マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

こちらは常に犯罪者の駆逐。こちらに発言をしているのは全ては「カルト宗教」の妄言に過ぎない。全ては犯罪でしかない

 

 現行では、私はゼロにして、たた私の領域を荒らす輩の駆逐だけですね。

そこで、個々の財産が守られる、維持されるわけです。

領域と言うのはとても大事だし、個々が尊重しなければならないものだ。

私は犯罪者に対しては、「正当防衛」しかしない。

 

本末転倒した犯罪者の土地とはこんな土地でしょうね。

 

108煩悩の土地のくせに、「本末転倒」の起源すらしらなそう。

犯罪の土地が仏教の力を借りた気になるなと言いたいですね。

 

現行では108万都市ではなく、109万都市になった。

ここは108帽脳の土地ですらなくなった、109東急の女の土地では?

 

仙台市は、過去の「宝塚市」の様に、

女性がスターとなり栄える街になればいいと思いますよ。

 

私はただ捨てたいだけ。

全く関係は無いです。

 

 

国が人権を主張するのであれば、

他人のプライベートにはそう易々と触れることが出来ないのは当然のこと。

常に通報対象だ。

 

蛆が自分がまともだと思わないことだ。

 

 基本、異性でも合わなければ次に進むだろうし、

仙台の官犯罪は、女を延々ストックしているカルトの脳障害の土地ですからね。

病気の官が経営している。

 

日本で最も劣った土地だ。

 

  

 

 

宮城のニュース

仙台市人口が109万突破 8月1日時点、今後は減少局面に

 仙台市の推計人口が1日時点で109万34となり、109万を初めて突破したことが6日、分かった。東日本大震災後に続く近隣自治体からの転入増加が主な要因。市の将来人口推計では、2020年度ごろをピークに減少に転じるとみられ、右肩上がりの人口増は間もなく終息する。
 市によると、7月の人口動態は出生688人、死亡715人で27人の自然減となった一方、転入5550人、転出4811人、その他の減9人と730人の社会増だった。差し引き703人の増加となり、109万人を超えた。
 8月1日時点の区別人口は青葉31万1125、宮城野19万6476、若林13万8366、太白23万586、泉21万3481。男女別は男が53万32、女が56万2となった。
 1989年の政令市移行後の市人口の推移はグラフの通り。
 泉市、宮城県宮城町、同県秋保町との編入合併を経て人口91万で政令市の歩みを始め、99年5月に100万の大台を突破。震災後の2011年11月に105万を超え、12年12月に秋田県を上回った。15年10月に108万に到達し、18年11月には山形県を抜いた。
 30年間、増加の一途だった市人口も今後は減少局面に入る。17年以降、少子高齢化に伴う自然減が年々拡大し、社会増を上回るのも時間の問題とされる。泉区は5区で最も早く人口減少に転じている。
 市政策企画課の松田智子課長は「地元企業の成長支援や企業誘致、子育てしやすいまちづくりに力を入れ、若い世代の定着を促す取り組みも進め、影響を最小限に抑えたい」と話す。


関連ページ:宮城社会

2019年08月07日水曜日

 

 

 仙台市人口が109万突破 8月1日時点、今後は減少局面に | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201908/20190807_13020.html