マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

いつものNHKテレビが、芸能の特徴である「二重まぶた」を釣りに、クローズアップ現代でその「一重まぶた」の呪いについて語る

 

 これだけが取り柄であるテレビ芸能業界が、

一重と二重の議論について、やっていたみたいです。

 

呪われた日ですね。

パリ、フランス。

上野動物園 パンダ、トヨタ出雲大社

青森リンゴ 田名部神社。

 

下記の年表は、私のはぶられ年表でした。

ですので、私も全部要らないですね。

 

そもそも、芸能界と言えば整形ですね。

そんなのばかりお手本にしても仕方がないですね。

 

こんな話題の根源はテレビであり、

ネットで騒いだのをまたテレビへ。

二度美味いって奴ですか?

 

そもそも、私はこの2001年の時は、

左目は二重で右目は一重でした。

 

それで、そのまま閉鎖病棟までそのままで、

退院してから右目も二重になりましたね。

 

 釣り合いが悪いのが一番みっともないので、

良かったと思いますね。

二重になるために癖を付けていました。

二重までの道のりは、遠かったですね。

すぐに一重に戻るわけで。

現在では完全に二重に固定しました。

 

 

いずれ、あの時代は釣り合いが悪くて良かった。

あの時代の女は見たくないし。

 

本当の一重の人は、二重にはならないので、

仕方がないし、

一々芸能界に感化される世の中ってキモイですね。

 

 

 

 

 

 

11月5日(じゅういちがついつか)はグレゴリオ暦で年始から309日目(閏年では310日目)にあたり、年末まであと56日ある。


1889年 - パリの自由の女神像の除幕式が行われる。

1922年 - ハワード・カーターがツタンカーメン王墓の封印を解く。

1966年 - トヨタ自動車カローラを発売[1]。

1972年 - 上野動物園ジャイアントパンダ・カンカンとランランの一般公開を開始。

1985年 - 北海道最古の鉄道路線の一部である国鉄手宮線(旧北海道鉄道)が廃止。

1989年 - F1オーストラリアGPで、中嶋悟が日本人初のファステストラップを記録する。

1991年 - 宮澤喜一内閣が発足。

2001年 - 野田聖子自民党有志、選択的夫婦別姓法案賛同署名を提出。

2006年 - 元イラク大統領サッダーム・フセインに対し死刑判決。

2007年 - 中華人民共和国初の月探査機「嫦娥1号」が月の軌道に投入。

2010年 - 尖閣諸島問題で、中国漁船衝突映像が流出。(尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件)

2015年 - ブラジルミナスジェライス州で鉱滓ダムが決壊。死者17人[2]。

2017年 - アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプが日本を訪問[3]。


いいりんごの日(日本の旗 日本)
青森県が2001年に制定。「いい(11)りんご(5)」の語呂合せ。

 

縁結びの日(日本の旗 日本)
島根県の「神話の国・縁結び観光協会」が制定。旧暦10月(新暦11月ごろ)に出雲大社に全国の神が集まり縁結びなどの会議をするとされてい
ること(神無月を参照)と、「いい(11)ご(5)えん」(いいご縁)の語呂合せから。

 

津波防災の日(日本の旗 日本)、世界津波の日(World Tsunami Awareness Day 国際連合の旗 国際連合
津波防災の日は2011年に制定。世界津波の日は2015年に制定[4]。1854年11月5日(旧暦、グレゴリオ暦では12月24日)に安政南海地震が発生し
た日から[5][6][7][8][9]。


11月5日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/11%E6%9C%885%E6%97%A5

 

 

 

【話題】白熱した『一重まぶた論争』 SNS社会でルッキズム(=外見主義)の呪いに苦しむ人たち 
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573647805/

 

1 名前:すらいむ ★ [] 投稿日:2019/11/13(水) 21:23:25.03 id:trpbpV+k9
「一重まぶた」論争 “ルッキズム”の呪いとは?

 「一重まぶた=非国民みたいな生きづらい世の中」
 「なあーにが一重まぶたが好きな男性の割合が高いだ どうせそいつの好きな芸能人は二重まぶたです解散」

 11月5日から翌6日にかけ、ツイッター上でトレンドワードになった「一重まぶた」。
 容姿の美醜への価値観を巡って、ネットでさまざまな意見が交わされました。
 5日と6日の2日間に「一重まぶた」を含むツイートは、1万6000超(リツイート含む)。
 批判的な書き込みも見られ、ちょっとした"炎上”状態になりました。

 「一重まぶた」の炎上がどこから生まれ、どのように議論が広がっていったのか、その背景には何があったのか、トレンドワード「一重まぶた」の深層を、徹底追跡しました。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

NHK NEWS WEB 2019.11.13 
https://www3.nhk.or.jp/news/special/net-trend/article_08/

 

asahi.5ch.net