マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【青い鷲】「白鳥」って優雅な「アホウドリ」ですよね(笑)(笑) おばさんでも素手で触れる「鈍重」です。それに比べて「鷲(ワシ)」は大きいが、異常に素早く狩りをする鳥類最強の「猛禽類の頂点」です【白鳥大明神】

 

 と、更に嫌みで書くことにしました(笑) 

 

 

白鳥やアホウドリの様な大型の鳥が飛び上がる前に、飛行機が滑走する様に「助走」している姿をテレビや映画で見たことがありませんか? 体の重さが重くなると、単に羽根を羽ばたくだけでは空中に浮かぶことは難しいのです。
大きな鳥が飛び立つ際に「助走」をしているのは、羽ばたかなくても翼に風を受ければそれを持ち上げようとする力「揚力」を得ることが出来るからです。
前に走ることで翼には揚力が発生し、体を上に持ち上げようとします。十分な早さ、つまり翼に十分な早さで風があたれば羽ばたかなくても体は持ち上がるのです。この発見は飛行機を考える上で重要なことでした。前に進んで羽根に風があたる状態を作り出せば空に浮かぶことが出来るということです。

www.yumeginga.jp

 

 

そもそも、白鳥と言う鳥は、

助走付けなければ飛べない鈍重なんですね。

 

多くの鳥は、助走なしで瞬時に羽ばたけます。

機動性は、非常に悪い鳥ですね。

 

新潟のNGT48も2008年の白鳥でした(笑)

私の退職年であり、

田名部奈緒子の入籍年のはずですね。

私は新潟は外すことにしたんですよ。

 

https://pds.exblog.jp/pds/1/200702/09/21/a0031821_19174867.jpg

sdknz610.exblog.jp

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/masafree/20181119/20181119115819.jpg

 

ハクチョウ(白鳥、swan)とは、カモ科の7種の水鳥の総称。シベリアオホーツク海沿岸で繁殖し、冬季は温暖な日本などへの渡りをおこない越冬する大型の渡り鳥である。

現生の空を飛ぶ鳥の中では最大級の重量を有している。

おとなしいイメージもあるが、子育て中の野生個体は警戒心が強くなっており、を捕まえようとした人間を追い払う例も報告されている。

日本語のハクチョウは、文字通り「白い鳥」という意味だが、名称に反してハクチョウ属には「黒い鳥」である「コクチョウ」も存在する。

寿命は野生で最長20年ほど、飼育状態では20年から30年ほどである。

 

 

日本におけるハクチョウ[編集]

日本にはオオハクチョウコハクチョウが越冬のために渡ってきて、北海道本州湖沼河川等で過ごす。晩秋から初冬に渡来し、には飛去する。

青森県島根県東京都千代田区新潟県新潟市阿賀野市の県鳥および区鳥・市鳥。青森県東津軽郡平内町浅所海岸のハクチョウは、「小湊のハクチョウおよびその渡来地」として国の特別天然記念物に指定されている。新潟県阿賀野市の瓢湖はハクチョウの飛来により2008年にラムサール条約に登録されている。新潟には他に福島潟五十公野公園のます潟・佐潟などにハクチョウが多く飛来している。北海道で主に見られるのはオホーツク地方、函館地方に小樽周辺(余市など)である。

 
埼玉県川島町に毎年飛来するコハクチョウの群れ(越辺川左岸で撮影)。

各地の公園に周年いるハクチョウは、コブハクチョウ。元ヨーロッパを中心に生息していたものを飼育したものや、半野生化したものである。

現在は「白鳥」という漢名が一般的だが、「くぐい)」の古称をもち、「日本書紀垂仁天皇の条などに記載がある。ヤマトタケルは、死後に白鳥になったという伝承があり、日本では古くから親しまれている鳥である。

ja.wikipedia.org

 

刈田嶺神社
刈田嶺神社 拝殿
拝殿
所在地 宮城県刈田郡蔵王町宮字馬場1
位置 北緯38度3分0.9秒
東経140度39分10.3秒
主祭神 日本武尊
社格 式内社名神大)論社
県社
創建 景行天皇御宇御鎮座之由申伝候
本殿の様式 流造
別名 白鳥大明神
例祭 1月14日3月19日9月9日

ja.wikipedia.org

 

 

 

 それと比較して、猛禽類最強の鷲ですね。

鷲は鷲をも襲うらしいです。

動画があります。

 

 

f:id:masafree:20191117011957p:plain

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

 

後半は、当然に助走なしで、

羽ばたくところもありますね。

 

機動力と強さが全然違うというか・・・。

 

鷲にかかれば白鳥は一方的に

殺されるでしょう。

  

 

 

  

(わし)とは、タカ目タカ科に属するのうち、オオワシオジロワシイヌワシハクトウワシなど、比較的大き目のものを指す通称である。タカ科にて、比較的大きいものをワシ、小さめのものをタカ(鷹)と呼ぶが、明確な区別はなく、慣習に従って呼び分けているに過ぎない。

 

象徴としての鷲[編集]

鷲はその姿から鳥の王者とされ、信仰の対象にもなった。ローマ皇帝の紋章は鷲である。のちに東ローマ帝国双頭の鷲を紋章とし、ロシア帝国などへ受け継がれたほか、12世紀以前からセルビア国旗には白い双頭の鷲が描かれている。中欧・西欧ではハプスブルク家によって神聖ローマ帝国からオーストリア帝国へ双頭の鷲が受け継がれ、プロイセン王国ドイツ帝国も鷲を紋章とした。ナチス・ドイツもそれにならい、軍服や建築物の随所に鷲の意匠を施した。現在のドイツオーストリア両国の国章にも鷲が使われている。また、ナポレオンイギリス王室ポーランドなども鷲を紋章に取り入れている。

メキシコ国旗に描かれているワシは「ウィツィロポチトリの予言鷲」と呼ばれる。「蛇をくわえた鷲がサボテンの上にとまっている場所を見つけ、そこを都とせよ」という神託に従い、現在のメキシコシティに安住の地を見つけたというアステカ族神話にちなんだものである。 アメリカ合衆国ハクトウワシを、フィリピンフィリピンワシを国鳥としている。

 

 ã¡ã­ã·ã³ã®æ

ja.wikipedia.org

 

 

青い鷲

キーワード
「見通す力」「クールな知性」「ビジョン」
 

●勘がするどい
「勘」が働く直感型の人です。
なんとなく上手くいきそう。と思うことが多く、
瞬間的に現状と未来を冷静に判断します。

●先見性(先読み)がある
観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。
個人的な考えやビジョンが広がります。
友人から相談を受けることも多い人です。

●広い視野
鷲が大空から、獲物を取る時を連想していただくとわかりやすいのですが、
どこに何があって、この後、どうなりそう。など、
人の動きや人の心の動きがよく見えます。
着眼点が人と違い、面白い角度から物事を捉えることができます。
未来の状況を客観的に見れる一方、イロイロなことが見えすぎるため、
否定的な意見も言ってしまいがちです。

●交渉能力・企画能力が高い
「先見性」と「広い視野」を持っていますので、
交渉事が得意だったりします。
相手が思っている懸念材料を解消しまとめるのが得意です。

●クールで厳しい
物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。
さいころは大人びいて見られることも多いようです。

人を惹きつけ、また仕事が出来きる人です。
マイナス面が目立つと、鋭い指摘とネガティブな発言が出やすくなりますので、注意が必要です。
誠意を忘れずに。

適職
政治家、弁護士、評論家。また大企業においては企画部門や郊外担当などが適職です。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com