岩手県花巻市と市消防本部は8日、花巻北消防署の男性消防士(26)が免許停止期間中に救急車を運転したとして、無期限の出勤停止処分にしたと発表した。

 発表によると、消防士は6月29日朝、金ヶ崎町内の東北自動車道下り線を自家用車で運転中、制限時速100キロのところを147キロで走行して速度違反自動取締装置に検知され、9月26日に30日間の免許停止処分を受けた。処分者講習を受けて停止期間は10月8日までに短縮されたが、処分を消防署に伝えず、免許停止期間中に6回、救急車を救急出動時に運転した。同期間中は自家用車も運転したという。

 消防士はさらに、市内の団体が主催して6~9月に実施された「100日間の無事故・無違反を競うコンクール」に参加。落選通知が今月7日に同消防署に届いた際に免許停止処分が発覚した。

 市消防本部の記者会見に臨席した上田東一市長は「重大な交通違反行為であり、心よりおわびする」と陳謝し、懲戒委員会に諮ったうえで処分を決める考えを示した。