マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【排斥対象】【キリスト教・スペイン・ローマ】仙台藩は「サン・ファン・バウティスタ」のマヤ・アステカ文明(メキシコ)、破壊したスペイン帝国(エスパーニャ)、ローマまで通じる異様な土地【メキシコ・アステカ帝国・マヤ文明】

 

 これは、仙台藩での思想犯罪の根幹に当たる部分ですので、一度整理します。 

 

 私の人生は、この実に醜く、くだらない「伊達文化」により最悪な人生になったので、

ここの文化は今後は徹底的に排斥致します。

 

まず最初に、私は当該観光施設になる「サン・ファン館」には、

先日に直接電話を入れて排除済みです。

この伊達文化の思想を私が認めることは今後二度とございません

 

同時に、「道の駅おおさき」にも電話を入れており、

サン・ファン館と鳴子町の名を上げ、

国道108号線界隈の方々と私は一切関係無い

そう宣言して、排除いたしました。

 

いずれ、仙台市博物館にこの支倉常長に絡む遺品を展示していますが、

この方々は私を監禁して喜んでいた犯罪組織の方々だ。

仙台のキリストと名が付くものは、徹底排斥して完了します。

 

 また、そのキリスト教育機関(学校)で教育を受けた学生、卒業生、

こちらは全て排斥対象として処理いたします。

 

これは全て憲法に於ける「思想・良心の自由」で認められているものであり、

当方が迫害を受けた対象について「排斥行動」を取るのは、全てが「正当防衛」です。

 

 

 (続きをのちほど 8/6 13:20)

 

 

 そもそも、このみっともない伊達政宗の歴史があったので、実に醜いこの歴史に、

なぜか無関係である私が巻き込まれたと言う事ですね。

 

 

まず、「サン・ファン・バウティスタ」による支倉常長の、

エバエスパーニャ(メキシコ)」への派遣は、

この時代はスペイン帝国支配下にメキシコがあったわけです。

エバエスパーニャ」と言う名称は「新スペイン」と言う意味ですね。

 

ノビスパンと言うのは、田舎訛りの江戸の日本に於ける仙台での発音です。

島国ですので(笑)

おまえらの「独語」だろ、意味不明(笑)

 

サン・ファン館に行っても、

馬鹿には「エバエスパーニャ」の名前は分からないシステムです。

 どうでもいいですけどもね。

 

現行でも、スペイン帝国は、エスパーニャです。スペイン語です。

馬鹿だと何も分からんからね(笑)

 

 

 

エバエスパーニャ副王領(ヌエバエスパーニャふくおうりょう、スペイン語Virreinato de Nueva España)は、1519年から1821年までの、北アメリカ大陸、カリブ海太平洋アジアにおけるスペイン帝国副王領を指す名称。スペイン語で「新スペイン」という意味。

江戸時代の日本では、「ノビスパン(濃毘数般)」、「イスパニア(新意斯巴尼亜)」などと呼ばれた。

 

エバエスパーニャは、1521年にスペインとメソアメリカの仲間によるアステカ帝国の征服(1519-1521年)が完了した際に設立された。アメリカ大陸に設立された4つのスペイン副王領の中で最初に設立された(残り3つは南アメリカを管轄した)。その領土は、メキシコ中央アメリカアメリカ合衆国南西部中部、およびフロリダ、そしてフィリピン、マリアナ諸島およびカロリン諸島に渡った。

1635年以降は、スペイン王によって任命されるヌエバエスパーニャ副王が統治者する植民地となった。首都はメキシコシティ。こうして、スペインによってヨーロッパ〜アメリカ〜アジアを結ぶ広大な貿易網が確立された。これらの地域にはローマ・カトリックが強制的に布教された。インディアンの反乱や、イギリスやフランス、アメリカなどの列強によって一部領土が奪われることがあったものの、メキシコを中心とするそのほとんどの領土はメキシコ独立まで保たれた。

1821年にメキシコ帝国が独立し、ヌエバエスパーニャは解散された。

ja.wikipedia.org

 

 

 

サン・ファン・バウティスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 
 
ナビゲーションに移動検索に移動

サン・ファン・バウティスタ西San Juan Bautista[注釈 1])は、江戸時代初期に仙台藩で建造されたガレオン船である。仙台からスペインローマへ赴いたルイス・ソテロ支倉常長慶長遣欧使節渡航の中で、太平洋の横断に使用された。

船名は「洗礼者・聖ヨハネ」の意で[1]、スペイン側の史料に出てくるものである[2]仙台藩の史料においては単に黒船と記述があり、固有の和名があったかどうかは不明である[2]

建造から船出まで[ソースを編集]

 
サン・ファン・バウティスタ号は1617年、ローマの支倉常長と共に描かれている;Claude Deruet画
ガレオン船の帆の先端に、支倉の旗(オレンジ色の旗に赤い鉤十字)が見える

仙台藩の藩祖である伊達政宗は、江戸時代の慶長年間に、スペインの宣教師ルイス・ソテロや家臣の支倉常長使節としてスペインおよびローマへ派遣した。これが慶長遣欧使節である。使節は、外国との貿易を実現するための交渉を目的としていた[3][注釈 2]。慶長遣欧使節が日本を出発したのは1613年10月(慶長18年9月)だが、これ以前の1611年(慶長16年)には海外貿易や造船の構想がすでにあったらしい[注釈 3]

この計画のため、1613年(慶長18年)にサン・ファン・バウティスタ号が建造された。建造地は仙台藩領内の桃生郡水浜[注釈 4]である[9]。慶長遣欧使節に同行したシピオーネ・アマチによれば、サン・ファン・バウティスタ号の建造には大工800人、鍛冶700人、雑役3000人が関わり、45日を要したという[1]。進水後、この船は海上約50キロメートルを牡鹿郡月浦[注釈 5](つきのうら)へ回航され、最終的な艤装を施された。そして、慶長遣欧使節のルイス・ソテロ、支倉常長らを乗せて出帆することになる。また、日本を訪れ、帰国中に乗っていた船が大破したセバスティアン・ビスカイノもこれに同乗することになった。

 

航海[ソースを編集]

 
支倉常長の旅路と年号。このうち太平洋の往復航路がサン・ファン・バウティスタ号によるもの。
 
スペインで1632年に刊行された本のアカプルコ湾に、日本の船が描かれており(図中のDの船)、1614年-1615年に停泊していたサン・ファン・バウティスタ号でないかと見られている。
 
支倉常長ローマ教皇に謁見したときの絵。サン・ファン・バウティスタ号が左側に描かれている。

第一回航海[ソースを編集]

1613年10月28日(慶長18年9月15日)、サン・ファン・バウティスタ号は当時ノビスパン(新イスパニア)と呼ばれていたメキシコアカプルコを目指して、月浦から出航した。将軍下の侍10名、仙台の侍12名、日本人商人、水夫、家来120名、イスパニア人やポルトガル人40名など、180名が船の乗員となった。航海にはアンドレス・デ・ウルダネータが1565年に開拓しマニラ・ガレオンが用いていたウルダネータの航路が使われた。サンフランシスコ号乗組員の、船長ベニト・デ・パラシオ、水先案内人ロレンソ・パスケスらのイスパニア人航海士や水夫が操船を行い、日本人水夫等はその下働きで操船術を体験した。船は北太平洋海流に乗って東進し、12月26日に北アメリカのメンドシノ岬(北緯40度26分サンフランシスコの北方300キロメートル)を視認し、ここからカリフォルニア海流に乗って南下し、1614年1月25日(慶長18年12月16日)、3ヶ月の航海でアカプルコに到着した。当時はパナマ運河がないため、支倉とソテロは陸路でメキシコ市を経由して大西洋側に移動して別船にてヨーロッパへ向かった。

サン・ファン・バウティスタ号は1年3ヶ月の停泊後、1615年4月28日(慶長20年4月1日)に、スペイン国王使節ディエゴ・デ・サンタ・カタリーナ神父、仙台地域の鉱山産業の発展の為に約50人の鉱山業・精製業の専門家を乗せてアカプルコを出航した[要出典]。船はマニラ・ガレオンが用いていた北赤道海流に乗ってフィリピン東方に達し、ここから黒潮に乗って北上し1615年8月15日(慶長20年6月21日)3ヶ月半の航海で浦賀に到着した。

 

ja.wikipedia.org

 

  

 

自民党は、意味不明なこちらに関係妄想を持つ政党でした。

とにかく、強者と弱者の関係強い方は自民党、弱い方は私と設定して、

不法行為で私の人生を潰して喜んでいた、そんな集団が自民党清和会です。

 完全に妄想の集団ですね。とても用意周到で計画的です。

 

 

94と49

118と811

 源氏と平氏

スペインとメキシコ

13と4

五輪関係

 

赤の他人の三塚博

108と801

 

 

これで私の人生が潰された感じです。

 

 

これらは、私の人生には関係無い、過去の出来事です。

そんな他人の歴史を自分たちに重ね挙げ句には全く関係の無い私に押しつける

それが脳に障害がある自民党清和会ですね。

 

こちらは会ったことはない。

完全に連中の病気。

 

 私は、三者解析しただけです。

著しく迷惑を被ったからね。

親が馬鹿過ぎたのもありますね。

 

ですので、私の守護数4は、底支えではなくて、梯子外しの4です(笑)

更々相手にするわけがない。病気でしょ。

礼節がないダニは終わりだ。

単なる「サイコパス」ですね。

 

新しい出会いはまた別ですけどもね。

 

 これで「想定外」とかほざいていたらキチガイそのものだな。

誰も契約したことは一度も無いですので。

  

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

全ては、心の眼、印象で決まるのだから、

それでこちらが蔑ろにされて、馬鹿を評価する訳がない。

看板が汚れた時点で二度と相手にされない。

そして他の分野もゴミが汚すなと警告したい。

 

 

 ということで、脱線したのでタイトルに戻り続きです。

 

 

まず、仙台藩には、現行の宮城県内には国道108号線が存在します。

これが秋田県から鳴子、古川、美里を通り石巻に繋がる仙台藩の癌です。

大麻ロード(神社神職の衣装・薬物としてもOK)じゃないの?(笑

ここに、私か青葉病院に監禁された後、

FAOローマの表彰の「大崎耕土」が認定されました。

世界農業遺産です。

こちらは完全に無関係ですね。

 

 それで、秋田県を観れば分かるのですが、

秋田に向かう国道108号線に先には、国道13号線「フナブ・クー」存在します。

ダニの秋田県は地球から消滅していいよと思いました。

 

 鳴子とか、足りないのにおだってるからガン無視でいいですね。

完工記念碑から名前をこちらが削って当然。

 

頭がおかしいのは相手にすんなだけです。

 

 訳が分からないのに憑かれると、ろくな事が無い。

挙げ句に太々しいし、こちらに全くメリットがない。

病気じゃねーの?

 

 と言う事で、国道108号線が伸びている秋田県

そこから国道13号線に出るのは「小野小町」の「湯沢市です。

ここの出が現行の内閣官房長官ですね。

こちらは全く関係は無いです。当然。

 

私は、「小野雄大」と言う2012年4月当時の泉区障害高齢課の保健師により、

青葉病院に入れられましたが、仙台での奥山恵美子を筆頭とする、

人権侵害詐欺の土地「秋田県」は侮蔑しなければならんね。 

 

 自民党がやるのは、犯罪だけ。

ディベートご飯論法

話が通じるわけがない。

排斥が当然

  

1996年8月11日完工記念碑作成のその年に、鬼首で局地地震が発生しました。

くっさい神社の土地ですね。相撲温泉神社の土地

当時の私の直属上司は後に海で自殺しました。

 

 あそこに行くと不幸になるだけです。気持ちが悪い。

 

 鬼首は、1189年源頼朝に因む温泉神社清和源氏、清和会の土地なので、

こちらは無視ですね。

くだらない場所。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 まずは、黒い道路の国道108号線について書きました。

 

 それとリンクするのが、この醜い108万人都市である仙台市役所です。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

  

 次は、「サン・ファン・バウティスタ」なので、スペインの思想の仙台ですね。

  

 

仙台では、1995年より仙台市の再開発ビルである、「AER」が建設され始めました。

31階建ての守護数13フナブ・クーのビルで、

2000年以降せんだい男女共同参画財団「エル・ソーラ」が輝くことになります。

これは私を田名部奈緒子で潰す宮城県庁と組んでいる仙台市役所のそれです。

 

www.city.sendai.jp

 

 エルはスペイン語の「El」であり、「スペインの太陽」ってことです。

頭に障害がある土地ですので(笑)

当然、名前の興り紹介では、リビングの「L」だとか、ライフの「L」だとか、

妄言を吐いています(笑)

 

 

 

(恒星)太陽 の世界での綴り

 

日本人:太陽

米国人:solar

ロシア人:Солнце

韓国人: 태양

スペイン人:El sol

仙台の官限定:El Solar   ←言語能力無いキチガイ(笑)

 

 

 

 

 

1995年は私の宮城県新規採用1年目であり、呪われた年ですね。

阪神淡路大震災霞ヶ関サリン事件松下政経塾村井嘉浩と秋葉けんやの初県議

悪魔の年ですね。

 

 

 

知的障害者命名する名前 第2弾

 

アエル(AER) → 

a El=英語の 「a」+スペイン語の「El」 ←もはや言語ですらない(笑)

 

ほら、中学生でもこんな間違いしない。

まさか、違う言語同士でちゃんぽんとかね。

吐いて終わり(笑)

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

AER(アエル
AER from south-southwest 2010-06-02.jpg
施設情報
所在地 宮城県仙台市青葉区中央1丁目3-1
座標 北緯38度15分45.8秒
東経140度52分53.4秒
状態 完成
建設期間 1995年平成7年)3月17日 - 1998年(平成10年)3月19日
用途 商業施設・オフィス
建設費 746億(総事業費)
地上高
最頂部 145.5m
屋上 145.5m
最上階 31階
各種諸元
階数 地上31階、地下3階
延床面積 73,079 
エレベーター数 12基
関連企業
設計 仙台市
施工 フジタ松村組三菱建設JV
所有者 セキュアード・キャピタル・ジャパン

ja.wikipedia.org

 

 

 

 (抜粋転載開始)

2000年の男女共同参画時代を起点として、

仙台では男女共同参画財団の「エル・ソーラ仙台」が出来ました。

これが要するに山田奈緒子で私の人生を潰した女尊男卑政策である仙台ならではの、

スペインの太陽と言うことですね。

 

 

エル・ソーラ仙台 | せんだい男女共同参画財団
https://www.sendai-l.jp/center/ls/

 maya-taiyoushin.hatenablog.com

(転載完了)

  

 

 

下記が、仙台市役所の姉妹提携都市ですね。

確認すれば、きっちりと米国、フランス、メキシコ、中国までは入っています。

スペインが入っていない。

あとは、来年の東京五輪のイタリアのホストタウン事業ですね。

 

ここらを外せばOKと言う事で。

あとはドイツですな。

 

 

いずれ、こちらを監禁しただけの集団

私を生活保護に貶めただけ仙台市役所です。

 

人として相手にしないし、あとは全切りですね。

 

 

結局、仙台市役所の太陽は何処の太陽?

メキシコだけの交流であればマヤの太陽?

でもこいつらはアステカ・カレンダーは興味が無く、

遺品はキリストのものだけ。

 

こんなキチガイ共は理解出来んね。

 

挙げ句に、2011年8月の七夕を飾るときは、

メキシコシティで、スペイン人の血筋のメキシコ人ではなく、

純血メキシコ人と対面していたりして(笑)

 

キチガイの妄想って意味不明だからな。

相手にはしないね。

 

いずれ、スペイン帝国と姉妹提携はなし。

12月6日のスペイン帝国憲法に合わせて、仙台市営地下鉄東西線の開業

そしてドイツ・フランクフルト市で、同じ12月6日に奥山恵美子が表彰を受ける。

 

これって独語の世界

意味が分からない独り言って意味です(笑)

 

完全に病気だね。

 

 maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

挙げ句に、

サン・ファン・バウティスタ」の二次利用は、

奴隷運搬船です。

恥ずかしすぎて、開いた口が塞がらんね。

いくら現行の表向きは綺麗なふりのキリストでも、

現実からは目は背けるだろ(笑)

 

 

東北熊襲の産地のクオリティーは、

何処までの笑わせてくれます。

次の復元材質は、

出雲大社京都アニメーションのブームの集大成である

プラモデルです。

悪魔船の復活をお楽しみください(笑)

 

本日は8月6日の七夕開始日でした。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 


12月6日(じゅうにがつむいか)は、グレゴリオ暦で年始から340日目(閏年では341日目)にあたり、年末まであと25日ある。


1978年 - スペインで現行のスペイン1978年憲法が成立。(スペインの憲法記念日

2008年 - ギリシャアテネで15歳の少年が警察官に射殺される。抗議行動がギリシャ全土に広まり、一部が暴動化。(2008年ギリシャの暴動)

2015年 - 仙台市地下鉄東西線八木山動物公園〜荒井)が開業[1]。

 

12月6日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/12%E6%9C%886%E6%97%A5

 

 

 

仙台市の国際姉妹・友好/協定締結都市

 

 仙台市の国際姉妹・友好/協定締結都市|仙台市
http://www.city.sendai.jp/koryu/shise/gaiyo/profile/koryu/kokusai/index.html

 

 

 

 

仙台市ホストタウン記念事業「Amo ITALIA(アーモ イタリア)!」参加事業一覧

仙台市ホストタウン記念事業「Amo ITALIA(アーモ イタリア)!」参加事業一覧について

 平成28年1月、仙台市は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催効果を全国に波及させるために内閣官房が推進する「ホストタウン構想」に基づき、イタリア共和国のホストタウンとして登録されました。

 仙台市では、市民の皆さまにイタリア文化に触れる機会を提供するとともに、これを契機とした地域の活性化を図るため、仙台市ホストタウン記念事業「Amo ITALIA(アーモ イタリア)!」に参加する事業を募集します(平成33(2021)年1月末日まで)。

 現時点での参加事業は下記のとおりです。

 引き続き多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 仙台市ホストタウン記念事業「Amo ITALIA(アーモ イタリア)!」参加事業一覧|仙台市
https://www.city.sendai.jp/sports-jigyo/event/amo_italia_list.html