動物園の母ライオンが、自分で産んだばかりの子どもを殺して食べるという行動をとった/Zoo Leipzig/Facebook

(CNN)ドイツ・ライプチヒの動物園で、母ライオンが生後間もない自分の子ども2匹を殺して食べ、関係者に衝撃を与えている。

母ライオンの「キガリ」は2日に2匹の子どもを産んだ。キガリにとっては初めての出産、同動物園にとっては15年ぶりとなる赤ちゃんライオンの誕生だった。動物園広報によると、キガリは最初のうちは、赤ちゃんの面倒をよく見ていたという。

ところが5日夕になって、赤ちゃんの毛づくろいをしていたキガリが、2匹とも殺して食べてしまった。それまで変わった様子は何もなく、この日も普段通りに餌を食べていたという。

動物園はフェイスブックで赤ちゃんライオンの死を発表、職員たちの衝撃と悲しみを伝えた。

キガリは間もなく育児室から通常の展示室に移され、死んだ子どもたちの父ライオンと再会する。

動物園によると、キガリの行動は赤ちゃんの病気が引き金になった可能性もある。しかし死骸が食べ尽くされてしまったために、解剖して確認することはできなかった。「これは自然な行動で、自然界でも起きる」と広報は説明する。

動物の生態に詳しい英ダービー大学のマレン・ハック氏によると、野生のライオンも自分の子どもを食べてしまうことはあるが、飼育されているライオンの方が頻度は高い。

そうした行動は例えばイエネコなどにも見られることがあり、初めての出産の場合が多いという。

ハック氏は、赤ちゃんの病気や発達問題が原因だった可能性があると指摘し、「もしも自分の子どもに普通の子どものような反応がなければ、子どもとは認識せず、母性本能が働かない」と解説。飼育されている動物はストレスのために、野生の動物は栄養不良が原因で、自分の子どもを食べてしまうこともあると言い添えた。