたので、

同等の祭神にみんな伝染したのでしょう。

 

恥の概念が無い人らは無視が一番ですね。

 

 

 

 

 

氣多大社
Keta-taisha keidai.JPG
拝殿(手前)と本殿(奥)
(ともに国の重要文化財
所在地 石川県羽咋市寺家町ク1
位置 北緯36度55分33.63秒
東経136度46分2.79秒
 
主祭神 大己貴命
社格 式内社名神大
能登国一宮
国幣大社
創建 (伝)第8代孝元天皇または第10代崇神天皇年間
本殿の様式 三間社両流造檜皮葺
別名 気多大神宮
例祭 4月3日
地図

ja.wikipedia.org

 

  

 

 

「鵜様」を供えずに営まれた新嘗祭=13日午前11時、七尾市能登生國玉比古神社

「鵜様」捕まらず 気多大社2年ぶり神事中止

2019/12/13 15:21

 16日未明に羽咋市気多大社で予定する国重要無形民俗文化財「鵜祭(うまつり)」で、主役となるウミウ「鵜様(うさま)」が期限となる13日午前までに捕獲できなかった。鵜様を捕獲地の七尾から気多大社まで運ぶ「鵜様道中」を含め、神事は2年ぶりに中止となり、令和最初の鵜祭は来年以降に持ち越される見通しとなった。気多大社では13日午後に、捕獲できなかったことを神前に伝える「奉告祭」が執り行われる。

 

 七尾市所口町の能登生(のといく)國(くに)玉比古(たまひこ)神社(気多本宮)では13日、鵜祭り前の恒例神事となっている新嘗祭(にいなめさい)が営まれ、氏子ら約20人が五穀豊穣の恵みに感謝した。本来は本殿に鵜様が供えられるが、捕獲が間に合わなかったため、代わりに「形(かた)代(しろ)」がささげられた。

 

 櫻井定宗宮司は鵜様不在で営まれたことに「自然が相手なので仕方がない」と話した。

 

 鵜祭りは16日未明、神前に放った鵜様の動きで新年の吉凶を占う。例年、七尾市鵜浦の崖で鵜捕(うとり)主任が一子相伝の技で捕獲する。今年は8日から捕獲作業を続けていた。近年では2012、14、17年にも捕まえることができなかった。

 

 

「鵜様」捕まらず 気多大社2年ぶり神事中止 - 石川県のニュース | 北國新聞社
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/E20191213001.htm

 

 

 

 

 

神様に見立てた鵜を放ち吉凶占う…伝統神事『鵜祭』 主役の“鵜”捕獲できず 環境変化が原因か

12/13(金) 19:13配信

 
この記事を
 
 

 

 石川県羽咋市気多大社で毎年12月に行われる神事「鵜祭」。神様に見立てた鵜を拝殿に放ち、来年の吉凶を占うものです。この伝統神事に、異変が起きています。

気多大社 三井孝秀宮司
「鵜が捕獲できなかったということでその報告をしたいと思います」

 神事の主役となる「鵜」は、毎年、石川県七尾市鵜浦町で捕獲。鵜捕部(うとりべ)と呼ばれる地元の住民ががけ地の森に入り、一子相伝の技で鵜を生け捕りにしています。しかし…。

鵜捕部主任 小西さん:
「周りにはいますが、捕り場には来てくれないんです」

 8日から始めてきょうで6日目。1羽も来ないのは初めて。

 関係者によりますと、かつては薄暗かったがけ地の森が環境の変化で明るくなり、鵜がほとんど訪れなくなったということです。

気多大社 三井宮司
「環境が変わっていることを痛切に感じました。日本全体の森を守るという気持ちになって頂ければ…」

 気多大社では来年以降、鵜をどのように捕獲するか、鵜捕部と相談しながら決めたいとしています。

 

 

神様に見立てた鵜を放ち吉凶占う…伝統神事『鵜祭』 主役の“鵜”捕獲できず 環境変化が原因か|県内NEWS PICKUP|石川テレビ
https://www.ishikawa-tv.com/news/itc/00226103