マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

現行で「ヤマハ・4st JOG CE50」に乗っています。これがヤマハ原付のラストです。あとはホンダ生産なので乗る価値も無い

 

 下記が現行で私が乗っている車種ですね。

色は違います。

  

 

 

  こいつは、燃料ポンプとかで多少トラブルがあるらしいですが、自分が乗った限りでは、良い出来ですね。

 

冬場もエンジンは一発ですし、

冷えていてもアイドリング停止もしないですね。

 

 

新車で回せば、65km/hピッタシです。

速度制御もきっちりですね。

 

ベルトが減れば、最高速度も落ちますね。

 

ホンダと違い、駆動系もいいと思います。

私の経験です。

 

 

そして、ヤマハが撤退でホンダに生産を移管。

発売日は三塚博の命日である4月25日。

 

これって秋葉けんや原付ですね(笑)

 

発表は3月15日みたいで、涅槃会でした。

釈迦の他界です。

 

どうでもいいですが、こちらが乗る理由が無いですね。

未来永劫外します。

 

 

 

 

 

 

CE50(SA36J / SA39J, SA55J / SA56J, SA57J / SA58J)[編集]

 
JOG CE50(2008年式)

2007年10月発売。[8]自動車排出ガス規制強化によりエンジンVOXをベースとした水冷4ストロークSOHC3バルブエンジンに変更され、燃料噴射装置触媒なども装備されている。 メーターは先代が電気式のデジタルディスプレイだったのに対して機械式のアナログメーターへと変更されている。また、ヘッドライトバルブは先代後期型と同じくらいph12、ヘッドライトは先代と同じ為、ヘッドライトを移植すればPH7バルブへ変更可能なため、led化などのカスタムの幅が広がる。最高出力は3.1kW(4.2PS)。なお前輪ディスクブレーキ装備の上級モデルであるJOG Deluxeジョグデラックス)も同年12月に追加され、2009年1月15日には派生車種となる ZR が発売された[9]

2015年10月のマイナーチェンジにより燃費と出力が向上し、型式が変更される[10]。最高出力3.3kW(4.5PS)、燃料消費率69.7km/L(国土交通省届出値)。型式は「ジョグ」「ジョグプチ」がSA55J、「ジョグデラックス」「ジョグZR」がSA56Jになった。

2017年8月のマイナーチェンジでは平成28年環境規制への対応によるエンジンセッティングの変更と車体の一部改良が行われる[11]。また型式も変更され「ジョグ」「ジョグプチ」がSA57J、「ジョグデラックス」「ジョグZR」がSA58Jとなる。

ヤマハが自社生産したジョグはこのモデルが最後となった。

2BH-AY01[編集]

2018年4月25日発売。2016年10月に発表された本田技研工業との業務提携により[12]ホンダ・タクト(2BH-AF79)の外観を変更したモデルをヤマハが「ジョグ」として発売することとなった[13]。生産はホンダ熊本製作所で行われる、いわゆる「OEM供給」となる。外観以外の走行性能はタクトとほぼ同一で、ヤマハの原付一種としては初となるアイドリング・ストップ・システムを搭載したモデルも発売された。

 

ja.wikipedia.org