マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【陰陽師・安倍晴明】8月9日 群馬県太田市細谷町の「冠稲荷神社」の宮司(61)が、神社駐車場から出てきた結婚式場従業員の女(58)に轢かれ死亡

 

 8月9日のニュースです。

 

宮司は午後11時35分に轢かれたそうです。

 

この神社の創立は1125年であり、轢かれたのが午後11時35分でした。

 

11は太陽活動周期11年です。

25と35は、それぞれ1972年をベースにします。

 

1972+25年=1997年

1972+35年=2007年

 

となります。

 

1997年は日本会議精神保健福祉士法(12月19日)。

2007年は私の出勤完了1年目です。

 

 

私はこの神社は知りませんでした。

いずれ安倍晴明」の狐稲荷神社なので、

失望の下に去ったかもです。

 

悪いのは自民党仙台藩ですよね。

 

もう運の領域での諦めなのかも・・。

 

 

 

このニュースで失望だと思います。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

f:id:masafree:20190810200747p:plain

 

 

 

神社が私をヤクザで刺しに来たが、

返り討ちでやむなく自害みたいな感じだと思います。

いずれ自民党と組んで、50年前から私を始末しようとの長期計画

敗北は死あるのみなんでしょうな。

 

こちらの問題ではないし、こちらは被害者です。

 

 

年の差も3歳ですし、三塚博ですね。

結婚式場関係者と言うのは、私の結婚も不可能のあやでしょう。

 

そこまで禍々しい犯罪の仙台藩です。

 

 

 

冠稲荷神社
Kanmuri-inari-jinja haiden.jpg
拝殿
所在地 群馬県太田市細谷町1
位置 北緯36度16分7.69秒
東経139度21分5.49秒
 
主祭神 稲荷大神宇迦之御魂大神ほか4柱の総称)など
社格 村社
創建 1125年天治2年)
本殿の様式 三間社流造正面千鳥破風向拝唐破風付
例祭 初午大祭(3月下旬の日曜日)
主な神事 初午大祭三大神事(稲荷神餅祭、義経公・義貞公厄除稚児行列、細谷冠稲荷獅子舞)、 新嘗祭(11月23日)

 

ja.wikipedia.org

 

 

 

宮司はねられ死亡、神社の結婚式場従業員の女逮捕

8/10(土) 17:00配信

読売新聞オンライン

 9日午後11時35分頃、群馬県太田市細谷町の冠稲荷神社近くの市道で、宮司の大塚祐康(ゆうこう)さん(61)が、神社の駐車場から出てきた乗用車にはねられ、搬送先の病院で死亡した。太田署は、運転していた神社内の結婚式場従業員の女(58)(太田市下浜田町)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕し、過失運転致死容疑で調べている。

 

宮司はねられ死亡、神社の結婚式場従業員の女逮捕(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00050297-yom-soci

 

 

 

早期なら生存率10割近く=上皇后さま罹患の乳がん

2019年08月09日23時23分

 上皇后さまが手術を受けられることになった乳がんは、年間の患者数が約9万5000人に上り、女性が罹患(りかん)するがんの中で最も多い。他のがんに比べ、生存率が高いのが特徴だ。
 国立がん研究センターの集計によると、乳がんは早期で発見されれば、5年後の生存率は10割に近い。がんが進行するにつれ生存率は下がるものの、最も進行した「ステージ4」でも4割弱を保っている。
 発症する年齢は他のがんに比べて若く、30代後半から増える。40代後半や50代前半の患者は年間約1万人に上り、上皇后さまと同じ80代前半でも約6000人が罹患する。

 

早期なら生存率10割近く=上皇后さま罹患の乳がん時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080901295&g=soc

 

 

 

上皇后美智子さまが早期乳がん 9月以降に手術へ、宮内庁発表

8/9(金) 18:19配信

共同通信

 宮内庁は9日、上皇后美智子さま(84)が早期の乳がんと診断されたと発表した。左胸の乳腺に腫瘤が見つかった。9月以降に入院し、手術を受けられる見通し。宮内庁によると、美智子さまは6月以降、心臓の弁に異常が認められるなど体力の低下が心配されており、8月下旬に上皇さまと共に長野・軽井沢などで静養し、体力の回復を待った上で手術に臨む。

 宮内庁によると、美智子さまは7月12日の健康診断で乳腺エコー検査を受け、左胸の乳腺に腫瘤が発見された。同15日に東大病院MRI検査し、悪性腫瘍を疑わせる所見が認められたため、今月2日に宮内庁病院で組織検査した。

上皇后美智子さまが早期乳がん 9月以降に手術へ、宮内庁発表(共同通信) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000147-kyodonews-soci