マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【正論】11月26日 仙台が仙台であるはずはない。仙台には「仙人」は存在しない。仙台の本当の名前は「船台」です(笑)【ノートルダム寺院】

 

 11月26日の神道政治カレンダーです。

 

下記は、これは船台での出来事年表みたいなものです。

 

フランスの燃えたノートルダム寺院

仙台白百合女子大学。白澤奈緒子。

京城を皇居とする。旧皇居は宮城と言います。

モンゴル人民共和国鳴子温泉観光大使モンゴル出身の白鵬です。

西武ライオンズは、埼玉県です。田名部奈緒子の出身地らしいですね。

そこにあるのが久喜市です。

実は田名部奈緒子は、習字は師範代の出前だったそうです。

ストーカーでは無いですが、同じ机の合わせた並びなので、

当人の筆跡が当時に私の目の前に流れてきました。

 

1999年8月11日に皆既日食がありました。

私の生誕日での日食ですから、

ここで私の人生は終わりと、そう考えていたのでしょう。

 

これが所謂フランスの「ノストラダムスの予言」ですね。

フランスの首都がパリであり、その象徴がノートルダム寺院ですね。

 

1999年8月13日が、日本国の国旗国歌法であり、

これが1521年のアステカ帝国を沈めたスペインのエルナン・コルテス

私が沈み、スペインの太陽が光る、現行の日本国の太陽です。

 

船台は、ヤクザが荒らし、壊れるところまで壊れましたね。

こちらは金銭回収するので、とっととやくざを始末すればいいですね。

 

 

 

11月26日(じゅういちがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から330日目(閏年では331日目)にあたり、年末まであと35日ある。


1842年 - パリのノートルダム大学が開学。

1868年(明治元年10月13日) - 明治天皇江戸城に入る。名称を東京城と改めて皇居とする。

1924年 - モンゴル人民共和国が発足。

1949年 - 西鉄クリッパース(現在の埼玉西武ライオンズ)設立。


ペンの日(日本の旗 日本)
1935年のこの日、日本ペンクラブが創立されたことに由来し、同クラブが1965年に制定。


11月26日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/11%E6%9C%8826%E6%97%A5

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

お釈迦様も仙人
   

仙人は、はじめ神様の一種とされ、祭ごとやご祈祷などと、密接な関係を持っていました。しかし後に、山に入って自力で不老不死の術を行う人、を意味するようになります。

仙人は中国だけのものではなく、インドにも似たような存在があります。初期の仏教では、お釈迦様や修行者も、仙人とした時期があります。お釈迦様を偉大なる仙人=大仙とか、金仙こんせん、黄金の仙人、金仙人、などと表しました

   ランクもあれば、寿命もある
   

道教では、修練の方法によって、ランクが生じる、と考えられました。天空に昇る天仙、名山に遊行する地仙、いったん死んだうえで仙人となる尸解仙しかいせんの三種類です。

仙人は亡くなると、死体を残さないと言われます。別の言い方をすると、不老不死の術を得た修行者が、死んだように見せかけて肉体から脱出し、肉体は消滅させて、仙人になります。

また不老不死とはいいますが、限度があるようです。通常、数百年から千年が寿命のようです。

   久米の仙人 くめのせんにん
   

毛竪という仙人が、奈良県吉野にある竜門岳に住んでいました。ある日、竜門岳から葛城山へ向かって飛行中、久米川で洗濯をしている若い女性の足に心を奪われ、飛行術を失い落ちてしまいます。このことから、毛竪は久米の仙人と呼ばれ、好色者の代表のようになりました。

毛竪は、この女性を妻に迎え、俗人として暮らします。東大寺建立の時には、人夫として働きました。ところが、元仙人ということが分かり、仙人の術で山から木を運ぶように命じられます。道場にこもり、断食をして祈ったところ、八日目に大きな材木が、たくさん空を飛んできました。

このことによって、人々は久米の仙人を敬うようになり、天皇からは土地が与えられました。この土地に建てたが、奈良県久米寺です。

   女性の仙人
   

女性の仙人もいます。いつまでも若くて美しく、年は取らないのですが、なぜか通常は老翁の姿です。吉野の古い仙人話に、次のような話があります。

猟師が吉野川で漁をしていると、上流から柘の枝が流れてきました。それを拾い上げると、柘の枝は美しい女性になり、猟師はこの女性と結婚しました。以来、二人は老いることはなく、その後、天の羽衣をつけて、不老不死の国に旅立ちました。

古来は女性の仙人が活躍し、後に男性の仙人が多く登場します。女性の仙人は、山の女神が人間の姿になって現れた、との考え方もあります。

   修行者を助ける仙人
   

修験道の行場になっている大峯山葛城山には、たくさんの仙人が住んでいて、大水で川を渡れないとき助けたり、道に迷ったとき導いたり、薪に火を着けたり、と修行する人を助けた話が、いろいろ残されています。

修験者は仙人に助けられたり、師事したりして、自分も仙人になる場合があります。

そして、役行者の両親の供養会には380人の仙人が集まった、と伝えられています。

 

 

tobifudo.jp