マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

「奈緒子」と言う名前は、自民党ら官カルトの儀式の名。こちらは血塗られた鎖を切り、離れるために10年前に辞表を出したのに、醜く「伊弉冉尊」の如く名が追いかけてきた

 

 これが全てですね。

私はそもそもドライなので、私が東北農政局に騙されて宮城県に入り、

田名部奈緒子が頼んでも居ないのに、私の前に出てきただけです。

 

だから私は元々要らない組織だったから辞表を出しただけですね。

こちらは騙されただけです。

 

 それで、古事記伊弉冉尊の如く名が追いかけてくるのだから、

とっとと賠償金を回収して、土地は捨てた方がいい。

 

 

私は10年前に退職して、その時は裁判か投機の二択で、

当時は情報も整って居らず、結局は投機に流れた。

順調に利は出せたのに、レバレッジ改訂や不正アクセスを受け妨害された

その後に監禁されて、生活保護などと言われた。

 

そもそもこの土地は犯罪だけの土地ですよね。

 

価値も無い土地に監禁されて、そして過去の名だけが追いかけてくる

薄気味悪いゾンビの様な街だ。

 

 他人の自立を妨害して、業務妨害して足りない公務員が寄って来るとか、

完全に病気の官の土地だな。

 

恥さらしは寄らないでいいよ。

観なくていいし。

 

 フランスの年表の、私への生活保護を押しつけご満悦だっただけじゃん。

後はノートルダム寺院同等、焼けて消えてくれ。寄生虫は。

 

それが正しいと思いますが。

 

5月4日(ごがつよっか)はグレゴリオ暦で年始から124日目(閏年では125日目)にあたり、年末まではあと241日ある。誕生花はヤマブキ。


1555年 - 『ミシェル・ノストラダムス師の予言集』の初版が刊行される。

1814年 - スペイン国王フェルナンド7世が、憲法を拒否し絶対君主制に戻すことを宣言。

1924年 - パリオリンピック開幕。

1950年 - 「生活保護法」公布。

 

みどりの日 (日本の旗 日本、2007年 - )

5月4日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/5%E6%9C%884%E6%97%A5

 

 

 人間が住む土地では無い仙台だからその通りじゃん。

 

こちらは10年前から相手にしていないし、馬鹿じゃね?

死ねばいいと思うよ。

 

 

サソリのベンはどうでもいいが、奥山恵美子と現行の東北大学は、

私は死ぬべきだと思うよ。

 

 

仙台と言う愚かな土地は、当人は無能過ぎるのに、

過去の古傷に対して、塩を塗り込む愚かな行動だけは得意の様だ。

 

足りない人間のやる行動だ。

 

まさに赤穂の塩みたいな連中ですな。

 

 

このような行動は、色々な戦術が見いだせない無能の行動だ。

そのまま「神風特別攻撃隊」ですね。

 

あれは何も作戦は要らない

足りない奴でも出来るんですよ。

 

 

奈緒子の顔に酔いしれているのは自民党でしょ(笑)

こちらは顔すら忘れましたわ。

クレイジーですな。

 

 

  

 

傷口に塩、傷口に塩を塗る

きずぐちにしお、きずぐちにしおをぬる

 傷口に塩は、「傷口に塩を塗る」「傷口に塩をなする」などともいい、災難に災難が重なることをいう。特に、悪い状況に陥っている人に対して、さらに落ち込ませるようなことを言う人をいさめるために、「傷口に塩を塗るようなことを言うな」などと用いることが多い。傷口に誤って(か、故意でか)塩を塗ったときの悲惨な痛みを、不幸に不幸が重なる状況にたとえたものだが、疑問のある方は、一度ご自分で試してご覧になるとこのことわざが実感できるはずである。(CAS)

www.fleapedia.com

 

 

 

 

 

 

 

 

五島 勉
(ごとう べん)
ペンネーム 倉田 英乃介(くらた ひでのすけ)
誕生 後藤 力(ごとう つとむ)
1929年11月17日(89歳)
北海道函館市
職業 作家ルポライター
活動期間 1953年 -
ジャンル ルポルタージュSF小説
主題 ユダヤ陰謀論、反米論、予言研究
代表作 ノストラダムスの大予言 迫りくる1999年7の月、人類滅亡の日』(1973年)
主な受賞歴 日本トンデモ本大賞特別功労賞(1999年)
デビュー作 続・日本の貞操』(1953年)

 

 

人物・来歴[編集]

北海道函館市出身。正教徒の家庭に生まれる。本名は後藤 力[1](ごとう つとむ)。旧制函館中学校(現北海道函館中部高等学校)から第二高等学校へ進み、後の弁護士遠藤誠と知り合う。東北大学法学部卒業。大学在学中、小遣い稼ぎにポルノ小説を書いて雑誌に投稿し、文筆家の道に入る。大学卒業後は『微笑』『女性自身』など女性週刊誌でアンカーマンとして活動。体力の問題から走り回る取材が難しくなったため大衆小説家への転身を図り、1963年(昭和38年)から1964年(昭和39年)にかけて『小説・死のF104』『BGスパイ』の二作を刊行したが不人気だったので、『女性自身』時代から最も得意としていたオカルト記事の執筆を専門とするようになった[2]1972年(昭和47年)に海潮社より発表した『近親相愛』では近親相姦について取り扱っていた。また、1973年(昭和48年)に倉田 英乃介(くらた ひでのすけ)の別筆名で出版した『コイン利殖入門』という著書もあった。

 

 

ja.wikipedia.org