マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【芸能界・指揮棒】ホンダ・タクトは2002年に生産終了。フナブ・クー13年後の2015年に復活して2018年にヤマハにJOGとして流した。2018年は16年後であり平成16年が2002年官製美人局・田名部奈緒子【1998年3月20日・上野動物園開園】

 

 ホンダですので。

気持ちが悪いですね。

 

2000年頃に、Live Dio ZXを買ってしまったんですよ。

 

この時の納車で、メインキーの鍵が壊れていた。

その時点で返品して無視すれば良かったと

当時は後悔していますね。

買ったのは規制前の7.2PSシルバーです。

 

こいつは、JOG ZRに劣る大したもんでは無かった。

当時はデザインだけでした。

大失敗と悔やんだ一品ですね。

 

私は7.2PSは何台も乗りましたが、

こいつは大したもんじゃないですね。

 冬場のエンジン始動不良も、このDioだけだし、

問題がありました。

 

wonderful-berry.at.webry.info

bbs.kakaku.com

 

 

被るエンジンは、使い方がめんどくさいです。

 

 

現行ではFIなのでシステムは違いますが、

当時は売りもんではないでしょ。

 

サス、アルミホイール、ディスクブレーキはいいが、

セルはとっとと壊れたし、

ウエイトローラーも壊れやすいね。

 

加速では明らかにJOGに負けると思っていますが・・。

 

 

 

 

車輌プロフィール

1994年に登場した新型ディオ(ライブディオ)は、88年から続くディオシリーズの3世代目となる原付1種スクーターだった。そのライブディオに用意された3タイプの中で、最もスポーツ性が高かったのが、ディオZX(ライブディオZX)。49ccの空冷2ストエンジンは、当時の原付1種クラスの自主規制値いっぱいの7.2psを発揮。リッター換算で146psにもなるハイパワーユニットで、油圧ディスク式のフロントブレーキや、くさび状(ウェッジシェイプ)のスポーティなフォルムもあいまって、若いライダー層にとって憧れのスクーターとなった。ZXの読みかたについては、登場時のメーカーリリースによれば「ジーエックス」とルビがふられていたが、メインターゲットとなった若いライダーからは「ゼックス」と呼ばれることが多かった。96年12月発売のモデルでマイナーチェンジを受け、タンク容量を6リッターに拡大。98年にはホンダの50周年を記念する限定モデルが、2000年にはスケルトンカラーが設定される(iMac G3の影響?)などしながらモデルライフを重ね、2001年3月のマイナーチェンジ(キーシャッター装備など)のあとのカラーチェンジ(9月)を最後に、モデルライフを終えた。2000年代は、原付スクーターでも4スト化が進んでおり、ディオシリーズにも、水冷4ストエンジン搭載のスマートディオ(2001年3月)が登場していた。スマートディオのスポーティルックなモデルとしては、2002年にディオZ4(ズィーフォー)が設定された。ちなみに、「ディオ」の車名は、ギリシア神話における全知全能の神・ゼウスの双子の息子(dioskuroi)に由来した。

 

www.bikebros.co.jp

 

 

現行のホンダ・タクトは、

液晶付きの電子メーターです。

 

私はZXの後に買ったのが、

ヤマハ・リモコンJOG ZR エボリューションですが、

それと似たメーターですね。

 

ZRの方がいいマシンです。

 

 

 

スクーターレーサーの視点から見たJOGとDioの違い


ここでは、「JOGとDioはどう違うのか?」ということを、
私がメインで参戦している「FNクラス」を例に出してJOGとDioの比較をしてみます。

※私はSUZUKI車についてはほとんど分かりませんのでご了承下さい

さて、このクラスで主流なのは、3YK型JOG-Z&ZRかライブDio-ZXですね。

比率的にはJOG:Dioで8:2といった所です。

JOGはヤマハエンジン特有のレスポンスの良さと高回転型の特性で、ストレートはDioより速いです。

Dioはドライブフェイス等が重いため?にトルクのあるエンジン特性です。しかしフォーク、フレーム剛性はJOGよりはるかに上です。

以上がFNクラスのマシンの特徴となります。

(実質規制前JOGのワンメイクレースとなっていますが…)

 

www.neginoleader.com

 

 

 

 

それで、下記の動画を観て失笑したのは、

走っていないのにメーターが上がるんですよ(笑)

アクセル吹かして30km/hになっているので、

スピードメーターではなくて、

タコメーターかよと笑いました。

 

ホンダって元からおかしいんですね。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

機能と見やすさを両立したメーター。

https://www.honda.co.jp/TACT/assets/images/equipment/image-08.png

Photo : タクト・ベーシック

 

 

www.honda.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホンダ・タクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 
 
ナビゲーションに移動検索に移動

タクト (TACT) は、本田技研工業が製造販売するオートバイである。

 

 

BB-AF51[編集]

1998年3月20日発表、同年4月17日発売の7代目モデル[27]。平成10年自動車排出ガス規制ならびに騒音規制に適応させたため識別記号BB-が付く。A-AF30/AF31型からは以下の変更を実施[27]

  • バリエーションをタクト・タクト スタンドアップに集約
  • 全モデル前輪油圧式シングルディスクブレーキとし前後輪連動のコンビブレーキに変更
  • 燃料タンク容量を6.0Lへ増量
  • 搭載エンジンは引き続きAF24E型とされたがマフラー三元触媒を内蔵させた上で本モデル用にシリンダーポートタイミングならびに点火時期調整により出力特性を変更
  • 圧縮比6.8・最高出力5.2ps/6,500rpm・最大トルク0.59kg-m/6,000rpm

1999年1月27日発表、同月29日発売で特別カラーを施した2,500限定のスプリングコレクションを追加したが[28]1997年本田技研工業二輪車エンジン4ストローク化方針[29]を発表しており、本モデルは2002年に生産終了した。

JBH-AF75[編集]

 
JBH-AF75型タクト

2015年1月16日発表、同月23日発売の8代目モデル[30]。原付スクーター市場の再活性化を目指すにあたり原点に立ち返りネーミングを復活させたモデルで[30]、JBH-AF74型ダンクと基本コンポーネンツを共用する姉妹車。このためダンク同様に製造はベトナム現地法人ホンダベトナムHonda Vietnam Co., Ltd.)が行い、本田技研工業が輸入事業者となり販売された。

搭載されるAF74E型水冷4ストロークSOHC単気筒エンジンは、徹底的な低フリクション化を実施し、さらに省燃費性能を向上させたeSP[注 11]を採用。内径x行程=39.5×40.2(mm)・圧縮比12.0・最高出力4.5ps〔3.3kw〕/8,000rpm・最大トルク0.42kgf・m〔4.1N・m〕/7,500rpm・30㎞/h定地走行テスト値80.0㎞/L・WMTCモード値56.4(クラス1)のスペックを発揮する[30]。また燃料供給も従来のキャブレターからPGM-FI電子式燃料噴射装置へ変更された。

スタンドアップを廃止。アイドリングストップ機構を装備するシート高720mmとしたタクトアイドリングストップ機構を省略したシート高705mmのタクト ベーシックがラインナップされた[30]

JBH-AF79/2BH-AF79[編集]

2016年2月5日発表、同月12日発売[31]。生産拠点を熊本県菊池郡大津町の熊本製作所へ移管による型式変更で併せてカラーリング変更を実施した[31]

2017年10月16日発表、同月17日発売[32]。2016年7月1日に施行された欧州Euro4とWMTCを参考とした規制値および区分[33]平成28年自動車排出ガス規制[34]に適応させたマイナーチェンジで、型式を2BH-AF79へ変更した上でカラーリング変更を併せて実施した。

派生車種

 

ヤマハ・ジョグ[編集]

2018年3月15日発表、同年4月25日発売[38]。2016年10月に発表された本田技研工業ヤマハ発動機の原付一種領域における業務提携による2BH-AF79型のヤマハ発動機向けOEM[39]。型式名は2BH-AY01。熊本製作所が製造を担当。詳細はヤマハ・ジョグも参照。

 

ja.wikipedia.org

  

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com