マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

10月12日のマヤ暦 7キミ 14ヤシュ (13.0.6.16.6)

 

 10月12日は、

あの台風19号で、仙台とはさようならですね。

毎日毎日、私に憑く「魑魅魍魎」が酷かったかな。

 

もう眠って貰えばいい。

それは生きる価値すら無い。

 

常に、私は最前を尽くしていた。

 

だが仙台は犯罪を繰り返し、裏切った。

あとは全て死ねばいい。

 

もともと死ぬべき奴らだ。

 

 

 

 

あなたのマヤネーム: 「ウクブ・キミ」

あなたの守護数: 7

あなたの守護神: 死の神


あなたの本当の性格
あなたは、周りの人から頼りにされている、良き相談相手です。
でも、あなたの中に自信と不安が同居しているため、肝心の問題は決断できません。
過去の経験だけに頼りがちな点も注意してください。

  


守護数『7』を支配しているのは『夜の太陽の神』。

これは「陽の当たらぬ言葉」を意味しています。 予言者へと人を導く守護数。

『夜の太陽』とは夜の暗闇を見通すジャガーの眼のこと。 そして、ジャガーのように、まだ見えない遠い未来を予知する『夜の太陽』の眼を持つ人間が、予言者なのです。 マヤの予言のやり方は、過去の時間へと旅立ち、その歴史の中に記されている未来に関する言葉を探し出すというもの。 つまり、死者たちの国へ出向き、死者たちの言葉を聞くのです。 あなたは、適切な助言者として能力を発揮します。 あなたが、栄光と輝きに満ちた過去の時代を誉め、その業績をたたえている限りは、未来に関する的確な予言(死者たちの言葉)を次々と得ることができるからです。 ただし、あなたは、周りの人からは「思い出や過去の栄光にこだわる人」と見られがち。 思い出や栄光は、あくまでも新しい未来を作りだすためにあることを忘れないでください。 過去にこだわってばかりいると、あなた自身が過去の時間から出られなくなります。 ただの懐古趣味的な人になってしまうか、二度と現代では生きられない人になってしまいます。

 

あなたの内面には「死の神の気質」が存在しています。

死がもっともリアルな真実であるように、あなたの発言はいつもリアルな真実に満ちています。 本来純粋で、真実から目を逸らすのが苦手なあなたは、嘘を言えないタイプ。 たとえ嘘を言おうと思っても、すぐバレてしまうような言い方しかできないので、結果として、いつもあなたの言葉は真実に満ちたものになっているのです。 しかし、真実を述べるあなたの発言が時として、相手を傷つけることもあります。 相手はあなたを忌み嫌い、避けるようになり、あなたもそのことに過剰に反応し、相手より深く傷つきさえします。 そうなると、あなたは自分の言葉を過剰に自己規制してしまいます。 それがエスカレートすると、発言を恐れ、無口になり、殻に閉じこもってしまうことになります。 あなたは本来、無邪気で、嘘を言えない人間なだけ。 バーチャルな疑似リアルが満ちあふれたいまの世界で、本当の意味でのリアルな言葉はもっとも必要とされるものです。 それを口にできるあなたは、実はいまの世の中にもっとも必要とされる貴重な存在なのです。

 

 

マヤ13神占い:古代マヤ文明の暦を使った運命操縦占い
http://www.maya13.net/index.html