マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【8月11日に13匹から6匹】浅虫水族館のマグロ稚魚水槽は、呪われているだけですよね【田名部神社】

 

8月11日のニュースです。

 

 

13匹は「フナブ・クー」

6匹は「大杉神社の6年後消失」

 

 

これかな?

気持ちが悪い出雲大社です。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

クロマグロ稚魚6匹まで減少 公開始まる

8/11(日) 20:56配信

Web東奥

 青森市の県営浅虫水族館で11日、大分県佐伯市日本水産ニッスイ)中央研究所大分海洋研究センターから搬入した完全養殖クロマグロの稚魚の公開が始まった。ただ10日夕に約100匹生存していた稚魚は、11日午後6時時点で6匹までさらに減少。同水族館は、1匹でも生きているうちは展示を続けるとしている。

 11日午前の開館時には稚魚は13匹に減っていた。それでも、その姿を一目見ようと、水槽前には大勢の見物客が訪れた。青森市の女性(44)は「稚魚の数が減り続けていると聞いたので初日に来た。サイズは小さかったが、マグロっぽい模様が見えた」と話した。

 稚魚は光や音、水温の変化などに敏感で、わずかなストレスで死に至る。水族館は、現在の海の水温に近い25度前後に水温を管理。突然の光に驚かないよう窓に暗幕を垂らすなどの対策をしたが、「輸送時の疲れや水質の変化、水流の強さなどが稚魚に影響したかもしれない」(太田守信館長)と推測する。

 さらに自然海水の注入による水質改善や水流調整に取り組むほか、餌やりの回数を増やすなど、担当職員7人が総出で稚魚の世話に当たっている。太田館長は「何が大量死を招いたのか検証を重ねたい」と話した。

 

 

クロマグロ稚魚6匹まで減少 公開始まる(Web東奥) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00000006-webtoo-l02