[PR]

 7月に打ち上げられたインドの無人月面探査機チャンドラヤーン2号」が7日未明(日本時間同早朝)、世界で4カ国目の月面着陸を試みる途中で地上との交信が途絶えた。モディ首相は「新たな夜明けはすぐに来るだろう。科学に失敗はない。あるのは挑戦と努力だけだ」と述べ、着陸に失敗したことを事実上示した。

 月面着陸は、成功すればインドとしては初で、世界では旧ソ連、米国、中国に次ぐ4カ国目となるはずだった。難しいとされる月の南極付近への着陸を目指しており、成功すれば世界初だった。

 インド宇宙研究機関(ISRO)によると、現地時間7日午前2時ごろ(日本時間同5時半ごろ)、月面の上空2・1キロ付近まで降下したところで交信が途絶えた。ISROは「データを分析中だ」としており、正式には着陸が失敗したとは発表していない。

 

 

 

 

交信途絶えたインドの月面探査機 首相、着陸失敗認める:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM970V81M96UHBI04F.html