マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【排斥済み】9月12日 宮城県岩沼市「竹駒神社(狐 安倍晴明 陰陽師)」で抜穂祭が行われる

 

 

 9月12日のニュースです。

 

9月12日は神道政治カレンダーで整理しましたが、

別に相手にしていない年表ですので。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

現行で、私は宮城米は食べていないので、

また私は自分で一度も竹駒神社に参拝していないのも特徴ですね。

 

だから、穂の収穫祭について私は関係していません。

他の土地の食べたいと言うお米が物流で手に入れられる時代になったわけですね。

 

 

神社は文明開花前の宗教です。

過去は舗装道路整備と輸送機械の技術が無かったので、

他の土地に米を運ぶことが困難だった。

 

だから飢饉になれば土地の民が死んでしまう。

そのために熱心な神社崇拝の文化が過去に存在した。

命に関わる問題だったからですね。

 

 

結局、現在の台風でもそうですが、

ニュースの中で神社の話が出てくるか?

社の被害ではなく、神職がどのように活躍しているか?

観るのはそこですね。

 

結局、普段は仕事がない自衛官が、国に税金で雇われているので、

色々と雑用をしているだけですね。

 

自衛隊は有り難いと国民は支持していると思うが、

別に自衛隊は公務員で切迫した仕事がないから、

転用が効く人材ですね。

 

災害が発生したとき、

神社神職の無力さ、無能さ、別に参拝する価値はなしと判断できる。

最初からこの平成では要らない奴ら。

無くても全く問題は無い。

 

 

 

 

 

 

 

竹駒神社(たけこまじんじゃ)は、宮城県岩沼市中心部にある稲荷神社である。旧社格は県社で、第二次大戦後神社本庁別表神社となった。

別名竹駒稲荷とも呼ばれ、旧称は武隈明神(たけくまみょうじん)。日本三大稲荷の一つとされることがある[1]。毎年正月三が日には、陸奥国一宮鹽竈神社東北地方で一、二を争うほどの初詣客が訪れることで知られる。

 

 

竹駒神社
Takekoma-jinjya karamon.jpg
唐門(宮城県指定有形文化財
所在地 宮城県岩沼市稲荷町1-1
位置 北緯38度6分18秒
東経140度51分44.4秒
 
主祭神 倉稲魂神
社格 県社別表神社
創建 (伝)承和9年(842年)
本殿の様式 三間社流造
別名 竹駒稲荷
(旧称)武隈明神
例祭 3月21日
地図
竹駒神社の位置(宮城県内)

 

祭神[編集]

倉稲魂神(うかのみたま・稲荷神)を主祭神とし、相殿に保食神(うけもち)・稚産霊神(わくむすひ)を祀る。「竹駒稲荷大神」とも呼ばれるこれら三柱の神々は、人間生活の基礎である衣食住を守護する神々として崇敬されている。

 

歴史[編集]

社伝では、承和9年(842年6月小野篁陸奥国司として赴任した際、伏見稲荷勧請して創建したと伝える。後冷泉天皇の治世(1045年 - 1068年)に陸奥国を歴遊中の能因が、竹駒神社の神が竹馬に乗った童の姿で示現したとして、当社に隣接した寶窟山にを結び、これが後に別当寺の竹駒寺となり山号の由来となった。戦国時代には衰微していた当社に伊達稙宗が社地を寄進するなど、伊達家の崇敬を受け発展した。文化4年(1807年)には正一位神階を受けた。

もともと岩沼の地には武隈館(または陸奥館、後の鵜ヶ崎城)と呼ばれる館があり、藤原元良源満仲橘道貞橘孝義といった歴代の陸奥守が住んでいた事が「奥儀抄」や「袖中抄」に書かれており(「竹駒神社縁起記」)[2]小野篁がこの地に創建した関連が見てとれる。

明治政府の神仏分離により、明治2年(1869年)、竹駒寺は少し離れた現在地に移転し、真言宗智山派となった。この際、国家神道の流れの中で、明神思想に基づく、武隈明神が否定され、これ以降、稲荷神が主祭神とされた。明治7年(1874年)、竹駒神社は県社に列格した。

かつての社殿は、1710年仙台藩の5代藩主伊達吉村によって造営されたもの[3]で、市の文化財に指定された[4]が、平成2年(1990年)11月21日未明、革労協の放火により焼失し[5][6]、平成6年(1994年)に再建された[7]

「竹駒」という社名は、現岩沼市域の旧称「武隈」の転訛であり、もともとは、市内を流れる阿武隈川に由来する。

 

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

 

 

 

宮城のニュース

厳かに実りに感謝 竹駒神社で抜穂祭

初穂を丁寧に引き抜く村田宮司(右)ら

 宮城県岩沼市竹駒神社で12日、境内の神田「穂徳田(すいとくでん)」から初穂を収穫する抜穂(ぬきほ)祭があり、神職らが豊かな実りに感謝した。
 神社役員ら約40人が参列。約5アールの神田を清め、村田守広宮司祝詞を奏上した後、参列者や早乙女姿のみこらが、たわわに実ったひとめぼれの稲穂を1本ずつ丁寧に引き抜いた。農業用水の恵みに感謝する「水口(みなくち)の儀」もあった。
 今年は7月の日照不足で稲の生育が心配されたが、収量は例年並みの約300キロとなる見込み。収穫した稲は11月23日の新嘗(にいなめ)祭で神前に供えられる。

 

厳かに実りに感謝 竹駒神社で抜穂祭 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201909/20190913_15016.html