マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【古いのが新しい「大崎耕土」(笑)】神社の頭の中は1G。老人は3G。現代に生きる若者とサラリーマンらは4Gですね(笑)【新嘗祭・東北農政局】

 

 元々は、神道古神道であり自然崇拝が原点だそうです。

その後に社が常駐して、神社神道になったそうです。

 

でもそれ以降進化しないのが、1Gの神社ですね。

神社システムのことですね。

 

 世の中は諸行無常ですが、

頭の中が変わらない人は変わらないですね。

 

そんな人らは止まったままなので、別に人の所に流れれば、

少しは違った思想の人と出会えるのかもですね。

 

観る価値も無いゴミに束縛される人生ではあってはならんでしょうね。

 

 

 

 こうした利点を同氏は主張するものの、こう考える人はもはやマイノリティではないだろうか。生活空間全般へのスマホ対応化が進む昨今、ガラケーは奇異なものとして捉えられているようだ。中川氏はこう続ける。

「今回の騒動でガラケーが注目されましたが、この風潮は、昨年10月、さいたまスーパーアリーナ沢田研二のコンサートがドタキャンされた時以来です。報道では、ガラケーで現場の看板を撮影する高齢女性が多く写っていましたが、この時もネット上には『ガラケー久々に見た』『ガラケーをまだ使ってる人がいたんだ』と驚かれていました。それだけガラケー使いは『奇怪な人』扱いなんでしょうね」

www.moneypost.jp

 

 

ケータイ(3G)をご利用の60歳以上の方へ

www.au.com

 

 

 

ja.wikipedia.org

1G・2G・3G・4Gとは

3G (スリージー)、そして4G (フォージー) は携帯通信の規格を表しています。通信の種類の名称ということになります。

このGという意味は英語の「Generation (世代)」の略語です。なので「3G/ 3st Generation/ 第3世代」・「4G/ 4st Generation/ 第4世代」ということになるようです。

今では国内で存在しない通信規格ですが、「1G/ 1st Generation/ 第1世代」・「2G/ 2st Generation/ 第2世代」が使われていた時代もありました。

1Gからの技術の流れを追ってみましょう。

mechalog.com

 

 

 


守護数『7』を支配しているのは『夜の太陽の神』。

 

これは「陽の当たらぬ言葉」を意味しています。 予言者へと人を導く守護数。

『夜の太陽』とは夜の暗闇を見通すジャガーの眼のこと。 そして、ジャガーのように、まだ見えない遠い未来を予知する『夜の太陽』の眼を持つ人間が、予言者なのです。 マヤの予言のやり方は、過去の時間へと旅立ち、その歴史の中に記されている未来に関する言葉を探し出すというもの。 つまり、死者たちの国へ出向き、死者たちの言葉を聞くのです。 あなたは、適切な助言者として能力を発揮します。 あなたが、栄光と輝きに満ちた過去の時代を誉め、その業績をたたえている限りは、未来に関する的確な予言(死者たちの言葉)を次々と得ることができるからです。 ただし、あなたは、周りの人からは「思い出や過去の栄光にこだわる人」と見られがち。 思い出や栄光は、あくまでも新しい未来を作りだすためにあることを忘れないでください。 過去にこだわってばかりいると、あなた自身が過去の時間から出られなくなります。 ただの懐古趣味的な人になってしまうか、二度と現代では生きられない人になってしまいます。

 

守護数7
http://www.maya13.net/num/n7.html