マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

過去のスペインのエルナン・コルテスですら、高度にマヤ暦を利用して1521年8月13日に占領の旗をテノチティトランに立てたのに、1999年8月13日公布施行した日本国の国旗国歌法は、なぜこんなにも粗末で足らない頭なのだろう

 

 

と言う事で、

1999年8月13日「国旗国歌法」の解析です。

 

 

 

f:id:masafree:20190821184424p:plain

 keisan.casio.jp

 

 

 

ネタとしては、

 

13イミシュ 9ヤシュキン

(12.19.6.8.1)

ユリウス暦:2451404

 

ですね。

 

 

 13のフナブ・クーに、

8月1日の第81代安徳天皇 三塚博

404は、44巻の古事記伝でしょう

 

 まずね、安徳天皇の太陽だから、

国旗国歌法は亡国への太陽の様だ(笑)

 

自民党の趣味だから、

こちらは関係ございませんが・・。

 

てか入水の太陽だから、水の太陽であり、

マヤ神話の4番目の太陽と言う事か・・。

 

 

ja.wikipedia.org

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

安徳天皇
安徳天皇画像 泉涌寺所蔵

即位礼 1180年5月18日(治承4年4月22日
大嘗祭 1182年12月21日(寿永元年11月24日
元号 治承
養和
寿永
元暦
時代 平安時代
先代 高倉天皇
次代 後鳥羽天皇

誕生 1178年12月22日
崩御 1185年4月25日寿永4年3月24日
壇ノ浦(現在の山口県下関市壇ノ浦)
陵所 阿彌陀寺陵(赤間神宮境内)
漢風諡号 安徳天皇
言仁
別称 天皇大神
父親 高倉天皇
母親 平徳子
皇居 平安宮福原宮

 

一方、安徳天皇平家一門に連れられ大宰府を経て屋島に行き、1183年に現在の屋島東町にある見晴らしの良い高台に行宮を置いた。この行宮跡地付近には、ささやかな神社「安徳天皇[11]」が置かれている。しかし源頼朝が派遣した鎌倉源氏軍(源範頼源義経)によって、平氏一ノ谷の戦い屋島の戦いに敗北[1]。特に屋島合戦(1185年2月)の敗北により、天皇と平家一門は海上へ逃れる[12]。そして寿永4年(1185年)4月、最期の決戦である壇ノ浦の戦い平氏と源氏が激突[1]平氏軍は敗北し、一門は滅亡に至る[1]。以下、まず『平家物語』による安徳天皇入水の様子を記述する[13]

最期を覚悟して神璽宝剣を身につけた母方祖母・二位尼平時子)に抱き上げられた安徳天皇は、「尼ぜ、わたしをどこへ連れて行こうとするのか」と問いかける。二位尼は涙をおさえて「君は前世の修行によって天子としてお生まれになられましたが、悪縁に引かれ、御運はもはや尽きてしまわれました。この世は辛く厭わしいところですから、極楽浄土という結構なところにお連れ申すのです」と言い聞かせる。天皇は小さな手を合わせ、東を向いて伊勢神宮を遙拝し、続けて西を向いて念仏を唱え、二位尼は「波の下にも都がございます」と慰め、安徳天皇を抱いたまま壇ノ浦の急流に身を投じた。安徳天皇は、歴代最年少の数え年8歳(満6歳4か月、6年124日)で崩御した(『平家物語』「先帝身投」より)。なお、『吾妻鏡』では安徳天皇を抱いて入水したのは按察使局伊勢とされている[14][15]

ja.wikipedia.org