マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【大杉神社】稲敷市に排除電話をしました【118・海上交通】

 

 本日は実に不愉快なので電話で排除しました。

 

この大杉神社と国見疱瘡神は、今後の人生上、

私は二度と要りません。

無関係です。

 

過去の愚かなくだらん形骸化した足かせに、

そんなものに縋る屑は要らない。

 

要らないものは要らないと主張するのは、

当然のことですね。

 

過去の下らん歴史に束縛されて生きるのは、

とても愚かですね。

シロアリの所行だ。

 

人間として、何をチョイスすれば進めるか、

よく考慮すべきだと思うし、

過去から魑魅魍魎が追いかけて来れば、

それを振り払うのは生きるための知恵ですね。

 

そんなのが、マヤ占いにも書いてあるわけで、

成果無きものに期待する人間も

居ないだろうと思いますね。

 

本来の目的が失われれば、

形だけあっても仕方がない。

 

意味不明にことをする輩って存在しない方が

いいんですね。

 

私は、あぁこいつらはもう相手にせんほうがいい。

進歩無しと思い、電話排除しました。

生産性がないのを相手にする理由が無い。

 

こちらは端的に、「意味が不明」ですね。

 

特に私の場合は、

聞いたこともない鎖に繋がっていたので、

 キチガイなんだろうねと素で思っています。

 

低質な鎖は、栗原の部落から出ているので、

開いた口が塞がりませんね。

 

心の繋がり無き所に、思想の共有はない。

全て強要と処理すればいい。

 

私が東北農政局を排除すれば、

同時に競馬の神である大杉神社から離れるのは

必然でしょう。

 

そこまで拘る価値のあるもんじゃない。

 

思想として腐れてしまった所から離れるのは、

人として道理です。

 

 

 


守護数7


守護数『7』を支配しているのは『夜の太陽の神』。

これは「陽の当たらぬ言葉」を意味しています。 予言者へと人を導く守護数。

 

『夜の太陽』とは夜の暗闇を見通すジャガーの眼のこと。 そして、ジャガーのように、まだ見えない遠い未来を予知する『夜の太陽』の眼を持つ人間が、予言者なのです。 マヤの予言のやり方は、過去の時間へと旅立ち、その歴史の中に記されている未来に関する言葉を探し出すというもの。 つまり、死者たちの国へ出向き、死者たちの言葉を聞くのです。 あなたは、適切な助言者として能力を発揮します。 あなたが、栄光と輝きに満ちた過去の時代を誉め、その業績をたたえている限りは、未来に関する的確な予言(死者たちの言葉)を次々と得ることができるからです。 ただし、あなたは、周りの人からは「思い出や過去の栄光にこだわる人」と見られがち。 思い出や栄光は、あくまでも新しい未来を作りだすためにあることを忘れないでください。 過去にこだわってばかりいると、あなた自身が過去の時間から出られなくなります。 ただの懐古趣味的な人になってしまうか、二度と現代では生きられない人になってしまいます。

 

守護数7
http://www.maya13.net/num/n7.html