マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【信念弱き信仰】「神社を執拗に拝む」と言う事は「精神安定剤を飲む」のと同義です。単に精神に波があり、心のよりどころがないと落ち着けない人間だから

 

 

 仏教は説法の概念が大きいから、まだ救われるさ。

 

神社は単なる中身の無い「運まき宗教」だ。

あの体質はどうなんだろうね。

 

 仙台藩の足りない奴らの108遊びを確認すれば、

仙台の仏教の相手なんてする価値も無いと言える。

これは仏教公認の108、110のはず。

ならば対面する必要は無い。

 

 

「百日参り」も、医療が未熟であった文明開化前の乳児の死亡率の高さから、

心のよりどころのために広まった過去の慣例・慣習です。

  

allabout.co.jp

 

 

常に、新しい技術が出来、そして人間は少しずつ克服して行きますからね。

止まった人間なんて使い物にならない。

 

 少なくても、生き字引でなければ、そいつに着いて行かないわ。

学習が止まり、年齢だけ重ね、喚いている奴の相手を誰がするのか?

 それが全てですね。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

5 信仰は意志の弱い人間のすることだ

 意志の強い人とは、ひとつの目的に向かって、種々の障害があろうとも、それを乗り越えて行く努力ができる人のことをいい、目的に向かうことは同じでも、途中で挫折してしまったり、またひとつのことに長続きしない、移り気な人が意志の弱い人といえると思います。 
  しかし、目的の違いや環境の違いによって難易の度合いもありますから、いちがいに、あの人は意志の強い人、弱い人と決めつけるわけにはいきません。また、意志が強いと思っている人であっても、人の心というものは常に変化してゆくものです。周囲の環境の変化によって変わってゆくのが、人間の心なのです。  したがって、その変わりやすい自分の心を中心として、その心の変化のままに思い思いに行動してゆくならば、それは、ちょうど羅針盤のない船のように、どこへ行きつくのか見当もつきません。常に右往左往していなければなりません。 
  日蓮大聖人は、 
  「心の師とはなるとも心を師とせざれ」(曽谷入道殿御返事・新編七九四) 
と、自分の心をすべての依りどころの基盤とするものではなく、正しい教法を心の師として、弱い自分に打ち勝つべきであると教えています。 なかには、何事に対しても消極的で、常に何かに頼っていこうとする人がたまたま宗教に救いを求める姿をとらえて、「信仰は意志の弱い人間のすることだ」という人もいます。 
  しかし、たとえ意志が弱いといわれるような人であっても、真実の宗教である大聖人の教えによって種々の困難を克服していくならば、これほどすばらしい人間改革の道はありません。 事実、意志の弱さや、病魔や、さまざまな宿業による困難を、妙法の信仰によって乗りこえた体験を持った人たちが、現在社会のあらゆる分野で活躍し、大聖人の仏法によって、大きくその境涯を開いています。 
  このような現実社会の中で人材として蘇生していく姿こそ偉大な仏法の力を証明するものであり、信仰は意志の弱い人間がすることだときめつけるのは、とんでもない誤りです。

 

www.nichirenshoshu.or.jp