マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【神が去った鹽竈神社】2018年12月21日ドイツ 宮城県土木部が1970年より1993年まで施行した、塩釜市の東防潮堤が123m(60×2+三塚博3)崩れる【2018年戊戌・仏教界60周年】

 

 これについて書きます。

 

もう、仙台には神は居りませんよ。

 

この宮城は、私がこの地に居ようが、居まいが、

運は戻らない。

 

この堤防の施工開始は1970年とされ、

これが三塚博であり、

そしてトヨタの交通安全寺である

長野県の「聖光寺」だ。

 

そして1993年で完成されたとされ、

それが私がこの仙台で騙されて生まれた、

青葉区柏木一丁目93番地だ。

 

他には、2000年に完成された部分とも

書かれていますが、これが「神の国発言」だ。

 

崩壊した場所は、全長123mであり、

60m×2+三塚博3代目会長ですね。

 

端的に、塩釜の宗教は終わりですよ。

 

仙南シンケンファクトリー、そしてバッハホール。

そこの神域は無事に消滅しました。

 

どうもありがとうございました。

 

 

私が塩釜市に行く事は、未来永劫ありません。

それは自治体も塩釜署も知っている話です。

 

私が、2012年4月23日に監禁された意味が

理解出来ませんね。

いずれ、こちらから捨てられた奴らだね。

 

三塚博は、宮城県議です。

あいつらの自作自演です。

こちらが知るわけがない。

 

仏教の経典で、「唯識」があるそうですね。

心の目で見ることです。

目に映った物は、心で見た産物だそうです。

 

私は人格否定されたので、心の目で見ていない。

要するに、無心だ。

それだけのこと。

 

逆に、私に寄れば、逆風完了ですね。

終わった土地だからね。

思想の廃墟。

 

これは「悪因悪果」ですね。

この土地の50年間の犯罪であり、身から出た錆。

 

仏教の思想すらないキチガイの集まりが、

この宮城ですね。

要らないよ。

こちらを二度と観ないことだ。

 

運が下がるのに、こちらを見るのも珍しい。

宇宙人の感覚なのかね、この宮城は。

 

キチガイは、精神病院で治療がいいよ。

どこまで行こうが、

私に好かれることは二度とないのだから。

 

社会屑は、他に迷惑をかけないように留意したらいい。

 

 

そもそも、

「行かない場所に、行かないと電話をかける人間」は

酷く珍しい。

精神的に強力に排除されていると知るべきだ。

馬鹿な土地だから理解出来んからね。

 

出て行こうとしたら、精神病院へ監禁されたので、

「おまえらは要らない、消えろ」と

電話していたんですね。

心の底から要らないので。

 

 

 常に、私は最善の行動を取る。

無能の屑が、わざわざスパイラルで滅茶苦茶にする。

 

それが無能宮城県議らだ。

 

はぶられた結果付きね。

ここまでの無能集団も世の中に中々居ないよ。

 

 

精神保健福祉法で頭に乗った、

社会のゴミの顛末が酷い。

 

現行では、こちらは宣言書を提出済みで、

そして寄れば全て通報だ。

 

二度と戻ることは無い。

 

やはり、馬鹿公務員に出来ることはゼロでしたね。

私は良く知っている。

色々と公務員に質問して、

満足に答えられない馬鹿なのは、

よく学習した。

あとは寄ってもらわないでいい。

 

糧にならん馬鹿とは対面しないでしょ?

 

性欲で寄るのは猿じゃん。

別に要らんわな。

 

司法処理の邪魔だけしないで頂きたい。

 特に行政側公務員には全て用は無い。

 

 

 

www.jbf.ne.jp

 

 

 

 

12月21日(じゅうにがつにじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から355日目(閏年では356日目)にあたり、年末まであと10日ある。

 

1972年 - 「東西ドイツ基本条約」調印。関係正常化へ。

1999年 - 横山ノック大阪府知事が大阪地方検察庁から強制わいせつ罪で在宅起訴。同日、知事辞職願を提出。

2013年 - 猪瀬直樹都知事が提唱した都営バス24時間営業の試行が、渋谷駅 - 六本木間で始まる[1]。

12月21日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/12%E6%9C%8821%E6%97%A5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傾いていた塩釜の防波堤が水没、海底洗掘が原因か

谷川 博=日経 xTECH/日経コンストラクション
日経 xTECH
 

 宮城県は4月3日、塩釜市の塩釜漁港で2018年暮れから外洋側に傾き続けていた防波堤が延長約120mわたって倒壊し、そのうち約60mが水没したと発表した。東日本大震災津波による海底の洗掘が原因とみられる。

宮城県塩釜漁港の防波堤が約120mわたって倒壊。うち約60mが水没した(写真:宮城県
[画像のクリックで拡大表示]

 倒壊したのは、県が1970~93年度に整備した東防波堤。コンクリート製の防波堤は、延長約1440m、海抜(東京湾平均海面TP)約3m、幅約3m。2018年12月21日に、北東から南西に向かって岸壁と平行に延びる防波堤の約800mの区間のうち約120mで、外洋側に最大約30cmずれていた。

水没した東防波堤。2018年暮れから外洋側に傾き続けていた(写真:宮城県
[画像のクリックで拡大表示]

 19年1月には、変状箇所の詳細な状況を把握するため、建設コンサルタント会社に委託して水中調査を実施。水中ロボットカメラを使って、鋼製の杭や矢板、海底の状況などを撮影。その映像を基に、変状の分析を進めてきた。

 東防波堤は、変状が確認された18年暮れから傾きが進み、19年3月にその進行が加速。例えば、3月15日に最大15.4cmだった変状確認時からのずれが、18日には最大17.3cmと、わずか3日で2cm近く拡大。倒壊は時間の問題とみられていた。

(関連記事: 鋼杭腐食か海底洗掘か、塩釜漁港防波堤の傾き続く

 

傾いていた塩釜の防波堤が水没、海底洗掘が原因か | 日経 xTECH(クロステック)
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00142/00395/

 

 

 

 

ニュース解説:土木

鋼杭腐食か海底洗掘か、塩釜漁港防波堤の傾き続く

谷川 博=日経 xTECH/日経コンストラクション
日経 xTECH
 

 宮城県塩釜市の塩釜漁港の防波堤が傾き続けている。正常な状態より頂部が最大47cmほど外洋側に移動。2018年末の変状発覚時と比べても、3月18日時点で最大17.3cmずれている。漁港を管理する県は対象箇所の造り直しも視野に対策を検討している。

2018年末の発覚以来、外洋側(写真左手)に傾き続けている宮城県塩釜漁港の東防波堤。19年1月4日撮影(写真:宮城県
[画像のクリックで拡大表示]

 問題となっているのは、塩釜漁港の東防波堤。堤体はコンクリート製で、延長約1440m、海抜(東京湾平均海面TP)約3m、幅約3m。2000年度に完成した。

 18年12月21日、地元の漁協関係者が変状に気付き、県に通報。県が現地で確認したところ、北東から南西に向かって岸壁と平行して延びる東防波堤の約800mにわたる区間のうち約123mで、外洋側に最大約30cmずれていた。

 県は、周辺海域の航行や漁業活動への注意を呼び掛けるとともに、翌12月22日から変状の定期観測を開始。以後、月・水・金曜日の週3日、対象箇所の測定を続けている。

 19年1月22~25日には、変状箇所の詳細な状況を把握するため、建設コンサルタント会社に委託して水中調査を実施。水中ロボットカメラを使って、鋼製の杭や矢板、海底の状況などを撮影。その映像を基に、変状の分析を進めている。

鋼杭腐食か海底洗掘か、塩釜漁港防波堤の傾き続く | 日経 xTECH(クロステック)
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00142/00377/