マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【早稲田桟敷湯・白鵬・トヨタ】9月29日 自民党宮崎県・武井衆議院議員の私設秘書(23)が酒気帯びで衝突事故【楽天・電通・東京五輪】

 

 この人物は、フラグが多すぎますね。

 

1975年(1972年+3代目会長三塚博)

44歳(昭和44年組・森喜朗古事記伝)

早稲田(桟敷湯・鳴子温泉)

楽天ゴールデンイーグルス

大塚(家具・山口久美子・仲間由紀恵)

8時10分(事故時間・8月10日・東京諏訪五輪)

 

 

 

完全に三塚博+森喜朗です。

 

宮城県と宮崎県の宮宮交流で、

やったのは田名部奈緒子らしいから、

凄い御利益でした。

 

 

 今回は秘書側でしたが、

酒気帯びは、0.25mgを越えれば

運転免許は取り消しだそうです。

 欠格期間は2年間だそうです。

 

更には警察車両に突っ込んでるので、凄いですね。

 

 

ブログをまとめた方によれば、

午前8時10分の出来事だったそうです。

 

 

blog.goo.ne.jp

 

 

深夜まで友達と酒を飲んだ後に、朝を迎え、

議員を送ったあとの帰りに事故みたいです。

 

 

 

宮城県の領域は、

当方への犯罪の数々で崩壊しましたね。

こちらは賠償金を受ければ、あとは用は無いです。

ヤクザと楽しくやってください。

 

 

 

 

8月10日(はちがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から222日目(閏年では223日目)にあたり、年末まであと143日ある。

610年 - ムハンマドの前に大天使ジブリールが現れ、最初の神からの啓示を与える(伝承による日付)。

 

1675年 - イギリス、ロンドンでグリニッジ天文台が着工される。

1793年 - フランス、パリでルーヴル美術館が開館。

1901年(明治34年) - 青森県東方沖を震源とするM 7.4の地震で18人が死亡した。前日にもM 7.2の地震があった。

1941年(昭和16年) - 長野県諏訪市が市制を施行。

1947年(昭和22年) - 静岡県伊東市が市制を施行。


道の日(日本の旗 日本)
1920年8月10日に日本初の道路整備計画が実施されたことに由来。1986年に建設省(現国土交通省)が制定。

8月10日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/8%E6%9C%8810%E6%97%A5

 

 

 

 

 

 

 

0.25mg以上の酒気帯び運転の行政処分

0.25m以上の酒気帯び運転は25点の違反点数が付されます。25点の違反点数は前歴がない方でも免許の取消の対象となりますし、欠格期間も2年となり、重い処罰が用意されています。0.25mg以上の酒気帯び運転は他の違反と同時にしてしまっても点数は25点のままです。ただし、酒気帯び運転で事故を起こしてしまうと、事故の点数は加算されます。

 

0.25m以上 25点

免許の取消し

欠格期間2年

 

 

www.toyoshima-k2.jp

  

 

 

 

Check!

アルコール血中濃度の簡易算出方法

アルコール血中濃度(%)=飲酒量(ml)×アルコール度数(%)÷833×体重(kg)

これは、体内にすべてのアルコールが吸収され、分解されずに血液・体液中に拡散していると仮定した場合のラフな算出方法です。
833=体重に占める水分量(約2/3)とアルコールの比重0.8をもとに算出。

アルコール血中濃度と酔いの状態の目安を下図に示しました。

アルコール血中濃度と酔いの状態の目安

  1. 爽快期
    血中濃度=0.02~0.04%
    酒量
    ビールの場合 ~500ml / 日本酒の場合 ~180ml / 焼酎の場合 ~100ml
    酔いの状態
    さわやかな気分になる・皮膚が赤くなる
    陽気になる
  2. ほろ酔い期
    血中濃度=0.05~0.10%
    酒量
    ビール  500~1000ml / 日本酒  180~360ml / 焼酎 100~200ml
    酔いの状態
    脈拍数が速くなる・理性が薄れる
    体温が上がる
  3. 酩酊初期
    血中濃度=0.11~0.15%
    酒量
    ビール  1500ml / 日本酒   540ml / 焼酎 300ml
    酔いの状態
    気が大きくなる・大声を出す
    怒りっぽくなる・ふらつく
  4. 酩酊期
    血中濃度=0.16~0.30%
    酒量
    ビール 2000~3000ml / 日本酒 720~1080ml / 焼酎 400~600ml
    酔いの状態
    千鳥足になる・何度も同じコトを言う
    呼吸が速くなる・吐き気やおう吐
  5. 泥酔期
    血中濃度=0.31~0.40%
    酒量
    ビール 3500~5000ml / 日本酒 1260~1800ml / 焼酎 700~1000ml
    酔いの状態
    立てない・意識混濁
    言語が支離滅裂
  6. 昏睡期
    血中濃度=0.41~0.50%
    酒量
    ビール 5000ml 超 / 日本酒 1800ml 超 / 焼酎 1000ml 超
    酔いの状態
    動かしても起きない・糞尿失禁
    呼吸麻痺・死亡

 

 

www.takarashuzo.co.jp

 

 

 

武井 俊輔
生年月日 1975年3月29日(44歳)
出生地 日本の旗宮崎県宮崎市
出身校 中央大学文学部史学科
早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程
前職 宮崎交通従業員
楽天従業員
宮崎県議会議員
現職 宮崎県第一選挙区支部
所属政党 無所属→)
自由民主党岸田派
称号 公共経営修士(専門職)早稲田大学
公式サイト 武井俊輔オフィシャルサイト

選挙区 宮崎1区
当選回数 3回
在任期間 2012年 - 現職

選挙区 宮崎市選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年 - 2011年
テンプレートを表示

武井 俊輔(たけい しゅんすけ、1975年3月29日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。外務大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)、宮崎県議会議員(1期)等を歴任。

来歴[編集]

宮崎県宮崎市生まれ。宮崎市立大塚中学校宮崎県立宮崎西高等学校卒業。高校在学中は生徒会役員を務める[1]1993年中央大学文学部史学科に推薦入学。中大在学中は弁論部辞達学会)に所属し、関東地区の大学弁論部の交流・連絡機関である全関東学生雄弁連盟(全関)中央執行委員長を務めた。また大学時代、地元・宮崎県選出衆議院議員米沢隆民社党)の薫陶を受ける。大学卒業後は宮崎交通に入社し、路線バスICカード宮交バスカ」導入を担当した[1]

2003年宮崎交通を退社し、同年2月から8月までシンガポールに留学。同年9月、早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程に入学し、北川正恭筑紫哲也らに師事した[1]2004年7月、勉強会「みやざきみらいフォーラム」を立ち上げる。2005年9月、早大大学院公共経営研究科を修了し、楽天株式会社入社。楽天トラベルに出向し、バスツアー等の観光事業を担当した[1]

2006年11月、宮崎に帰郷。楽天の立候補休職制度(当選後に退職)を利用し、同年12月、宮崎県議会議員選挙に無所属で出馬する意向を表明[1]2007年4月の選挙戦ではボランティア中心の草の根的な選挙運動を展開し、宮崎市選挙区で初当選した。当選後、会派「愛みやざき」を立ち上げ、総務リーダーに就任[1]2011年自民党宮崎県第一選挙区支部長に就任[2]

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙自民党公認で宮崎1区から出馬。民主党前職(国民新党推薦)の川村秀三郎日本維新の会元職の中山成彬らを破り、初当選した(中山は比例復活[3]

2014年12月、第47回衆議院議員総選挙では維新の党の元参議院議員外山斎らを破り、再選[4]

2015年5月、國場幸之助石崎徹と共に「歴史修正主義的なナショナリズムを排除した保守を目指す」ことを掲げた勉強会「過去を学び“分厚い保守政治”を目指す若手議員の会」を立ち上げ、共同代表世話人に就任した[5][6]

2016年8月5日第3次安倍第2次改造内閣で、外務大臣政務官に就任[7]

2017年10月、第48回衆議院議員総選挙で3選。

自民党動画チャンネル「CafeStaカフェスタ)」が配信する番組「ディスカバーワールドin Cafesta」で司会を務めている。

 

武井俊輔 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E4%BA%95%E4%BF%8A%E8%BC%94

 

 

衆院議員秘書が飲酒運転、警察車両に追突する事故

9月30日(月)19時46分 TBS

 
 
 
 
 
 
 

 自民党武井俊輔衆院議員の男性秘書が9月29日、飲酒運転をして追突事故を起こしていたことがわかりました。

 警視庁によりますと、9月29日午前8時過ぎ、東京・千代田区の晴海通りで、自民党武井俊輔衆院議員の男性私設秘書(23)が運転する乗用車が警察車両に追突し、乗っていた男性警部補(40代)が首に軽傷を負いました。

 男性秘書の呼気からは、基準値を超える1リットルあたり0.44ミリグラムのアルコール分が検出されたということで、警視庁は酒気帯び運転などの疑いで任意で事情を聴いています。

 武井事務所によりますと、男性秘書は、9月29日午前2時頃まで、学生時代の仲間などと酒を飲んでいて、午前7時半頃に武井議員を車に乗せて羽田空港に送った後、議員宿舎に戻る途中だったということです。(30日18:00)

衆院議員秘書が飲酒運転、警察車両に追突する事故(2019年9月30日)|BIGLOBEニュース
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0930/tbs_190930_2584183772.html

 

 

 

自民議員秘書が捜査車両に追突 飲酒運転の疑いで任意聴取

 自民党武井俊輔衆院議員(宮崎1区)の男性私設秘書(23)が29日朝、酒気帯び状態で乗用車を運転して警視庁の捜査車両に追突していたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。同庁は、道路交通法違反(酒気帯び運転)と自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで男性秘書から任意で聴取している。

 捜査関係者によると、秘書は29日午前8時10分ごろ、東京都千代田区有楽町の晴海通りで乗用車を運転中、公務中の警部補が運転する走行中の軽ワゴン車に追突した。秘書の車は追突後、数百メートル直進して停車した。警部補は首に軽傷を負った。

 秘書の呼気からは基準値を超える1リットル当たり0・44ミリグラムのアルコールが検出された。調べに対し容疑を認め、「29日未明まで知人と飲酒した後、武井議員を羽田空港まで送り、都心に戻ったところで事故を起こした」という趣旨の説明をしており、同庁が裏付けを進めている。

 武井氏の事務所は「代議士の事務所の職員としてあるまじき行為で、被害者に深くおわび申し上げる。直ちに謹慎させるとともに、厳正に対処する」とコメントした。

自民議員秘書が捜査車両に追突 飲酒運転の疑いで任意聴取 - 産経ニュース
https://www.sankei.com/affairs/news/190930/afr1909300025-n1.html