マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

アステカ神話 第1の太陽神 煙を吐く鏡(黒曜石)「テスカトリポカ(Tezcatlipoca)」

 

 アステカ神話最初の太陽でもあった「テスカトリポカ」です。

 

下記を読めば、

なるほど私は確かに悪魔だと、よく理解しました。

 

 私って、計画的に、人為的に1972年8月11日生まれただけですよ。

 

悪魔は自民党です。和歌山県です。

 

悪魔が存在したから現地で「悪魔払え囃子」が生まれた

それだけ。

 

 

そっか、

私は自民党に数字で「悪魔ちゃん」と命名されたんだ。

最悪な犯罪政党だな。

 

 頭がおかしい政党の相手をしては駄目だと、それだけ理解出来た。

 

そもそも一神教は、敵対勢力を悪魔と言うのは知れたこと

 

 

自民党が意味不明なのは、

仮にこちらが悪魔だとする。

 

なぜかこちらに、自分らの政治に関するものを絡めてくる

 

普通はこちらが悪魔であれば、こちらには自分たちのは絡めないよね。

 

病気だから相手にせん方がいいですな。

 

挙げ句には、

私は悪魔であろうに、私から霊媒エネルギーが取れなければ、

政治が出来ないらしい

 

三者のジャッジ判定であれば、

明らかに泥棒が悪魔だろ。

 

何処まで進もうが、利己的な妄言者は相手にされないね。

よく犯罪をここまで継続したものだ。

 

 

黒曜石と言うのは、ナイフです。

私の生まれであれば、「4エツナブ 1ヤシュキン」ですので、

エツナブが黒曜石ですね。

 

第5の太陽は、トナティウと言い、アステカ・カレンダーの中央の太陽を指します。

この太陽の舌に付けているのが黒曜石ですね。

 

今回のテスカトリポカは、黒曜石そのものでした。

 

 

 

レリーフの中央に彫られた像はふつう太陽神トナティウとされ、両手に人の心臓をもち、垂らした舌は犠牲用のナイフを象徴すると解釈されています。アステカの人身供犠は有名ですが、その祭祀場の基盤ないし装飾として使われたのが、この「暦石」というわけです。

他方、周囲に死滅した4つの太陽の時代が配置されているので、夜の主、ヨウァルテクートリであるとする説や、創造神話で大洪水を飲み込んだ海の怪物、トゥラルテクートリとみなす説などもあります。

いずれにしろ、4つの太陽の時代とは、右上が第1の太陽、左上が第2の太陽、左下が第3の太陽、そして右下が第4の太陽です。中央の円が第5の太陽、つまり現代となります。第1の太陽はジャガーによって表象され、神のつくった巨人たちは農耕を知らず、洞窟に住み、野生の植物や果実を食べていましたが、ジャガーに喰われてしまいました。第2の太陽の時代は嵐のために滅びましたが、神は風に吹き飛ばされないよう人間を四足の猿に変えました。第3の太陽の時代は火山の噴火と溶岩で滅亡しましたが、神によって鳥に変えられた人間は難を逃れました。そして第4の太陽の時代は大洪水で終末を迎えますが、神は人間を魚に変えて滅亡から救出します。その大洪水を飲み込んだのがトゥラルテクートリというわけです。


 

www.543life.com

 

 

テスカトリポカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

 

テスカトリポカTezcatlipoca)は、アステカ神話の主要なの1柱である。

 

概要[編集]

神々の中で最も大きな力を持つとされ、キリスト教の宣教師たちによって悪魔とされた。Tezcatlipoca は、ナワトル語で tezcatl (鏡)、poca (煙る)という言葉から成り、従ってその名は「煙を吐く鏡」を意味する。鏡とは、メソアメリカ一帯で儀式に使用された黒曜石の鏡のことを示す。

 
テスカトリポカの化身の一つ「テペヨロトル」。

その神性は、夜の空、夜の風、北の方角、大地、黒耀石、敵意、不和、支配、予言、誘惑、魔術、美、戦争や争いといった幅広い概念と関連付けられている。この神の持つ多くの別名は神性の異なる側面を示している。

Moyocoyani (モヨコヤニ、全能者)、Titlacauan (ティトラカワン、我らは彼の奴隷)、Ipalnemoani (イパルネモアニ、我らを生かしている者)、Necoc Yaotl (ネコク・ヤオトル、両方の敵)、Tloque Nahuaque (トロケ・ナワケ、近くにいる者傍らにいる者の王)[1]、 Yohualli Ehecatl (ヨワリ・エエカトル、夜の風)[2]Ome acatl (オメ・アカトル、2の葦)[3]Ilhuicahua Tlalticpaque (イルウィカワ・トラルティクパケ、天と地の所有者)[4]などである。

通常テスカトリポカは、身体は黒く、顔に黒と黄色の縞模様を塗った姿として描かれ、しばしば右足が黒耀石の鏡か蛇に置き換わった姿で表現される。これはアステカの創世神話において大地の怪物と戦い、右足を失ったことを表している。時として胸の上に鏡が置かれ、鏡から煙が生じている様子で描かれる場合もある。

テスカトリポカのナワルジャガーであり[5]、神性のジャガー的な側面が Tepeyollotl (テペヨロトル、山の心臓)という神とされる[6][7]

アステカの祭祀暦であるトナルポワリ暦でテスカトリポカはトレセーナ「1のオセロトル(ジャガー)」を司り、またアカトル(葦)の日の支配者である[8] [9]

テスカトリポカの姿はオルメカ人やマヤ人に信仰された初期のメソアメリカの神々を思い起こさせる。いくつかの類似点が、マヤ神話の『ポポル・ヴフ』に書かれたキチェ族の神に存在する。ポポル・ヴフの中心的な神は、Tohil[10] という黒耀石を意味する名であり、生贄を要求する神であった。また、古典期マヤの統治と雷の神である「神K」は、煙を出す黒耀石のナイフを額につけ、片足が蛇に置き換わった姿で描かれている[11]

 

ケツァルコアトルとテスカトリポカ[編集]

 
ケツァルコアトルとテスカトリポカ(『ボルボニクス絵文書』)。

テスカトリポカはしばしば、アステカの文化英雄である神ケツァルコアトルのライバルとされる。創世神話の一つ「5つの太陽」において[12]

 

最初の世界はテスカトリポカが太陽として支配していたが、52年周期が13回経過した(676年)後、ケツァルコアトルによってテスカトリポカは大きな棒で殴られ水の中に放り込まれ、太陽の座を交代した。そこで彼はジャガーに変身して水から飛び出し、世界に住んでいた巨人を皆殺しにしてしまった。

2番目の世界はケツァルコアトルが太陽として支配したが、52年周期が13回経過した(676年)後、ジャガーに変身したテスカトリポカが現れケツァルコアトルを蹴り、太陽の座から追い落とした。この世界に住んでいた者たちを強い風が運び去り、一部の残った者も猿に変身させられた。

3番目の世界はトラロックが太陽として支配したが、52年周期が7回経過した(364年)後、ケツァルコアトルが天から火の雨を降らせ、トラロックを太陽の座から引き摺り下ろした。

4番目の世界はチャルチウィトリクエが太陽として支配したが、大洪水によりこの世界に住む者は流され魚に姿を変えられた。今の世界は第5の世界に当たる。

別の創世神話においては、テスカトリポカ、ケツァルコアトルウィツィロポチトリシペ・トテックの4人の神が世界を創世したとされた。彼らはそれぞれ黒、白、青、赤のテスカトリポカと言われた。4人のテスカトリポカは、男女の二元性を表す始原神オメテクトリオメシワトルの息子であり、世界と人と同様に、他の全ての神の創造者である[13]

 

 

ja.wikipedia.org