マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【私的に相手にされると思うな】仙台の公務員が怒るとか理解しかねる。激昂しているのは監禁されたこちら側。既に土地を捨てているのに、毎日が不愉快。最初から住むに値しない場所だ

 

 

 最初に、こちらはこの土地で人格否定を受けた。

ならば土地否定で完了するのは鏡であり当然だ。 

 

 

こちらは法律の中で生きているからね。

その中で、国民は生まれた土地で生涯を送らなければならないとは書かれていない。

当たり前ですが。

 

仙台の公務員を私的に相手にしなければならない義務的法律は無く、無視で良い。

 

あの集団は、納税だけして、あとは無視でいいですな。

利にならない。

時間の無駄。

 

くだらん人らは、金の催促だけは一人前。

NHKと同じタイプ。

時間の無駄。

 

私は、インターネットがあるので、

事前に勉強して、そして分からない所だけ現場で聞きます。

そんなのって多々ある。

ネットは万能じゃない。

だが、それの方が効率がとてもいい。

 

公務員は、それをやり、向こうで教わるものって殆ど無い。

話す意味がないと言う事。

 

為にならないのに、会って何の意味があるの?

金だけ払えば要らないじゃん。

対面するに値しない。

 

 裁判所では、こちらは分からない事が多々だ。

ここだけ初心で聞きますね。

でも、教えてくんではないから、

電話は一切していません。

訴状が大方出来てからですね。

 

そんな場所なのは知っている。

 

 

 仙台は本当にみんな三流。

いいのは自然の気候だけでは?

あとはくだらん土地だ。

 

 

 

 

 

 

第十七条 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。
第十八条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
第十九条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
第二十条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
○2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
○3 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。
第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
○2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
第二十二条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。
○2 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。