マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【病気の土地改良の相手するとか】8月8日  イタリア連立政権 崩壊の危機に【大崎耕土・GHQ農地改革(障害者の日)】

 

 政権の解散の話、どん詰まりですね。

 

イタリア・トリノとフランス・リヨンを結ぶ高速鉄道に於ける政治対立での解散みたいです。

 

日立製作所が仕事じゃないの?

 

 

下記の走行試験での最高速度は、それぞれ3回でマークされ、

 

11月23日 - 1941年塩竈市市制移行

12月6日 - 2015年仙台市営地下鉄東西線

2月25日 - 2018年平昌五輪

 

 

病気の土地の人間の相手をすると、企業も国も災難ですね。

 

 

ここは、土地改良農民に後光が差している

キチガイ仕様の東北熊襲の産地ですので、

マジにうけるととっとと死にます。

 

 

 酒飲み農民に後光とかあり得ない。

思想が田布施の病気そのもの。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

農民の神格化はやめろ。

全て病気、脳の障害だ。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

マジで、飲んだくれの自分が神様だと思っているの?

禊ぎでもして頭を訂正してください。

やばいね。

 

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

  

 

イタリア国鉄ETR400電車(いたりあこくてつETR400でんしゃ、Elettro Treno Rapido 400)は、イタリアのトレニタリア[1]フレッチャロッサ[2]として運行する動力分散方式高速鉄道車両であり、フレッチャロッサ1000(Frecciarossa 1000)もしくはETR1000とも呼称されている。

 

ETR400は両社のイタリア国内で組み立てが行われており、2013年3月26日には最初の編成がアンサルドブレダのピストイア工場でロールアウトし、式典ではイタリアの陸上競技選手で200mの世界記録保持者であったピエトロ・メンネアに因む"Pietro Mennea"の機体名がつけられている。その後7月にはボンバルディアのヴァード・リーグレ工場で試験が始まり、その後9月にチェコ国内含む各地で試運転が始まっている。その後2014年1月より高速新線での試運転を開始、2015年4月14日に300km/h走行の認可を受け、6月14日より運行を開始している。また、その後2015年11月23日にはミラノ - トリノ間の高速新線において360km/hでの営業運行のための試運転を実施した際に385.5km/hのイタリアの鉄道の最高速度を記録し、さらに12月6日には390.7km/h、2016年2月25日には393.8km/hを記録している。

 本形式は、車両および列車の名称はFrecciarossa 1000、形式名はETR400であるが、両者を混在させたETR1000とされることもある。また、第1編成はETR400.01、第50編成はETR400.50のように呼称されており、編成を構成する8両の車両の2007年から採用されたUIC[12]規格によるヨーロッパ標準動力車番号体系であるEVN[13]の車両番号は以下のとおりで、2010年に発注されたバッチは2017年にかけて全50編成がボンバルディア、アンサルドブレダおよびその後身の日立レールイタリア[14]で生産・納入され、2019年に同じくボンバルディアおよび日立レールイタリアに発注されたバッチは2019-23年に全14編成が生産・納入される計画となっている。

ja.wikipedia.org

 

イタリア連立政権 崩壊の危機に

イタリア連立政権 崩壊の危機に

イタリアでは連立政権の一角を占める右派政党のトップが連立を組む相手の新興政党との対立から解散・総選挙の実施を求める事態となり、去年6月に発足した連立政権は崩壊の危機に陥っています。

イタリアでは去年6月、新興政党の「五つ星運動」と右派政党の「同盟」による連立政権が発足しましたが、政治路線の違いからたびたび対立してきました。

7日には議会上院で、イタリア北部のトリノとフランス南東部のリヨンを結ぶ高速鉄道の計画をめぐり、計画を支持する「同盟」と反対する「五つ星運動」で立場が分かれる事態となりました。

こうした中、同盟の党首のサルビーニ内相は8日、声明を発表し、「議会にもはや過半数はない。有権者の意見を直ちに聞くべきだ」として解散・総選挙を実施すべきだと主張しました。

これに対し、五つ星運動を率いるディマイオ副首相も「同盟は国をもてあそんできた。総選挙の準備はできている」と応じる構えを見せています。

イタリアでは去年3月に行われた総選挙で、五つ星運動が第1党となり、議会下院では同盟の倍近い議席を保有していますが、世論調査の支持率では厳しい移民政策を掲げる同盟のサルビーニ内相が人気を集め、五つ星運動を上回っています。

議会の解散権は大統領にあり直ちに解散・総選挙となるかどうかは不透明ですが、連立を組む両党の関係修復は困難だという見方もあり、1年余り続いた連立政権は崩壊の危機に陥っています。

イタリア連立政権 崩壊の危機に | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190809/k10012029161000.html