マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【ユネスコ・なまはげ】男女共同参画「小野小町」の秋田県と言えば、三大地鶏の「比内地鶏」の産地偽装で有名です【酒・女風呂】

 

 2007年のニュースです。

 

元々、私は秋田県には何も無いと思っているのですが、

過去に全国の花火師の大会が

なぜか秋田県で開催しているので、

花火だけを観に行ったことはあります。

 

この花火大会は、現地にお昼頃には到着しなければ

駐車場が確保できないので、

その後は花火まで半日観る物がゼロの町で

苦痛に耐えながら待ちます(笑)

 

居る必要性がないです。何も無いです(笑)

 

暇すぎて、みんな道路をひたすら歩いているので、

一度すれ違った人と、再度すれ違ったりします。

ヤバイです(笑)(笑)

 

ぐるぐるちっぽけな田舎町を回遊している感じです(笑)

 

 

しかも花火までの待ち時間は、

かなりの割合で軽い雨が降ります。

色々と呪われている感じですね。

 

ここって、晴れないんですよ。

 

  

 

秋葉原は、佐竹秋葉神社の名である

神田明神の108管轄の外神田です。

 

 

秋田は、市外局番018(令和)と称し、

自分達は男女共同参画の先進地として、

テレビと20年間結託しながら、

秋葉原は結局はコスプレ風俗の街に成り下がりました。

 

老舗家電店舗が瞬く間に閉鎖に追い込まれた、

神社と芸能界のアニメを盗んだ犯罪には

驚きを感じるばかりです。

 

これは、全て秋田県武家であった

「佐竹氏」がやらかした歴史犯罪なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

産経新聞


秋田県大館市の食肉加工製造会社「比内鶏(ひないどり)」(藤原誠一社長)による比内地鶏の偽装問題で、同社は22日、偽装していた商品はおでんやつみれなど12種類に及ぶことを明らかにした。卵を産みにくくなった「廃鶏」と呼ばれる雌の鶏を使用し、このうち薫製は賞味期限を1週間程度改竄(かいざん)していたことも判明した。

 偽装発覚後、初めて記者会見した同社幹部は「社長は(偽装を)把握していたはず」とした上で、「もうけよう、売り上げを伸ばそうという安易な気持ちがあった。迷惑をかけて申し訳ない」と陳謝した。


 同社は秋田県が20日に実施した聞き取り調査では、鶏肉や卵の薫製しか偽装を認めていなかった。事態を重視した県は22日、対策本部を設置。今後約1カ月かけて偽装の実態を調査する。


 同社は昭和60年の設立時から偽装を開始。当初は「比内鶏」と称していたが、天然記念物の比内鶏を商品名に使うのは問題があることから、数年前に「比内地鶏」に変更した。売り上げ減少に伴い、偽装した新商品を次々と販売するようになり、平成18年度は売上高の約25%が偽装商品だった。


 比内地鶏は通常、1羽2000円程度で取引されているが、偽装に使用した廃鶏は親会社の鶏肉卸会社が1羽20~30円で購入していた。廃鶏は肉質が硬く、味は劣るという。

blog.goo.ne.jp

 

 

比内鶏

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 
 
ナビゲーションに移動検索に移動

比内鶏(ひないどり)は、主に秋田県北部・米代川流域(比内地方)にて古くから飼育されている家禽天然記念物に指定されている。また食用として一般に流通している品種を比内地鶏と呼ぶ。

概要[編集]

東南アジア中国など近隣諸国から渡日して行ったが自然交配して形成して行ったのが日本各地の地鶏」と考えられているが、1951年昭和26年)に出版された書籍は「江戸時代秋田県北部の地鶏に軍鶏を交配した鶏種が比内鶏」としている[1]。岡田(1984)など[2]遺伝子解析して「比内鶏は軍鶏に近い種」と結論付けている。

原種比内鶏の体の特徴は、首が長く鶏冠は小さい。明治以降、外国産鶏種が輸入されたことで飼育数は激減し昭和初期には絶滅寸前の状態にまでなった。野鶏に近く、品種改良もされていない貴重な存在であるため、1942年昭和17年7月21日には、国の天然記念物に指定された。比内鶏は肉質がヤマドリに似て、風味がよいが、ほかのと比べると成長が遅いわりに繁殖率が悪く、病気にもかかりやすく、周囲の音など環境にも敏感なこと[3]から、商品として販売するには難しかった。、1972年(昭和47年)からは、「秋田県声良鶏・比内鶏金八鶏保存会」が中心となり比内鶏の維持・保存を行っているが、生育数の減少から原種比内鶏集団の遺伝的多様性は減少している[4]。また、遺伝子解析の結果は日本国内の他の鶏種(声鶏、蜀鶏薩摩鶏矮鶏)とは品種改良による系統差より小さく、日本鶏では有意な品種内分化はまだ生じていないとする研究がある[5]

比内地鶏[編集]

薩摩地鶏」「名古屋コーチン」「比内地鶏」は日本三大地鶏と考えられている。

原種比内鶏は「成長が遅い」「体が小さい」「耐病性に劣る」などの理由で生産性が低く生産者に敬遠されていた。そこで秋田県畜産試験場1973年(昭和48年)から比内鶏を県の特産物とするため品種改良を行い、比内鶏の特長を引き継ぎながら食味を維持しつつ生産性を向上させるために、比内鶏の選抜優良種「秋田比内鶏」のオスと、ロードアイランドレッド種のメスを選抜し諸問題を解消した比内地鶏を作出した。比内地鶏は雄の比内鶏と雌のロードアイランドレッドを掛け合わせた一代雑種(F1)を品種として固定した品種である。

優良な肉質を維持するためには、種だけで無く飼育方法[6]、飼料管理[7][8]も重要である。

作出から10数年経過した現在も飼育特性向上の為の研究が行われている[9][10][11]

比内地鶏ブランド[編集]

全国の比内地鶏を販売している飲食店で「比内鶏」と表示した看板を掲げているのが見られるが、実際は天然記念物の比内鶏(原種)は市場に出回っておらず、品種改良で生み出された一代雑種「比内地鶏」のことを指している[12][13]

2007年平成19年)、秋田県大館市比内地鶏販売業者が、グループ企業の廃鶏処理業社より普通卵の廃鶏仕入れ、比内地鶏加工品として販売する偽装行為を長年行っていたことが発覚し[14][15]、より厳格な比内地鶏ブランド認証制度になった[12]

  • 秋田県の認証する比内地鶏規定要旨。(平成20年度から適用)
    • 雄の比内鶏と雌のロード種の交配で作出された一代交雑種
    • 28日齢以降で平飼いか放し飼いで飼育
    • 28日齢以降で1平方メートル5羽以下で飼育
    • 雌はふ化日から150日間以上、雄は100日間以上飼育

肉質[編集]

「歯ごたえはあるが加熱しても固くなり過ぎず、肉の味が濃い」、「濃厚な脂の旨み」など、比内鶏の特長を色濃く受け継いでいる。

とくに、同じく秋田県北部が発祥のきりたんぽ鍋との組み合わせは相性がよく、きりたんぽ鍋セットを販売する業者のほとんどは比内地鶏の肉と比内地鶏のがらスープを同梱している。

備考[編集]

比内地方の黒土を主とした土壌は、その性質から鶏を美味に育てるのに非常に適しており、同じ種の鶏でも比内地方で育てると美味になるという。

かつては比内地鶏のことを食用であるにも関わらず『比内鶏』とマスメディアで表記されたことがあったが、フジテレビ系列の番組『トリビアの泉』の2003年(平成15年)12月10日放送分において、『比内鶏を食べると逮捕される』というトリビアが放送され、その影響で『比内鶏』と表記されていたものは全て『比内地鶏』と表記されるようになった。

一般に天然記念物は食用禁止と流布され誤解されがちであるが、実際には禁止されていない。文化財保護法で禁止されているのは「現状を変更」することである。野生動物は、捕獲したり殺したりすれば「現状の変更」となるが、家畜の場合は、人間に飼育され、売買され、使役(食用含む)されるのが「現状」である。事実、日本各地で飼育され食肉として利用されている鶏である軍鶏は天然記念物である。

或いは見島牛も天然記念物であるが、食肉として飼育されている。

比内鶏が交配種の比内地鶏として流通しているのはあくまでも生産性を重視してのことで、比内鶏を食べることが禁止されているからではない。勿論比内鶏を食べても逮捕されるわけではない。

比内とりの市[編集]

1985年(昭和60年)から、毎年1月最終土曜日曜日に、比内鶏にこだわった祭り比内とりの市道の駅ひない[16]近郊にある大館市比内町大館市立比内グラウンドで行われる[17]

食用の鳥の霊への感謝を込めた感謝祭、神楽などのほか、長さ15メートルの鉄の棒に比内地鶏を串刺しにして丸焼きにする千羽焼き、比内地鶏を使ったきりたんぽ鍋など比内地鶏を使用した料理などが振る舞われる。

秋田三鶏[編集]

秋田県北部に生息する声良鶏比内鶏金八鶏(きんぱどり)を特に秋田三鶏(あきたさんけい)とよび[18]、声良鶏と比内鶏は国の天然記念物に、金八鶏秋田県の天然記念物に指定される。

また、秋田県大館市には大館郷土博物館に隣接して秋田三鶏記念館がある[19]

 

ja.wikipedia.org