楽天モバイルに焦りの色が見える

「料金については戦略上、ちょっと秘密にしておきたい」

※写真はイメージです(写真=iStock.com/itakayuki)

2019年10月の携帯電話事業開始に向けて、基地局工事安全祈願祭に出席した三木谷浩史社長はメディアからの料金戦略に関する質問にお茶を濁した。

総務省に提出した計画では、料金プランについて、すでに格安スマホ楽天モバイル」で提供している料金体系とほぼ同等と記されている。

その楽天モバイルは14年に本格的に市場に参入。当時、三木谷社長は「早期に1000万契約を目指す」と豪語していた。しかし、4年が経過した現在でも162.2万契約(MM総研調べ、18年3月末現在)と目標には全く届いていない。

そのせいか、ここ最近の楽天モバイルには焦りの色が見えていた。

例えば、格安スマホで先行するソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルやKDDI系のUQモバイルに対抗しようと、この2社と比較検討しやすいプランとなる「スーパーホーダイ」を投入。他社では1年間しか割引が適用されないのに対し、楽天では2年間適用される点を優位点としているのだが、契約自体は3年間拘束される点がユーザーからの不満に繋がっている。

また、ネットユーザーからは「速度調査をすると楽天は高速なのだが、実際に使ってみるとそこまでの速度は出ていない。速度調査でいい数字が出るような細工をしているのではないか」と指摘をされていたりするのだ。

NTTドコモなどからネットワークを借りて参入している格安スマホの場合、NTTドコモに支払う接続料が決められているため、他の格安スマホと比べて柔軟性のある料金プランを作りにくいとされている。また、快適な通信速度を提供しようと思えば、それだけ高額な接続料を支払わなくてはならないため、採算が悪くなるとも言われている。

他社にネットワークを借りて事業を展開していくのでは、いつまでも勝ち目がないため、楽天としては、「第4のキャリア」として、自社で携帯電話事業への参入を決断したとされる。

■「都心部で圏外」になりかねない

楽天の携帯電話事業参入へのハードルが上がっている。本当に大変だと思う」

そう語るのは、楽天と携帯電話事業で大型提携を発表したKDDIの高橋誠社長だ。

楽天KDDIは、通信、物流、決済の分野で提携を発表。楽天は携帯電話事業を開始する19年10月から6年間、東京23区、名古屋市大阪市以外のエリアにおいて、KDDIのネットワークを借りてサービスを提供することになる。

楽天が用意している設備投資額は25年までに6000億円。この金額で全国にネットワークを敷設する計画だ。これは大手3キャリアが1年間に投入している設備投資額と同等で、多くの業界関係者から「金額が少なすぎる」と心配の声が上がっている。

三大都市以外はKDDIからネットワークを借りるものの、都心部の地下鉄などでは「圏外で使えない」ということになりかねないのだ。

もう1つの心配材料が料金プランだ。

高橋社長は「NTTドコモが19年春に料金値下げをするために(端末代金と通信料金を分離する)分離プランを入れると、3キャリアがすべて分離プランになる。(キャリアの通信料金が安く見えるので)楽天は、今の楽天モバイルと同じ料金プランでも、通用しなくなるのではないか」と語る。

今どき、「いつでもどこでも繋がるのが当たり前」となっている中、「都心部で圏外になるスマホ」では、どんなに料金が安くても、契約していくれる人はいないだろう。三木谷社長の手腕が問われそうだ。

なお、楽天に速度調査について、事実関係を問い合わせたところ、「弊社で何か恣意的なことをすることはございません。調査をする時間帯や混み具合により通信速度は異なります」との回答があった。

----------

石川 温
ジャーナリスト
1998年、日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、月刊誌『日経トレンディ』編集記者に。2003年に独立。携帯電話を中心に国内外のモバイル業界を取材し、テレビ、雑誌で幅広く活躍。

----------

(ジャーナリスト 石川 温 写真=iStock.com)