マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

支倉常長はスペイン帝国のスペイン人と会っていたはずなのに、仙台市役所は後からマヤ・アステカ神話を盗み、組織に思想として取り入れた

 

 

 

そもそも、サン・ファン・バウティスタ

過去に到着した土地は、

場所は同じでもメキシコではない。

アステカ帝国でもない。

だから出迎えたのはメキシコ人ではない。

当時の現行のメキシコが出来る前に支配していた

スペイン人ですね。

なので現地に居る肌が白いスペイン系のメキシコ人です。

 

もうヌエバエスパーニャは存在しないんですね。

時代錯誤の人間が、亡国に訪問とか、

理解出来ないかな。

 

 現実、支倉常長が会ったのはスペイン人だし、

なんで仙台市役所はスペイン帝国と交流していないのだろう。

意味不明ですね。

 

少なくても、支倉常長の所行は、

マヤ・アステカ文明とは全く違う場所に行ったし、

その話は仙台には来ていないはず。

 

あとから仙台市役所は、

現地の思想を盗まないで欲しい。

 

 流石、JOCの佐野エンブレムと同じで、

仙台市役所は泥棒そのものだな。

 

あとから卑しい仙台市役所は、宮内庁を通して、

乞食の方法、物もらいの方法を覚えたのであろう。

 

大方、当時もソテロは霊媒エネルギー目当てでの、

伊達政宗への説得であろう。

 

大方は当時も伊達は私の家系のエネルギーを盗んでいたと思われ、

今回の伊達による悪魔の所行は看過できない重大な問題であろう。

 

ここまでの盗人集団も珍しい。