経済学の古典、アダム・スミスの『国富論』には「神の見えざる手」という有名な言葉がある。この言葉をどう理解しているだろうか。もし「経済はすべて市場に任せるべきだ」「すべて市場に任せておけば社会は豊かになる」と理解しているとすれば、それは誤解だ。元国税調査官大村大次郎氏が『国富論』を「超訳」で紹介する――。

※本稿は、大村大次郎超訳国富論」――経済学の原点を2時間で理解する』(KADOKAWA)を再編集したものです。

経済学の古典「国富論」とは?

イギリスの倫理学アダム・スミスが書いた経済学の古典書として知られる「国富論」。経済学を学んだ人だけではなく、中学校・高校で歴史の授業を真面目に受けていた人なら、一度は耳にしたことがあるはずだ。世にいう「経済学」というもの自体がそもそも、ここから始まったとさえいえる“経済古典”だ。

超訳国富論」』(大村大次郎著・KADOKAWA刊)

この国富論が、実は現代において大きく誤解されている。

国富論というと、「経済はすべて市場に任せるべきだ」という主張が書かれているかのようなイメージを持たれているのだ。

国富論には、「神の見えざる手」(原書に「神の」という記述はないが、戦後の日本の経済学者が好んで使用し、今ではこの訳が一般的になっている)という有名な文言がある。

「個人個人が自分の利益を追求することによって、神の見えざる手に導かれるかのように社会全体の利益にもなっている」――と記されているのだ。

この「神の見えざる手」というフレーズだけを切り取って、国富論は「経済の自由放任主義を説いたもの」「すべて市場に任せておけば社会のためになるという論」と捉えられがちなのだ。

昨今の強欲資本主義の信奉者たちも、アダム・スミスの「神の見えざる手」という言葉を引用することが多い。「経済は自由にさえしていれば、社会は豊かになる」というのである。

しかし、それは「国富論」で説かれている本来の主旨からはかなり逸脱しているのである。

どうやれば国民が豊かになれるか?

国富論は、正式な名称は、

「An Inquiry into the Nature and Causes of the Wealth of Nations」

である。直訳すると「国富の性質と原因の調査」ということになる。

内容は、近年の経済学説のように一つの理論で経済のすべてを説明しようとしているものではない。当時の経済問題を一つひとつ取り上げ、それに対しておのおのの最善の処置を説いているものである。

1つの原理原則にこだわらず、柔軟に問題解決を図ろうとしているのも、国富論の特徴である。

例えば国の過度な経済規制に関しては「個人の私利私欲を尊重すべき」と主張し、独占権益の問題に対しては商人の強欲さを批判し、また労働者の賃金問題においては、経営者にモラルを求めたりしているのだ。

これらの中には一見、矛盾しているように思われる部分もある。しかし、経済問題というのはそもそも複雑なものなので、一つひとつの問題に対して、それぞれに合った解決方法を見つけ出すというのは、自然なことだともいえる。

むしろ、複雑な経済問題のすべてを、ある単純な1つの方法で解決しようとしてきた後年の経済学説のほうが、よほど非現実的で本質的な矛盾をはらんでいるといえる。

国富論には、全編に共通している一つの原理原則がある。

写真=iStock.com/Liderina

それは、「国民全体が豊かにならなければ、国は豊かにならない」というものだ。しかもこれは理論というより、「最低限の常識」「当たり前の前提条件」として、国富論の中では扱われている。

これを前提として、「国民全体を豊かにするにはどうすればいいか」という主旨で国富論は書かれているのだ。

私利私欲や市場原理が大事だと述べているのも、この最終目的を果たすための便法の一つとして提示しているにすぎないのである。

「最低限のモラル」は大前提

国富論を理解する際に、まず念頭に置いておかなくてはならないのが、「国富論は最低限のモラルが守られることを前提に書かれている」ということだ。

アダム・スミスは、確かに経済活動の自由を推奨しているが、何から何まで自由にしていいと言っていたわけではない。最低限のモラルは守った上で、という条件付きである。現代におけるモラルハザード的な資本主義を容認しているわけではないのだ。

例えば、国富論では、

「経営者と労働者では、必然的に経営者のほうが強くなる」
「しかし経営者は労働者が家族を養えるだけの最低限のものは払わなくてはならない」

としている。

しかも、ここでいう「最低限のもの」というのは、「妻と子ども数人を養える」という基準まで示されている。

つまり、労働者の賃金については、市場の自由に任せるのではなく、経営者に対して最低限度の責任、モラルを求めているのである。しかも、それについては大して深い理由も述べていない。つまり、アダム・スミスは「理由を言うまでもなく、それは当たり前のこと」と捉えているのだ。当時は「経営者が労働者の生活を保障するのは当たり前」というモラルが存在していたのだ。