マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

ノストラダムスの予言の「アンゴルモアの大王」の「アンゴルモア」とは、「フランスの地名」のことです。頭のおかしい「東北大学」が勝手に日本に輸入したみたいです。このような症例を統合失調症に於ける「関係妄想」と言います

 

 

 そもそも、テレビを観るのは知恵遅れです。

 

ノストラダムスの予言を知っている方の81%程度は、

アンゴルモアが何かも分からない。

 

そして人類滅亡と言う言葉だけに踊らされる。

馬鹿には良くある混乱ですね。

  

頭がおかしい土地は稀にあるので、

そこの部落は無視すべきです。

 

大方沖縄みたいな土地ですと、

非常に小さな島国であり、

近代的な文化がないですから、

 

テレビを観てセックスだけが楽しみです。

 

沖縄県出生率は全国ダントツであり、

沖縄県人=性欲女でしょう。

 

nanpablog.web.fc2.com

 

 

ですので、AKB48の娯楽が消えれば、

全国もSEXします。

 

亡国に進める馬鹿アイドルは

消滅してください。

国のためになりません。

 

www.youtube.com

 

テレビのブス観ていても、

仕方がないよね。

 

目の前にいつも居ないじゃん(笑)

チョーウケルwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

当然角田市も何も無いですし、

何も無い土地にJAXAH2Aロケット

模型があるだけであり、

周りには何も無いです。

 

周りに高層マンションがあるわけがない。

部落なんですから。

 

部落の地ビールが、

1999年の角田ドイツ地ビールであり、

下記で2000年からやっていますね。

 

人類滅亡ドイツビールなので、

早く東北農政局はそうなって頂きたいです。

 

 

 


4月23日(しがつにじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から113日目(閏年では114日目)にあたり、年末まではあと252日ある。誕生花はハナミズキ、ボタン。

 

1869年(明治2年3月12日) - 明治天皇が歴代天皇で初めて伊勢神宮に参拝。

1941年 - 第二次世界大戦: ドイツ国防軍アテネ侵攻に伴い、ギリシャ政府と国王ゲオルギオス2世が亡命。

1949年 - GHQが日本円とアメリカドルとの交換レートを1ドル=360円に決定。

1993年 - 今上天皇が歴代天皇で初めて沖縄を訪問。

2007年 - 航空自衛隊の練習機T-3がこの日をもって全機退役。

  


地ビールの日(日本の旗 日本)
日本地ビール協会を中心とする「地ビールの日選考委員会」が1999年に制定し、2000年から実施。1516年のこの日、バイエルン公ヴィルヘルム4世が「ビール純粋令」を発布したことにちなむ[1]。ドイツではこの日が「ビールの日」になっている。


シジミの日(日本の旗 日本)
日本シジミ研究所が2007年に制定。「し(4)じみ(23)」の語呂合わせ。


4月23日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/4%E6%9C%8823%E6%97%A5

 

 

仙南クラフトビールは、蔵王山の雪解け水を仕込み水として使用し、原材料にはドイツ産や
 イギリス産の麦芽と、チェコ産・ドイツ産のホップ、ドイツ産・イギリス産の酵母を使用して、
 本場ドイツの伝統的な製法で醸造しています。当初醸造技術は、新潟県エチゴビールの指導を
 受けていました。ここの1回の仕込み量は、2,000L(リットル)です。
 仙南クラフトビールの特長のひとつに、地元 角田産の古代米(黒米)を使用したエールタイプの
 「古代米エール」があります。

   
ピルスナー

ヴァイツェン

   
スタウト

古代米エール

 
 ピルスナー、 古代米エール、 ヴァイツェン


 仙南シンケンファクトリーでは、仙南クラフトビールの他にも「蔵王山麓ビール」[醸造中止]という銘柄でも
 販売していました。


 仙南クラフトビールの歩みは、1997年7月に仙南農産加工農業協同組合連合会によって醸造を開始。
 1998年に「みやぎ仙南農業協同組合」と合併。理由は分かりませんが、ビール醸造は一旦中止となりました。
 その後、2000年に「(株)加工連」として独立し、2002年3月よりビール醸造を再開したようです。

 

beer-cruise.net

 

 

 

 仙台文学館(せんだいぶんがくかん)は、宮城県仙台市青葉区北根にある仙台市立の文学館社会教育施設台原森林公園の西側に隣接し、同園の出入口の1つにもなっている。

 

 

概要[編集]

德陽シティ銀行研修所跡地に1999年平成11年)3月に開館した。8年間在任した初代館長の井上ひさしを初め、仙台市宮城県にゆかりのある近代文学に関する資料の収集・展示を行っている。また、文学作品のの公演を主催する場合もある。2009年(平成21年)までは当館が主催する文学賞晩翠賞」も授与してきた。

  

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

 

詩篇第10巻72[編集]

L'an mil neuf cens nonante neuf sept mois
Du ciel viendra un grand Roi deffraieur
Resusciter le grand Roi d'Angolmois.
Avant apres Mars regner par bon heur.
1999年、7か月、
空から恐怖の大王が来るだろう、
アンゴルモワの大王を蘇らせ、
マルスの前後に首尾よく支配するために。

この詩が20世紀以降に大きな話題となったことはよく知られている。キーワードとなる「恐怖の大王」と「アンゴルモワの大王」については各記事に委ねるとして、ここでは原文の読み方について説明をしておく。

まず「1999年7か月」であるが、1999年7月と読まれることがしばしばある。そういう読み方も可能であるが、その場合、当時はユリウス暦の時代であったために現在のグレゴリオ暦に換算する必要があると指摘されている。ゆえに1999年7月の範囲は、グレゴリオ暦では1999年7月14日頃から1か月のこととなる。8月11日にはヨーロッパの一部などでは皆既日食が見られたため、そのことと結びつける論者もいる[83]

次に「恐怖の大王」であるが、「支払い役の大王」と読むべきだとする指摘もある[84]。これは、上に引用したように1568年版の原文で "un grand Roi deffraieur" と書かれているためである(通常「恐怖の大王」と訳される原文は、"un grand Roi d'effrayeur" となっている)。

上の1568年版の原文はリヨン市立図書館の蔵書に基づくものだが、他方で同じ1568年版でも1940年にミュンヘンで刊行された影印本では "d'effraieur" となっており、ロンドンウェルカム図書館の蔵書では "d'effrayeur" となっている。このような違いは、1568年版を刊行した業者ブノワ・リゴーが、1568年以後も「1568年」の表記を残したままで微調整した版を何度も出したためと推測されている[85]

これにより、どちらが本来の表記であるかについて、確定的な結論は出ていない。とりあえず、17世紀以降の版では圧倒的に "d'effrayeur" の表記が多く、"deffraieur" がほとんど引き継がれなかったのは事実である。

四行目は上で示した読み方のほか、不定形のregner を三人称直説法単純未来 regnera の語尾音省略と見なして Mars を主語にとり、「前後に、マルスが首尾よく統治するだろう」と訳されることもある[86]。この場合、2行目の「来るだろう」の目的を表すのは3行目の「甦らせる」のみになる。

また、マルスローマ神話の軍神であるが、フランス語では「火星」「3月」の意味もある。軍神の意味だったとしても、言葉通りの意味のほかに「戦争」の隠喩として用いられている可能性もある。

このような重層的な理由により、文学者や歴史学者たちの間でもこの詩の読み方が確定しているとは言い難い状況である。

 

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

 

ミシェル・ノストラダムス師の予言集

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 
 
ナビゲーションに移動検索に移動
 
『予言集』の初版
 
現存最古の完全版
 
1600年頃の版

ミシェル・ノストラダムス師の予言集』(ミシェル・ノストラダムスしのよげんしゅう、Les Prophéties de M. Michel Nostradamus)は、フランス占星術師ノストラダムスの主著である。四行詩集を主体とするこの著作の中には、現在「ノストラダムス予言」として引用される詩句・散文のほとんどが収められている。『諸世紀』と呼ばれることもあるが、後述するようにこの訳語は不適切である。

かつてはオカルト関連書としてしか扱われていなかったが、20世紀以降、フランス・ルネサンス期の他の詩作品との関連が検討されるなど、文学作品としての評価・検討の対象にもなっている。

以下、この記事中では『予言集』と略記する。

ja.wikipedia.org