マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【犯罪の土地】私は「仙台人」ではございません。私は「仙台で交流」は一切しません。赤の他人です【気持ちが悪い】

 

 

 これは、本日の朝に、

詐欺師がまた女の話を工作し、

土地に広まったことからの釘刺しです。

山の寺がするのはこの詐欺のみです。

 

 

 

私は、神社キリスト教らの、

 

病的カルトの為に存在して居る訳じゃない。

 

私には私の人生がある。

それは何人たりとも触れる事は出来ない、

 

 

このような犯罪の繰り返しは、

自民党宮城県連」と「宮城県議」らの、

「伏魔殿で蠢く詐欺師」から話を受けたのでしょうか?

 

「奴らは全く知らない赤の他人」だ。

また全てに於いて「面会は謝絶」だ。

 

私は詐欺師とは絶対に対面しない

 

私的に寄る意味不明な輩は全て通報です。

 

 

 

 

当方の主張内容

 

 

1.私の存在と、宮城県政や仙台市政等とは一切関係はございません

 

2.私は通院している精神病院では、

「官から民に下った」、「裁判」、「転居」の話のみです。

 

3.私は宮城県警本部に「宣言書」を提出済みであり、「仙台は捨てるから女は要らない」と明言済みです。

 

4.私は「仙台の公務員は全て排斥」しています。この詐欺集団と私的対面は一切しません。また、必ず「どのような法的理由で訪れたのか?職域も明示させます」

 

 5.私が仙台の30年間で構築できた資産はございません。

私の中では全国でワーストの住むに値しない土地です。

 

 6.仙台市泉区役所は、2012年4月からの、私に対する監禁に絡む退院後からのサポートは「一切なかった、これでいいですか?」と中川係長の責任で明言済みです。

何も出来ない「愚かな公務員」相手に、このような醜い土地に住む理由が無い。裁判所でも認められる「憲法に則した当然の理由」です。私の転居は、泉区役所側も異論はない「合意された決別」です。確認済みです。

 

 

日本国憲法

(抜粋転載)

 

第十六条 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。
第十七条 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。
第十八条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
第十九条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
第二十条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
○2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
○3 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。
第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
○2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
第二十二条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。
○2 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

 

 

elaws.e-gov.go.jp