マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【石川県・詐欺の国発言】農林水産省の農民風情が新幹線で逆上せ上がったからまともに作業も叶わなくなった【無能遺伝子(DNA)に恥の概念は?】

 

 9月23日まとめのニュースです。

 

大方、田名部奈緒子は終わったはずですが、

今月で男性2人が死亡、女性が右足首切断のニュースです。

 

県内のJAは16カ所で、

平成16年、2002年の官製美人局 田名部奈緒子に縋り、

土民石川県が勝ち馬のつもりで錯誤している。

 

「詐欺の国発言」は全てが見切られて、崩壊した。

9月4日は清和会94人のことです。

 

終わったから、馬鹿は逆上せ上がるなと言う戒めでしょうね。

 

解析済めば始末宣言していたし。

馬鹿なりに自覚すればいいですね。

 

 

運に見放されたのは当人らの問題

金で買えない領域と自覚したらいいですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

北陸発

コンバイン事故 石川県内相次ぐ 農機 少ない講習機会

コンバインで稲刈りをする農家=12日、石川県七尾市で(稲垣達成撮影)

写真

 稲刈りが最盛期を迎える中、石川県内で今月、大型農業機械コンバインが絡んだ事故が相次ぎ、男性二人が死亡、女性が右足首を切断する大けがを負った。全国的にも農作業中の事故が後を絶たず、農林水産省はJAや各自治体を通じて注意喚起するが、犠牲者は依然として高止まり。県内で農業機械の安全講習会を毎年開いているJAは全十六カ所のうち半数以下の七カ所にとどまっている。(稲垣達成)

 今月四日、白山市西米光町の田んぼで、稲刈り作業をしていた男性(69)が死亡。一緒に作業していた男性が乗ったコンバインに接触した可能性があるという。翌五日には七尾市中島町の駐車場で男性(71)がコンバインをトラックの荷台に積もうとした際に転落し、亡くなった。足場が外れ、運転席から投げ出されたとみられている。

 「機械は凶器。いつでも悲惨な事故が起こることを想定した対応が必要」。東京農工大の渋沢栄教授(農業環境工学)は指摘する。

 農水省がまとめた二〇一七年の調査によると、〇八~一七年の十年間で、農作業中の死者数は〇九年の四百八人をピークに毎年三百人以上が死亡。一七年は死者三百四人のうち、約七割の二百十一人が機械に関わる事故で亡くなった。

未実施、不定期開催地も

 こうした事態を受け、農水省は九、十月を安全対策の重点期間とし、関係機関に注意喚起するよう促す。ただ、岩手大の武田純一教授(農業環境工学)は「農業機械については講習が少ないのが実情」と明かす。

 県内では農機の展示会などに合わせ、七つのJAが毎年組合員を対象に安全講習を催す一方、半数以上が講習を実施していなかったり、不定期であったりと地域によって実態はさまざま。武田教授は「まずは法人や生産組織で定期的な講習を行うことが大事」と強調する。

 石川県中能登町の農業男性(68)は「わしは昔からやっとるで講習は(なくても)大丈夫だよ」と話しつつも、「ちょっとでも操作ミスすると危ないでね。安全講習をやっとるなら参加しとるやろうな」と話す。

 かつては多くの従事者が同じ時期に作業し、見守る目もあったが、それが薄れている現状もある。悲惨な事故を繰り返さないために、渋沢教授は「古い農機具や整備されてない作業環境、講習を受けてない作業者が、いつまでも放置されないことが必要で、総合的な安全管理を」と説く。

死者の8割 高齢者

「慣れや油断 事故起こす」

 石川県内で相次ぐコンバイン事故。死傷者三人はいずれも六十五歳以上の高齢者だった。県農業協同組合中央会(JA県中央会)によると、農業就労年数と事故との関係を示したデータはないが、担当者は「慣れや油断が事故を起こしている」とみる。

 農水省によると、二〇一七年に農作業中に亡くなった人の84・2%が六十五歳以上。農業従事者の高齢化も相まって、過去十年間では毎年、高齢者が死者全体の八割程度を占めている。

 事故防止のため、識者は定期的な講習の必要性を説く。県中央会の担当者も「ポスターや回覧物よりも、講習の方がインパクトがあると思う」と指摘。「地域ごとに事情はあると思うが、これを機に講習を行い、組合員も参加してほしい」と話している。

 

コンバイン事故 石川県内相次ぐ 農機 少ない講習機会:北陸発:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web)
https://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2019092302100019.html