マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【神が居ない出雲大社48m】9月12日 自民党・宮川典子衆院議員が死去 40歳【男女共同参画】

 

 9月12日のニュースです。

 

山梨県宮川典子議員が乳癌で他界したそうです。

 

5か月前の4月1日にはタクシーに跳ねられて、5月6日に退院したそうで、

既にその時点で癌ですか。

 

人間、どんな災いが突如出て来るか分からないですね。

 

他界時間は、午後8時25分であり、

1960年8月25日  ローマ・オリンピックの日ですね。

 

 

 

 

【自虐漫才タイフーン(笑)】【108神田明神・明治神宮】台風15号は、関東だけを狙ったゲリラ台風だったらしい【第48番出雲大社・ファクサイ・ラオス女性の名前】【男女共同参画自己崩壊(笑)】

  

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

  

 

 

宮川 典子(みやがわ のりこ、1979年(昭和54年)4月5日 - 2019年(令和元年)9月12日 )は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(3期)、文部科学大臣政務官第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)。

 

宮川 典子
みやがわ のりこ
生年月日 1979年4月5日
出生地 日本の旗 山梨県山梨市
没年月日 2019年9月12日(40歳没)
死没地 日本の旗 東京都
出身校 慶應義塾大学文学部人間関係学科
前職 高等学校教員
所属政党 自由民主党麻生派
公式サイト 衆議院議員 宮川典子

選挙区 山梨1区→)
比例南関東ブロック
当選回数 3回
在任期間 2012年12月18日[1] - 2019年9月12日

 

来歴・人物[編集]

山梨県山梨市生まれ。山梨市立日下部小学校、山梨英和中学校山梨学院大学附属高等学校(現・山梨学院中学高等学校)卒業。2002年(平成14年)に慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、教師として母校でもある山梨学院大学附属中学高等学校に英語教師として勤務。5年間務めた後、2007年(平成19年)に退職し、松下政経塾に入塾[2]

入塾中に自民党山梨県参議院選挙区第2支部長に就任[2]。卒塾した2010年(平成22年)には、自民党公認候補として第22回参議院議員通常選挙山梨県選挙区から立候補。民主党現職・輿石東に3700票差で敗れ、落選した。

その後は、自民党山梨県第1選挙区支部長に就任し[2]衆議院に転出、2012年平成24年)の第46回衆議院議員総選挙山梨1区から出馬。元環境大臣民主党から日本維新の会に鞍替えした小沢鋭仁を破り初当選[3]

2014年平成26年)、第47回衆議院議員総選挙に山梨1区から立候補し、民主党公認の中島克仁に敗れるも、比例復活で再選。

2017年(平成29年)8月、第3次安倍第3次改造内閣において文部科学大臣政務官教育の再生、文化の振興を担当)に就任。2017年(平成29年)の第48回衆議院議員総選挙では比例南関東ブロック自民党単独候補1位で立候補し3選[4]

2019年(令和元年)9月12日、乳がんのため、都内の病院で死去[5]。40歳没。

 

ja.wikipedia.org

 

自民・宮川典子衆院議員が死去 40歳

宮川典子・衆院議員(矢島康弘撮影)
宮川典子衆院議員(矢島康弘撮影)

 自民党衆院議員の宮川典子(みやがわ・のりこ)氏が12日午後8時25分、乳がんのため、東京都内の病院で死去した。40歳。葬儀・告別式は未定。

 宮川氏は昭和54年、山梨県生まれ。慶大卒業後、母校である山梨学院付属中学・高校の教師、松下政経塾などを経て平成24年12月の衆院選に山梨1区から出馬し初当選。29年8月から昨年10月まで文部科学政務官を務めた。

 女性の政治進出にも取り組み、国政選挙や地方議会選の候補者数をできる限り男女均等にするよう政党などに努力義務を課す「政治分野の男女共同参画推進法」の成立にも尽力した。

 29年10月の衆院選では比例南関東ブロックの単独1位で3選を果たした。宮川氏の死去により、自民党の同ブロック名簿の次点が近く繰り上げ当選する見通し。

 

自民・宮川典子衆院議員が死去 40歳 - 産経ニュース
https://www.sankei.com/politics/news/190912/plt1909120037-n1.html

 

 

 

自民・宮川典子衆院議員はねられ入院 回復し活動再開

宮川典子衆院議員
宮川典子衆院議員

 自民党宮川典子衆院議員(40)=比例南関東=が東京都内で交通事故に遭い、1カ月余り入院していたことが分かった。6日に退院し、政治活動を再開した。

 宮川氏によると、4月1日午後、東京都心部でタクシーを降りた後、後ろから来た車にはねられて路面で頭を打ち、救急車で都内の病院に運ばれた。診断の結果、脳のむくみが見られたため、そのまま入院したという。

 同月2日付で衆院文部科学委員会の理事を辞任した。回復したため今月6日に退院したが、今も腰の痛みが残っているという。宮川氏は「一定の快方を見たので復帰した。無理をせずに元気に頑張りたい」と話している。

 次期衆院選をめぐって、山梨1区で宮川氏と中谷真一氏(比例南関東)のどちらが自民党支部長に就任するかが焦点となっており、宮川氏の健康状態が注目される。

 

自民・宮川典子衆院議員はねられ入院 回復し活動再開 - 産経ニュース
https://www.sankei.com/politics/news/190509/plt1905090014-n1.html