マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【明治神宮・本殿遷座祭】8月11日 コミックマーケット96で熱中症、11人のうち3人が搬送される。一時は心停止で危険な状態【神去りし社】

 

 8月11日のニュースです。

 

私は漫画は撤退したのですけども、やべーすね、明治神宮

 

なんだかんだで腐っても私の生誕日だったので、救われたのかも知れない・・。

 

togetter.com

 

 

コミケ96の「96」とはなんだろう?

 

1996年の8月11日の鬼首地震の刻印かもです。

 

明治神宮へ一言、

「おめーらは1999年の国旗国歌法じゃん、8月13日だろ(笑)」

とは思っている。

 

 

11人-3人=8人

ですね。

 

 

 

 

有限会社コミケット
種類 特例有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0043
東京都渋谷区道玄坂一丁目17番9号
設立 1996年3月
法人番号 3011002016880
事業内容 ディスプレイ業
書籍・雑誌小売
代表者 代表取締役社長 安田かほる
資本金 300万円
従業員数 7名
決算期 1月31日
関係する人物 米澤嘉博
筆谷芳行
市川孝一
外部リンク https://www.comiket.co.jp/

 

 

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

 

 

コミケ3日目で熱中症が続出「心肺停止でAED要請」救急車が集結で騒然

 最終更新■

コミックマーケット96(コミケ:C96)3日目で8月11日、待機列の複数人の参加者が熱中症で倒れたとの情報が入りました。

発表によりますと8月11日午後11時ころから、コミケの東駐車場の待機列で、複数人が熱中症で倒れたということです。

以下は、Twitterユーザーが東駐車場の様子を撮影し投稿したものです。

コミケ3日目で熱中症で倒れた方を救急搬送している現場の画像

画像出典:https://twitter.com/rawsenna/status/1160385195041624065/photo/1

コミケの東駐車場で熱中症で人が倒れた現場の画像

画像出典:https://twitter.com/wolto616/status/1160385733271515136/photo/1

コミケが開催されている東京ビッグサイトには大勢の救急隊らが駆けつけるとともに、熱中症で倒れた方を救急搬送したということです。

なお、現場にいた方の「心肺停止してしまった方がいる」「AEDをスタッフが探してた」などという現場情報があることなどから、重症の方がいる可能性も。

 

東京ビッグサイトがある東京都江東区の当時の気温は34°前後で、猛暑だったということです。

コミケの東駐車場には大量の緊急車両が集結するとともに、大勢の参加者らが心配そうに様子を伺い騒然としています。

Twitter上には「スタッフがAEDって叫んでた…」「東駐車場が完全にフライパン状態」「東駐車場で少なくとも2人が熱中症で倒れた」「救急車来たけど足りてないみたい」「救急車が到着した」などと現場の情報に関するツイートが多数ありました。

猛暑が続いているため、水分補給をこまめにとったり身体を冷やすなどの熱中症対策をし、十分に注意ください。

 

 

コミケ3日目で熱中症が続出「心肺停止でAED要請」救急車が集結で騒然 | ニュース速報Japan
https://breaking-news.jp/2019/08/11/050274

 

 

 

コミケ96の会場周辺、11人熱中症か 3人は救急搬送

[PR]

 11日午前11時半ごろ、東京都江東区有明3丁目の「東京ビッグサイト」周辺で11人が体調不良を訴え、東京消防庁はこのうち3人を救急搬送した。熱中症とみられる。同庁によるといずれも命に別条はないという。

 気象庁によると、東京都心では午後1時ごろに35・5度を観測した。

 この日、ビッグサイト周辺では国内最大規模の同人誌即売会「コミックマーケット」が開かれており、多くの来場客が訪れていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミケ96の会場周辺、11人熱中症か 3人は救急搬送:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM8C4RNSM8CUTIL006.html

 

 

 

 

明治神宮、本殿の改修終了 ご神体を戻す祭典に1千人

長野佑介 

[PR]

 2020年に鎮座100年を迎える明治神宮東京都渋谷区)で本殿の改修工事が終わり、昨年5月に仮殿に移されていたご神体を本殿に戻す祭典「本殿遷座(ほんでんせんざ)祭」が11日、前日に続いて執り行われた。

 この日は午前10時から「奉幣(ほうべい)の儀」があり、約1千人が見守った。天皇陛下からの「御幣物(ごへいもつ)」が神前に供えられたほか、舞い降りた天女が水浴をする羽衣伝説に基づいた舞い「東游(あずまあそび)」が披露された。10日夜には、明かりを消した中で、ご神体を仮殿から本殿に移す「遷御(せんぎょ)の儀」が行われた。

 明治神宮は1945年4月の東京大空襲で大半が焼失、58年に再建された。来年11月の鎮座100年を前に、16年から老朽化が著しい社殿群の銅板屋根のふき替えなどの改修を進めてきた。昨年5月にはご神体が本殿から中庭に設けられた仮殿に移されていた。(長野佑介)

 

 

 

 明治神宮、本殿の改修終了 ご神体を戻す祭典に1千人:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM8C4CSPM8CUTIL003.html