マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

農林水産省の伊東良孝副大臣が公共工事受注会社から選挙中に260万円寄付を受ける

 

 11月27日のニュースです。

 

2002年6月の官製美人局の中で、

当時の堤通雨宮町での、

農業農村整備部の次長は伊東です。

 

もう農林水産省縦割りの官は切ったからね。

微塵にも関係は無いですね。

 

このフランスのルーブル美術館開館の8月10日には、

昨年に群馬県で防災ヘリが落ちましたね。

 

もうこの政治は終わりですな。

私の太陽下にはないしね。

 

誰も相手にしていないですよ。

 

フランスのルーブル美術館は、3DSでありましたね。

もう私の方面ではないので、全くね。

 

宮城は醜い土地です。

  

寄付額は260万円ですね。

フナブ・クーの13×2です。

神武天皇即位記念2600周年です。

 

完全に相手にしていませんね。

 


8月10日(はちがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から222日目(閏年では223日目)にあたり、年末まであと143日ある。

 

610年 - ムハンマドの前に大天使ジブリールが現れ、最初の神からの啓示を与える(伝承による日付)。

1675年 - イギリス、ロンドンでグリニッジ天文台が着工される。

1793年 - フランス、パリでルーヴル美術館が開館。

1901年(明治34年) - 青森県東方沖を震源とするM 7.4の地震で18人が死亡した。前日にもM 7.2の地震があった。

1941年(昭和16年) - 長野県諏訪市が市制を施行。

1947年(昭和22年) - 静岡県伊東市が市制を施行。


道の日(日本の旗 日本)
1920年8月10日に日本初の道路整備計画が実施されたことに由来。1986年に建設省(現国土交通省)が制定。

8月10日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/8%E6%9C%8810%E6%97%A5

 

 

 

 

 

 

伊東副大臣代表の自民支部 公共工事受注会社から選挙中に寄付

農林水産省伊東良孝副大臣が代表を務める自民党支部が、おととしの衆議院選挙の期間中に、国の公共工事を受注していた地元の建設会社から合わせて260万円の寄付を受けていたことが分かりました。公職選挙法は国の工事などを請け負う業者が国政選挙に関して寄付することを禁じていて、伊東副大臣の事務所は「返金するかどうか検討している」としています。

政治資金収支報告書によりますと、伊東副大臣が代表を務める「自民党北海道第七選挙区支部」は、おととし10月の衆議院選挙の期間中、地元の建設会社6社から合わせて260万円の寄付を受けていたほか、9月28日の衆議院の解散後から公示日までの間にも建設会社など9社から合わせて192万円の寄付を受けています。

公職選挙法は国の公共事業を請け負う業者が国政選挙に関して寄付することを禁じていますが、NHKが取材を進めたところ、この15社はいずれも当時、北海道開発局が発注する区画整理工事や国道の災害復旧工事など国の公共事業を請け負っていました。

NHKの取材に対し伊東副大臣の事務所は「いずれの寄付も政党支部の活動に対するご支援と受け止めています。ご指摘の会社が国の公共工事を受注していることについては全く知りませんでした」としたうえで、「返金するかどうか検討している」としています。

選挙期間中の寄付 返金相次ぐ

国会議員が代表の政党支部をめぐっては、おととしの衆議院選挙の期間中に国と契約を結んでいる企業から寄付を受けていたと報じられ、返金するケースが相次いでいます。

高市総務大臣が代表の自民党支部は、警察庁などと取り引きのあった奈良市の会社から30万円の寄付を受けていたと報じられ、ことし9月、返金したことを明らかにしました。

この際、高市大臣は「献金を受けた時点でその企業が国と契約していることは知らず、弁護士に確認したところ公職選挙法への抵触は全くないという回答だった」としたうえで、「選挙制度などを所管する大臣として疑義を持たれるのは不本意なので、道義的な関係から全額を返金した」と説明しました。

また、いずれも自民党小林茂樹衆議院議員奥野信亮衆議院議員が代表の2つの政党支部も、奈良市の同じ会社からそれぞれ100万円と50万円の寄付を受けたと報じられ、いずれの支部も「公職選挙法には抵触しない」という認識を示したうえで「道義的な観点から全額を返還する」と述べました。

このほか法務省宮崎政久政務官と國場幸之助衆議院議員が代表の自民党支部も、防衛省の工事を受注していた那覇市の建設会社からそれぞれ20万円と30万円の寄付を受けていたことがわかり、2人の事務所はいずれも「国から工事を受注していることは報道が出るまで知らなかった。全額を返金した」としています。

専門家「政治家も企業も法律の理解を」

政治資金の問題に詳しい日本大学の岩井奉信教授は「何をもって『選挙に関連する寄付』とするかについては解釈にあいまいな点もあるが、政党支部とその代表の政治家は表裏一体であり、選挙期間中に国の事業を受注している業者が政党支部に寄付することは公職選挙法に抵触する疑いがあり、返金すべきだ。過去にも同じような問題を指摘されて政治家が寄付を返金するケースも散見され、政治家も寄付する側の企業も法律をきちんと理解して対応する必要がある」と指摘しています。

 

伊東副大臣代表の自民支部 公共工事受注会社から選挙中に寄付 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191127/k10012193341000.html