マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【2011年震災施設(笑)】9月9日 仙台市とイタリアパラリンピック委員会が、東京パラリンピックに出場するイタリア代表の事前合宿に関する協定を締結

 

 9月9日のニュースです。

 

今回の仙台市の締結した事前合宿の体育館である宮城野体育館

この土地は東仙台駅から近い場所であり、

私は過去に東仙台中学校に在席していたので、

この界隈は私が行った場所です。

 

しかしながら体育館そのものに私が行ったことはなく、

特に地理を確認すれば諏訪神社」が鎮座している。

一種の自民党の諏訪思想であり、私には全く関係は無いと断言出来ます。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

住所は、「新田東4丁目1-1」とされ、守護数4と太陽活動11年と言う、

住所も辺鄙な数字ですね。

 

まぁ、こちらは完全スルーでよいものです。

 

郵便番号は、0039になっています。

これは、1972年ベースだと、1972+39=2011年ですね。

 

もう一度ぶっ壊れて海の藻屑になってくださいと言う暗示ですね。

何も懲りてない(笑)

 

 

 

7月24日(しちがつにじゅうよっか、しちがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から205日目閏年では206日目)にあたり、年末まであと160 日ある。誕生花はエンレイソウオシロイバナ

 

721年(養老5年6月26日) - 信濃国を分割して諏訪国を設置。

1969年 - アメリカの月宇宙船アポロ11号が地球に帰還。

2002年 - 自民党有志(例外的に夫婦の別姓を実現させる会)、家裁の許可を要件とする例外的夫婦別氏制度(いわゆる家裁許可制)の民法改正案を自 民党法務部会に提出。

2010年 - 石川県珠洲市が地上波アナログテレビ放送を中止し、地上波デジタル放送に完全移行。

予定
2020年 - 第32回夏季オリンピック東京大会の開会式が開催される。

7月24日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/7%E6%9C%8824%E6%97%A5

 

 

9月9日(くがつここのか)はグレゴリオ暦で年始から252日目(閏年では253日目)にあたり、年末まであと113日ある

 

世界占いの日(日本の旗 日本)
日本占術協会が1999年に制定。

この日が「重陽節句」であること、

ノストラダムスの終末の予言の日が1999年9月9日とされていたこと、

制定した 1999年9月9日の数字を全部合計すると46で、

46の2つの数を足せば「完成」を意味する10になること、

明治4年9月9日に時間の数え方を西洋式に改めた
こと、この日が「救急の日」で占いは運命の救急であるとのことから。


9月9日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/9%E6%9C%889%E6%97%A5

 

 

 

 

宮城野体育館

022-231-1221
〒983-0039 宮城県仙台市宮城野区新田東4丁目1-1

 

f:id:masafree:20190911004807p:plain

www.its-mo.com

 

 

 

宮城のニュース

東京五輪・パラ>事前合宿で仙台市と伊協定 交流事業など5項目

協定書を手に握手するスターラ事務総長(左)と天野局長

 仙台市とイタリアパラリンピック委員会は9日、2020年東京パラに出場するイタリア代表の事前合宿に関する協定を締結した。市は選手が市内で行う合宿を受け入れ、選手らは市民との交流事業に参加するなど5項目を盛り込んだ。
 青葉区のホテルで締結式があった。同委員会のユリ・スターラ事務総長は「最先端の施設を提供してもらい感謝している。選手はきっと素晴らしい場所と実感するはずだ」と語った。
 天野元・市文化観光局長は「最高のパフォーマンスを発揮できるようサポート態勢をしっかり整えたい」と、郡和子市長のメッセージを代読した。
 事前合宿は20年8月、宮城野体育館(宮城野区)を拠点に実施する。既に出場権を獲得したシッティングバレーボール女子など最大9競技の選手、スタッフら150人を受け入れる。


2019年09月10日火曜日

 

東京五輪・パラ>事前合宿で仙台市と伊協定 交流事業など5項目 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201909/20190910_11045.html