マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

2016年5月5日 「東京諏訪五輪」の、「諏訪大社」の神事である「御柱祭」で、祭りの最中に氏子の男性(41)が15mの柱の上から転落死、一時は告発された話

 

 この諏訪大社諏訪神社は、

自民党の思想なので、

著しい問題があると考えていますね。

 

いずれ、1996年8月11日に、鬼首で地震があった件。

現役時代で1年間観たのは、

「諏訪部」と言う女性であったし、

私が官製美人局で退職後に、田名部奈緒子が出産して

最初に行ったのが仙台市青葉区諏訪神社らしいです。

愛子駅ですね。

 

トヨタの聖光寺も、この諏訪の国ですし、

私は大概にしろとは思っていますね。

 

私は大河原の3年目であった2000年度には、

白石市の越河に現場監督として行かされましたし、

 ここが小さな御柱祭りをしていますね。

 

この30年間の一味は、私には既に触れちゃいけない。

松陵の佐竹から触れちゃいけない。

 

この10年間、仙台がやったのは単なる犯罪の上塗りだ。

 

 

 

 

 

 

 

諏訪大社御柱祭」で転落死は「宮司の犯罪」? 弁護士「告発」に賛否

 
印刷
 人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   長野県・諏訪大社の6年(数えで7年)に1度の行われる奇祭「御柱(おんばしら)祭」で、氏子の男性(41)が高さ約15メートルの大木の最上部から転落死した。この祭りは毎回のように死者が出ているとして、弁護士2人 が北島和孝宮司に対する業務上過失致死容疑での告発状を長野県警諏訪署に2016年5月13日付けで提出したことがわかった。

   「生命を軽視し犠牲にするのは許されない」という理由だが、遊園地や民間企業が行うイベントとは異なる神事であり、部外者が告発するのではなく参加した当事者に任せるべきではないか、などといった意見も出て、論議になっている。

  • 諏訪大社の御柱
諏訪大社御柱

諏訪大社「告発状に関する何の通知も来ていない」

   死亡事故が起きたのは16年5月5日の大木を垂直に立てる「建て御柱」でのこと。報道によれば諏訪大社上社の本宮の境内に建てられた高さ17メートルほどの御柱に登っていた氏子の男性の命綱が外れ、高さ15メートルの木の上部から転落。下に置いてあった重機に激突した。命綱は付けていたものの、本来はありえない不安定な部分に掛けられていたため、途中で外れてしまい転落したのだという。

   祭りの死亡事故は1968年以降、74年、86年、92年、2010年と祭の度に起きている。10年は5月8日の「建て御柱」の最中に氏子3人が柱から落下して2人が死亡した。柱を支えるワイヤが切れ乗っていた氏子がバランスを崩したためだが、なぜかこの3人は命綱を付けていなかったという。

   16年5月5日に起きた死亡事故に対し、茨城県と東京都の2人の弁護士は、神社側が適切な安全措置をしていなかったからだ、などとして長野県警諏訪署に北島和孝宮司に対する業務上過失致死容疑の告発状を16年5月13日付けで提出した。「生命を軽視し犠牲にすることが許されるものではない」などという理由からだ。

   J-CASTニュースは16年5月27日、諏訪大社にこの告発をどう思うかを問い合わせたところ、

「こちらには告発状に関する何の通知も来ていないため、内容が分からず何も答えられない状況です」

と語った。

 

諏訪大社御柱祭」で転落死は「宮司の犯罪」? 弁護士「告発」に賛否 : J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2016/05/27268059.html?p=all