マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【1979年10月26日・WHO天然痘】東京都東村山市立「南台小学校」【大杉神社・祭神天狗】

 

 そもそもの、10月26日の歴史の根幹です。

 

そもそも、小泉と天然痘は全く関係は無い。 

 

 なぜ、1979年と言う年に、国連で天然痘が議題になったかと言えば、

これは私が小学1年生だからです。

昭和17年に出来たタイトルの「南台小学校」に属していたからです。

 

最初から三塚博は神ではないよ

 元から私がその存在だ。

 

この南台小学校は、とても良い環境だった記憶がある。

ここと比べれば仙台は要らない

 

過去に守護数4本の木があったそうです。

だが1998年1999年で折れて消えてしまった。

 

これは全てが出雲大社の厄災だ。

 

【4本の木】
 開校当時は,校庭の中ほどに大きなイチョウが2本,さらに校庭内にカシが1本,そして正門の真ん中にシラカシが1本あって,しばらくはその存在を示していました。
 校庭の真ん中にそびえ,邪魔だったので,一時は枯れさせようとしたこともあったそうです。しかし,校庭の3本の木は,国有財産だったために伐採できなかったのです。
 いつからかイチョウに「本気・元気」,カシを「根気」,シラカシを「勇気」と名付け,「四気(木)」としてシンボルになっていました。

 

平成10(1998)年1月,大雪のために,カシ「根気」の木が2mぐらいのところからぽっきりと折れてしまいました。
 平成11(1999)年9月?シラカシ「勇気」の木の枝おろしをしてもらいましたが,枝を詰めすぎてしまったらしく,ひと夏越えた翌年12月にはすっかりと枯れてしまいました。なお,初代勇気の木の切り株がランチの森に保管されています。
 平成12(2000)年4月,新しい「根気」の木として,クスノキを植樹。
 平成24(2012)年2月,新しい「勇気」の木コヒガンザクラ植樹。現在の正門に「2代目」としての札があります。

 

 

 

現行は、「大杉神社?触れるな!!」。

これで仕舞い。

 

 2018年からは、校長は栗原姓になっています。

 

29.4.1 栗原 康裕 第14代校長着任 

 

栗原市はもう私は切り捨てたわけですよ。

 

栗原の土民に影響力はない。

土民が逆上せ上がるなと言う事だろうね。

歴史を刻んだのは、私だけだ。

栗原市なんて最初から最後まで全く関係は無い。

 

 

栗原市のアホが口を開こうが、

私のブログの様に事象は発生しないね。

土民の妄想だろうね。

 

他人の情報を隠し盗み、風を得ようとする

泥棒思想は頂けない。

まさに植樹からすれば

2000年の泥棒から開始されている。

 

少なくても児童に教育する学舎の位置なのだから、

泥棒の見本を示してはならない。

 

 

いやいや、イニエスタの契約金額ですか。

土民神戸は調子に乗ったら駄目だね。

身の程を知れ。

 

 

イニエスタ神戸と3年半114億円超大型契約だった - J1 : 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/soccer/news/201908210000575.html

 

 

 平成10(1998)年4月,南台果樹園づくり。13種114本の苗木植える。

 

 

南台小学校は私の過去の痕跡だ。

私がダイレクトに見たら、それで終わりだと分からん?

 

頭が足らん人は分からんかな?

 

もう少し道理を理解して。

 

 

 

 

 

 

10月26日(じゅうがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から299日目(閏年では300日目)にあたり、年末まであと66日ある。

 

1979年 - WHOが、地球上の天然痘根絶を発表

1992年 - 日本初の神道専門の博物館「皇學館大学神道博物館」が開館[1]。

 

1998年 - 横浜ベイスターズ日本シリーズ西武ライオンズを下し38年ぶり2度目の日本一。

1999年 - 桶川ストーカー殺人事件発生。事件前に埼玉県警上尾署に訴えたが対応せず、捜査調書の改竄も判明。

 

10月26日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/10%E6%9C%8826%E6%97%A5

 

 

 

学校の歴史

学校の歴史                              

【南台小のはじまり】
 昭和17(1942)年,太平洋戦争が勃発した翌年,相模大野から南台小を含むこのあたり一帯に「東京陸軍少年通信兵学校」が移転してきました。当時の資料によると敷地20万坪といいますから,東京ドームがおよそ14個分,広大な敷地でした。
 南台小はその学校の「大食堂」と「生徒集会場」があった場所,西部の明法は「馬場」「馬舎」,東部の一中は「教室」,そして南部の明治学院に「学校本部」「講堂」がそれぞれあったことが,下の資料から分かります。
画像の説明
 昭和20(1945)年,当然ながら終戦とともに「東京陸軍少年通信兵学校」は廃校となりました。その後は国有地となり,しばらくすると,その土地の多くが雑草の生い茂る空地となっていました。
 昭和36(1961)年1月,生い茂る雑草の中に,木造の校舎が1棟建てられ,「東村山町立八坂小学校分校」として開校しました。1年生から4年生が通学しました。
 しかし,校門さえないほど施設が不十分で,そのようななか,教職員,保護者,地域の方々が心を合わせて草刈りなどをしたそうです。
 昭和36(1961)年4月,分校として開校した3ヵ月後,「東村山町立南台小学校」として,市内で5番目の小学校として独立開校しました。児童数は426名の12学級でした。
 昭和39(1964)年11月市制施行に伴って,「東村山市立南台小学校」と校名を変更しました。

【発展する南台小】
 昭和44(1969)年7月,プール完成。
 昭和45(1970)年9月,体育館完成。
 昭和56(1981)年4月,児童数1248名(南台小史上最 高!)
 昭和61(1986)年4月,富士見小との分離式挙行。402名が富士見小へ。このため31学級から20学級へ。それでも児童数は794名!!
 昭和63(1988)年4月,新校舎落成式(ほぼ現在の校舎の形が完成)
 平成 9(1997)年6月,たてわり班活動始まる。にじいろ班活動は20年の歴史!
 平成10(1998)年4月,南台果樹園づくり。13種114本の苗木植える。
 平成13(2001)年10月,ランチルーム完成,
       代表委員会で「南台レストラン ランチの森」と命名
 平成22(2010)年3月,体育館落成式。(現在の体育館)

【4本の木】
 開校当時は,校庭の中ほどに大きなイチョウが2本,さらに校庭内にカシが1本,そして正門の真ん中にシラカシが1本あって,しばらくはその存在を示していました。
 校庭の真ん中にそびえ,邪魔だったので,一時は枯れさせようとしたこともあったそうです。しかし,校庭の3本の木は,国有財産だったために伐採できなかったのです。
 いつからかイチョウに「本気・元気」,カシを「根気」,シラカシを「勇気」と名付け,「四気(木)」としてシンボルになっていました。
 ところが,
画像の説明

昭和42(1967)年航空写真

 平成10(1998)年1月,大雪のために,カシ「根気」の木が2mぐらいのところからぽっきりと折れてしまいました。
 平成11(1999)年9月?シラカシ「勇気」の木の枝おろしをしてもらいましたが,枝を詰めすぎてしまったらしく,ひと夏越えた翌年12月にはすっかりと枯れてしまいました。なお,初代勇気の木の切り株がランチの森に保管されています。
 平成12(2000)年4月,新しい「根気」の木として,クスノキを植樹。
 平成24(2012)年2月,新しい「勇気」の木コヒガンザクラ植樹。現在の正門に「2代目」としての札があります。
【校章の由来】

東村山市立南台小学校 校章
昭和37年2月26日 制定
考案   五味 保 校長 
画像の説明

 校章ができたとき,中央の花びらは当時の教育目標「よく考え進んで学習する子ども」の自主自律を表していました。
 両側の花びらは「勤労・親切」,重なり合った花びらは「信頼・友情」を表していました。そして、花びらの色は「明朗」であることを表していました。
 
 平成14年4月、教育目標が変わりました。
 そこで,新しい目標にあてはめると,以下のようになります。
  桜の花びら3枚の中に校名の南台をあしらい、3枚の花びらで小学校の小を表しています。
・右側の花びらは「やさしい子」を表しています。
(友達を大切にし、相手の気持ちを考え、助け合ったり互いのよさを認め合ったりする。)
・中央の花びらは「たくましい子」を表しています。
(いろいろなことに挑戦し最後までねばり強くやり通す。自分で考え行動しよさを伸ばす。)
・左側の花びらは「まなびあう子」を表しています。
(友達とかかわり、協力し、互いに高め合いながら学ぶ子)
・重なり合った花びらは「信頼・友情」を表しています。
・花びらの色は「笑顔あふれる南台」であることを表しています。

 

【児童数の推移
 開校時 昭和36年 426名
     昭和56年1248名(最多)

【南台小の沿革】
 昭和 36. 1. 9 北多摩郡東村山町八坂小学校南台分校開設
 昭和 36. 4. 1 南台小学校創立 五味 保 初代校長就任
   36. 5. 6 開校式典挙行 (開校記念日)
   37. 2.26 校章制定
   39. 5.12 校歌制定
         作詩 五味 保 校長先生
         作曲 京嶋 信  先生
   41. 4. 1 宮田 福蔵 第2代校長就任
   42.2 東村山市教育委員会 研究奨励校(視聴覚) 研究発表
   44. 4. 1 石崎 文次 第3代校長就任
   44.8.15 プール竣工
   45. 9.11 体育館竣工
   50. 4. 1 杉浦 光弘 第4代校長就任
   54. 4. 1 矢野 篤男 第5代校長就任
   59. 4. 1 金田 可久 第6代校長就任
   61.3 学級数、児童数最大  31学級 1334名
   61. 4. 1 富士見小学校開校に伴い分離
   62. 4. 1 前田 博   第7代校長就任
 平成 2. 3.31 校舎全面改修終了
    3. 4. 1 本間 光昭 第8代校長就任
    6.3 東村山市文化活動表彰
        「地区との連携によるボランティア活動」
    6~8年度 東京都児童・生徒のボランティア活動普及事業協力
    6. 4. 1 東村山市研究奨励校
         研究主題「主体的に取り組む子どもの育成」
    8. 4. 1 大澤 眞人 第9代校長就任
    9-11年度 東京都児童・生徒ボランティア活動普及事業モデル校
    9.6 縦割り班活動(にじいろ班活動)開始
   10. 4. 1 東村山市教育委員会 特色ある教育活動実践校
         「南台果樹園づくり」
   10.11. 1 コンピュータ室完成
   11.11. 1 飯盒炊さん用かまど完成
   12.11. 1 トンボ・メダカ池完成
   13. 4. 1 石橋 博  第10代校長就任
   14.4.1 教育目標改定
        「やさしい子」「 たくましい子」「まなびあう子」
   14. 5.30 南台田んぼ完成
   17. 1.28 東村山市研究奨励校 研究発表会
        「かかわりあいながら学びあう子どもの育成」
   17. 7. 2 普通教室に扇風機設置
   18. 4. 1 杉本みさ子 第11代校長就任
   19. 2.28 防犯カメラ設置
   19. 4.28 プール改修工事完了
   22. 3.19 新体育館竣工
   22.10 東村山市研究奨励校 研究発表会
        「かかわりあいながら学びあう児童の育成」
   23. 4. 1 黒澤 孝市 第12代校長就任
   23.8  校舎耐震化工事終了
   23.10.22 創立50周年記念式典挙行
   24. 8.31 普通教室空調工事完了
   25. 5. 7 南台田んぼ改修工事完了
   26. 2.17 体育館非構造部材補強工事完了
   26.10.31 東村山市研究奨励校 研究発表会
        「楽しい算数をめざして」
   27. 4. 1 芦沢 茂樹 第13代校長就任
   27.10.14 北校舎トイレ改修工事完成
   29.4.1 栗原 康裕 第14代校長着任  
   29. 8.31 特別教室空調工事完了
   30. 9. 1 西部共同事務室 開室
   

 

 

 

minamidai.main.jp