茨城県守谷市常磐自動車道で起きた、あおり運転殴打事件で、傷害容疑で逮捕された宮崎文夫容疑者(43)が事件で使用した車に複数の傷が付いていたことが19日、捜査関係者などへの取材で分かった。県警は借りた車で乱暴な運転を繰り返していたとみて全容解明を進める。宮崎容疑者を同日未明に取手署に移送。「殴ったことは間違いない」と容疑を認めた上で「車をぶつけられたので殴った」と供述しているという。

捜査関係者や横浜市のディーラーによると、宮崎容疑者に7月21日、海外の高級スポーツタイプ多目的車(SUV)を貸し出した。3日間の期限だったが、容疑者側から同25日や8月3日に「返却に行けない」などと連絡があり延びていた。

殴打事件は8月10日に発生し、車が返却されたのは翌11日。ディーラー側で状態を確認したところ、後部のバンパーにへこみがあり、右のサイドバンパーにも擦り傷のような跡があった。県警は15日に車を押収した。

同じ車は7月23日、愛知県岡崎市の高速道路と静岡市清水区の国道で、あおり運転をしていた。県警は、こうした危険な運転を繰り返す中で傷が付いたとみて調べる。

茨城県警は18日夜、宮崎容疑者をかくまったとして犯人隠避容疑などで、交際相手の会社員喜本奈津子容疑者(51)を逮捕、指名手配後の足取りも調べる。喜本容疑者は殴打事件の現場にいて、様子を撮影していた。

県警は宮崎容疑者の住所を東住吉区桑津、職業を会社役員と発表した。喜本容疑者は同じマンションの別の部屋で生活し、自分の部屋に宮崎容疑者をかくまった。(共同)