マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【犯罪の確たる直接の証拠】【日本精神神経学会側 犯罪者】私を「自民党宮城県連」、「宮城県」及び「仙台市役所」と共謀して精神障害者に仕立て上げ飯を食っていたのは、宮城県庁嘱託精神科医から紹介された過去の私の主治医であった「国見台病院 岩館敏晴」と「東北福祉大学 佐藤光源」です。【犯罪だけの土地 仙台藩】

 

 

 タイトルの案件については、一番下で確認されてください。

 

 1) 岩舘敏晴,他:精神経誌98(4):239-244, 1996
2) 藤光源:精神経誌102(7):589-615, 2000

 

 はじめに: 呼称変更の経緯|公益社団法人 日本精神神経学会
https://www.jspn.or.jp/modules/advocacy/index.php?content_id=58

 

 

 まず、仙台市役所泉区障害高齢課の様な犯罪者は、何度でも繰り返す。

この自治体は犯罪だけの自治だからです。

 

 

内部調書で私の再びの入院への意思を示しているが、

逮捕投獄されるのは、

ずばり泉区障害高齢課障害者支援係でしかない。

 

「刑法220条 監禁」及び

「刑法193条 公務員職権濫用」ですね。

 

 

f:id:masafree:20190804082746j:plain

 

 

 

実は、守護数4思想ってのは、

頭がおかしい脳に障害がある、

仙台市泉区障害高齢課障害者支援係のことなんですよ(笑)

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

 私は、仏教に於ける「唯識」と呼ばれる心の眼で、

心の眼で仙台市役所なんて私は認めたことは無い。

それが人脈という概念で、信用

あの組織と構築したことは、

人生で一度もございません。

全ては司法処理いたします。

 

 

女が認めていない男が寄れば、

ストーカー規制法違反」として通報されるので。

 

私が認めていないのが寄ったら、

全て民法と刑法で処理だけです。

 

それが法治国家だと、連中は足りないから

理解出来ていない。

それだけのことです。 

 

 

 

この皆様は、計画的で悪質、用意周到な犯罪者らでしかないので、厳格に司法処理いたします。

 

 改めて、仙台市役所の犯罪の集大成である、伊達文化の遺産であった国見疱瘡神と照らして整理します。

伊達藩は犯罪の土地ですので。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

結局、国見疱瘡神の場所に、国見台病院を設置、

そして精神保健福祉士社会福祉士養成の大学も

東北福祉大学として設置して、

私をモルモットに貶めていただけ。

現行で、国見疱瘡神は所有者なしですが、

世話人は、2回目の手術で入院中だそうです。

  

組織経由で得た情報であり、組織側は「世話人の所在は言えない」とのことでした。

石の解析は完了しているので、特にこちらも会う意味も無いです。

石ころ1個に大した歴史もない。疫病完了だけです。

 

流石は、悪魔の石になったわけだ。  

私は個人的には撤去のお願いはしました。

こちらは最初から要らないです。

 

 

これは、私の家系とは微塵にも関係ないです。

全ては伊達政宗の城下町の、伊達の物です。

赤の他人の石ころであり、関係ある資料はゼロです。

自民党の関係妄想でしょう。

 

  

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

  

 

 

そもそも、私は馬鹿と話す時間はないのに、

足りないのが、私の周りに寄って、不法行為を繰り返していただけ。

だからこちらは損害金を求めているだけですね。

 

何が起点かと言えば、私の家系の町ではなかった仙台市で、

私が1972年8月11日に生誕した訳で、

それが拘束仙台市役所の50年前の始まりです。

 

単なる犯罪の土地です。

こちらが認めたことは無い。

  

 

 タイトルのものについては、

過去にさらっと書いていましたが、

裁判に相応しくきっちり再度まとめます。

  

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

まずは、大分求めた物とは異なるのですが、

開示請求した公文書のメモ書きの一部です。

 

そもそも、私はこの仙台藩の公務員の相手はしたくないです。

頼んでもいないのに、向こうから許可無く寄って来るだけですね。

その醜態の顛末が今回の裁判です。

 

こちらが相手にしていないのにすり寄ってくる。

それだけですね。

 

 

下記が、宮城県庁3階の、当時の職員診療所で、

私が田名部奈緒に対する「ストーカー規制法違反」として処理された際に、

宮城県が雇っていた仙南の民間産業医であった精神科医 石井厚が記した

国見台病院への紹介状です。

 

 

 2002年6月に宮城県嘱託産業医 精神科医 石井厚

が書いた紹介状

f:id:masafree:20190804153822j:plain

 

 

 

 でですね。

上記に、私が「田名部奈緒」に対して「付き合いませんか?」と、

確かに私は一言当時には一度だけ本人に述べています。

これは、2001年度の1年間、私は業務妨害を受け、担当を替えられて、

部屋も移されましたから、これは当人に対する意思の確認作業です。

その直後に、私は「どういうことか?」と当時の事務所幹部に迫り寄りましたね。

元々、この組織は犯罪組織ですので。

 

2002年度に、2001年度の窓際の幹部は全て異動して、逃げて行った、

そんなずらーっとした犯罪組織である土地改良ですね。

 

忘れてはならないのは、私は2000年7月7日に福田クリニックに行かされて、

それが精神科への初診です。

当然、「いつ仕事を辞めるか?」と内心考えていただけであり、

私が組織に対して女の話をしたことは一度も無いですね。 

 

 2000年度末に、私は「みんなが迷惑するから辞めてくれないか?と退職勧奨されたわけであり、私は親の妨害で出来なかった。

 

元々、私は自ら辞表を出して現行で無職なわけですから、

当時で辞意を示すのは私の中では全く問題は無かったと言うことです。

東北農政局のゴキブリに妨害されたかな?

 

 

2001年6月頃よりに、宮城県仙台地方振興事務所農業農村整備部で、

事務所で勝手に職務室で、私に対する「セクハラ」を始めたんですよ。

 

 そして、若手で飲み会が開かれることになりました。

そこで「加茂技師」と言う当時の職員が「石塚さんも出るよ」と、

私に飲み会を誘いに来ましたが、私は断りました。

 

別に、要らない人材と前事務所で退職勧奨された組織で、

女なんて要らないからね。

 

 

それで、国見台病院へ、

当時の総務部事務総括次長の伊本に連れて行かれた訳です。

この事務所って頭がおかしいキチガイ事務所ですね。

国見台病院での初診が下記ですね。

カルトの私の書き起こしです。

 

 

 

国見台病院の初診日カルテ(書き起こし文字データ)

 

 

2002  6/17 初診。


(本人)県の嘱託医石井厚先生より紹介されて受診。平成13年から仙台市内の事務所に異動になったが、それと同時に新採で女性職員が同じ班に入ってきた。

当初は何も無かったが、その女性が直接ではないが周りの職員を使って自分に気がある事を伝えてきた。2ヶ月くらいは気づけなかったが、自分と付き合いたいみたいなサインを送っていた。そのことが事務所全体の噂として広まっていて、外部にも既に広まっていた。

そして周囲の人がニヤニヤして自分のことを見るので不快感があった。そのため、その女性に付き合いたいなら連絡をくださいみたいなメールを彼女に送った。そうしたらそれがまた周囲に広まってしまった。

まだ付き合っていないのに噂を広げられるのは困るので知らんふりをして無視していたら周囲の人から良い顔をされなくなった。こんな状態で1年間過ごしたが、建物内の他の事務所にも噂が広まって居づらくなってきた。

何度かメールを出したが返事が来ない。しかし気があるような素振りをする。その女性は上司に相談したらしく、上司から注意されたので、自分からしたのではないと主張した。何回か注意され石井先生の診断を受けることになった。

平成12年、大河原事務所にいたとき福田クリニックと台原高柳病院に通院したことがある。仕事が出来ず、このまま勤まらないのではないか言われ(噂の)それで医療を受けた。

 

(父)こんな話は自宅ではしない。大河原のときは周囲に対して被害妄想的だった。ちょっとしたミスでも責任を強く感じるところがあった。一人でかかえこみすぎる気がして、父の勧めで医療機関に受診させた。しかし2~3回通院させただけで中断した。

 

(本人)職場内外で噂になっていると思う。それは苦しい。女性関係のことでの噂。臨時職員にまで伝わっている。耳に入ってくる。向こうでしゃべっている内容が耳に入ってきて断片的ながら自分のことで噂しているとわかる。自宅に帰ってからは大丈夫。そのため働きにくい環境ではある。考えないようにしているがどうしても考えてしまって、夜眠れないこともある。
     
診断書 神経衰弱状態 3ヶ月の治療を要する

 

  

6月17日(ろくがつじゅうななにち、ろくがつじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から168日目(閏年では169日目)にあたり、年末まであと197日
ある。誕生花はバラ、ベニバナ。


1864年(元治元年5月14日) - 江戸幕府が神戸海軍操練所を開設。

1885年 - 自由の女神像がフランスからニューヨークに届く。

1963年 - アメリ最高裁が8対1で公立学校で行われていた聖書の朗読や主の祈りがアメリカ合衆国憲法に抵触するとの判決を出す。 (en:Abington
School District v. Schempp)

1971年 - 沖縄返還協定に調印。衛星中継によりワシントンと沖縄で同時に行われる。

1971年 - 明治公園爆弾事件。37人の機動隊員が重軽傷を負う。

 

ドイツ統一の日(西ドイツの旗 西ドイツ、- 1990年)
1953年の東ベルリン暴動を記念。

 

6月17日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/6%E6%9C%8817%E6%97%A5

 

 

 

 下記が、仙台市泉区障害高齢課より、開示請求して得た公文書です。

流石、栗駒鶯沢保健推進室0228-45-2137」ですら

狂った関係妄想の、犯罪組織でした

 ここは、犯罪の東北農政局の地元母体なので。

分かりきった土民部落ですな。

  

では、4枚それぞれの解説です。

 

 

 

 仙台市泉区障害高齢課への開示請求した公文書の一部(4枚)

 

 

まずは、栗駒町です。

ここは私の父親の実家があるところです。

現行では赤の他人で、こちらは土地ごと捨てました。

ここの米を食べることは未来永劫無いね。

  

f:id:masafree:20190804085635j:plain

 

上記は、電話番号「0228-45-2137」で、

犯罪が丸わかりですね。

 

 

45は、1970年(アポロ13号、コメット(隕石)他)

21は、1972+21年=1993年(浅野史郎初当選)

37は、1972+37年=2009年(私の無職元年)

 

 

 

私の中では、下記は随分と要らない年表。

 

 

1970年3月14日 - 日本万国博覧会大阪万博)が開幕。

1970年4月10日 - ポール・マッカートニービートルズからの脱退を発表。(ビートルズの解散問題)

1970年5月3日 - 創価学会の池田会長が、創価学会公明党の分離を本部総会で表明。
1970年 4月11日- アメリカの有人月探査機「アポロ13号」打ち上げ。

1970年5月18日 - 全国新幹線鉄道整備法公布。
1970年 7月3日- マンチェスターからバルセロナに向かって飛行中のダン・エア・サービスのDH106 コメットがバルセロナ近郊に墜落、乗員乗客112名全員が
死亡。

1970年10月21日 - 佐藤栄作首相が日本の首相としては初めて国連総会で演説。

 

 

 

次は庁舎の場所です。 

 

 

鶯沢総合支所 市民サービス課

更新日:2018年10月1日

直通電話
0228-55-2111
ファクス番号
0228-55-3932
住所
郵便番号:989-5492
宮城県栗原市鶯沢南郷辻前74番地1

鶯沢総合支所 市民サービス課|宮城県栗原市
https://www.kuriharacity.jp/soshiki/gaiyo/20180604192224.html

 

 

-3932

-5492

 

39は、1972+39年=2011年(東日本大震災)

32は、1972+32年=2004年(アテネ・オリンピック)

54は、1972+54年=2026年(フナブ・クー13×2?)

92は、1992年(スペイン・バルセロナ・オリンピック)

 

 

74番地1

 

74は昭和47年の逆ですね。

 

おまけだと、(74-47)+1972=1999年です。

 

 

 

いずれ栗駒は私の人生の汚点だ。

仙台市同等最悪の土地だ。

用済み。

二度と相手にせん。

 

 足りない部落の犯罪の土地に、

上から目線で言われる筋合いは無い。

 

国会議事堂の赤い絨毯すら歩いたこともないかっぺにな。

井の中の蛙が、海の外を見るはずもない。

ここの教育委員会は足りない頭

教育のレベルが知れるね。

 

 

よくある事象で、

自分の頭が知識が欠落し、足りないのに、

自分が分からないものを、知識がある人間の話を受け、

支離滅裂判断するのはよくあること。

 足りない頭が公務員になってはならない顕著な事例です。

 

 いずれ、GHQ農地改革山口県田布施ゴミは終わりだからね。

更々相手にしていないかな。シロアリはね。

 

 

1970年10月21日 - 佐藤栄作首相が日本の首相としては初めて国連総会で演説。

 

 

 私は別に佐藤には全くなりたくありませんでした。

東北農政局に50年間騙されていただけ。

今後も排斥を明確に意思表示してまいります。

 

 シロアリこの上なく鬱陶しい。

年貢の納め時。

海の藻屑になればよい。

 

  

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 私は2008年10月21日に辞表を送付しました。

38年で田布施政治は終わりました。

 

その後に連中が私に挑発したから、ぶち壊れたね。

触らぬ神に祟りなしになっていたことも理解出来ない犯罪者と言うのは、人間終わりじゃないか?

人間のくずだから仕方がないね。

 

 

 

 

諸行無常(しょぎょうむじょう、sabbe saṅkhārā aniccā、सब्बे संखारा अनिच्चा)は、仏教用語で、この世の現実存在(森羅万象)はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。「諸行」とは因縁によって起こるこの世の現象(サンカーラ)を指し、「無常」とは一切は常に変化し、不変のものはない(アニッチャ)という意味[2]三法印四法印のひとつ[2]

宋代仏教書景徳伝灯録』によれば、釈迦牟尼仏入滅に際し、沙羅双樹の木の下で説いた言葉と伝えられる[3]

諸法無我と並べられるが、行は因縁によって起こるこの世の現象を指すのに対し、法は涅槃すらも含むあらゆる事象を指している[2]

ja.wikipedia.org

 

 

 

いずれ、

安倍晴明」が陰陽師でやった勇逸の成果は、

天狗を捉えたことです。

ならばこちらは大杉神社を捨てればお仕舞い(笑)

 

和歌山のヒゲタ醤油の「悪魔払え囃子」なんて、聞いたことがない。

井戸端の老害専用の子守歌では?

 

 私は全てゼロべースで査定評価するタイプなので、

歴史があっても、妄想は鼻から相手にしません。

私の性格です。

 

大杉神社の情報は、私が閉鎖に入る前に、

栗原市から横抜きした情報です。

私は生まれてからまともに聞いたことはない。

親から伝達されていないので無視です。

これは裁判用ね。

 

いずれ、私はネットで情報収集して、足りないのは現場調達ですので。

ネットオンリーではございません。

ネットに全部書いてあるわけがない。当然のこと。

 

私は、仙台藩で廃刊になった「城・館」の文化財本の出版した会社まで、

閉鎖に入る前に突き止めていたからね。

足りない公務員よりは遙かに勘は回りますよ。

それって、学芸員公務員は誰も知らなそう

馬鹿の集まりだからね。

 

 

背信の50年の土地は、「戊戌」により司法処理のみ。

あとは知らんね。

 

 

青い鷲は、人並み外れた「鋭い勘」が全てです。

見抜き尽くすように、日々頑張っています。

 

 

青い鷲

キーワード
「見通す力」「クールな知性」「ビジョン」
 

●勘がするどい
「勘」が働く直感型の人です。
なんとなく上手くいきそう。と思うことが多く、
瞬間的に現状と未来を冷静に判断します。

●先見性(先読み)がある
観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。
個人的な考えやビジョンが広がります。
友人から相談を受けることも多い人です。

●広い視野
鷲が大空から、獲物を取る時を連想していただくとわかりやすいのですが、
どこに何があって、この後、どうなりそう。など、
人の動きや人の心の動きがよく見えます。
着眼点が人と違い、面白い角度から物事を捉えることができます。
未来の状況を客観的に見れる一方、イロイロなことが見えすぎるため、
否定的な意見も言ってしまいがちです。

 

マヤ暦から覘き見る隠された自己
これらの刻印を持って生まれたあなたは、デリケートな心と、決めた事をやり遂げる強さを兼ね備えています。
そして、豊かな想像力が持ち味の頭脳派です。
野心に燃えつつも計画的に事を運び、また謙虚でありながら進歩的考えを示す二面性を高め合うことで運気はアップ。
勘が鋭いので、本能の赴くままに行動し自らの第六感を信じることで最大限の力が引き出されます。
また、大切なのは来るべき時をじっと待ち、気晴らしをしながらも、じっと考え続けることです。
そして、あなたの想像力を刺激するひらめきが天から降りてきたときこそ、
持てる才能をフル稼働させるときなのです。

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

私が電話で、それなりの荒れ気味?の口調になるのは、

栗駒の訳が分からない土民の父親が居るからですね。

なんだこの馬鹿と日々思っています。

関係無いので。

 

  

 次のは、イトウの女性職員の話です。

下記リンク先に書きました。

 

f:id:masafree:20190804095438j:plain

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

下記は、区障害高齢課による、

転院妨害での後のクレームです。

  

f:id:masafree:20190804085756j:plain

 

 

これが元で今回の開示請求ですね。

上記に3週間放置と書かれていますが、現実は1週間でした。

けど普通は3日くらいで変更後の受給者証が届くらしいです。

いずれ転院の妨害であり、更に今回の開示請求で故意に書類が足らず、

隠されているので、改めて今週は催促かけます。

  

 

下記は全体的なクレームです。

 
f:id:masafree:20190804084543j:plain

 

 

 上記の文体は、言葉足らずな表現ですが、

まぁ内容としては大方合っているかな(笑)

 

前後で、私は補足の長文で流れを経て話しています。

上記は話の全体の5%位ですな。

 

 

 

 

 

 

最後に、

下記が私が2002年6月の三位一体の改革に合わせて、

私が当時に宮城県仙台地方振興事務所に於いて、

田名部奈緒により、官製美人局にされた案件ですね。

 

 

1996年は、鬼首で8月11日に地震があり、

私の名前が完工記念碑に刻まれた、呪われた年です。

2000年は神の国発言ですね。

 

1996年が岩館敏晴で、当時の私の国見台病院の主治医。

2000年が佐藤光源で、東北福祉大学の教授。

後のパルいずみの精神保健福祉士であるイトウの事です。

 

精神分裂病」から「統合失調症」への改名は、

2002年8月です。

私への官製美人局(2002年6月)は、

小泉純一郎政権で用意周到、計画的な犯罪です。

確実に逃げられないですね。

浅野史郎が居るところですね。

神奈川県。もろバレ。

 

 

 

国見疱瘡神は、頭の病気そのものですな。

きしょいです。

 

 

 フォローしておけば、

岩館医師のカルテは開示したが、

内容は非常にマトモでした。

所詮は犯罪は官側かな?

そんな感想ですね。

 

 

 

 

 

 1) 岩舘敏晴,他:精神経誌98(4):239-244, 1996
2) 藤光源:精神経誌102(7):589-615, 2000

 

 

 

病院案内Hospital Guide

院長あいさつ

 当院は今年で開院から65年を迎えます。
 この長い歴史の中で変化してきたのは精神科医療の体制ばかりでなく、人の心の反応の仕方、行動様式も変化してきたように思います。右肩上がりの高度経済成長時代には、真面目に働いてさえいれば給料は上がり、マイホームを持て、老後の生活も保証されていました。メランコリー親和型性格と言われる真面目にコツコツ働く人がうつ病になりやすいと言われた時代でした。
 しかし今、経済の先行きは不透明で、生涯同じ会社で働く人も減ってきました。ネット社会において情報は便利である一方、間違った情報や知識に振り回されることも多くなりました。かつて「自閉的」と呼ばれた生活態度であっても、ネットから情報を得たり、情報を自ら発信することもできるようになり、人との繋がりも直接的なものから間接的なものが多くなりました。バスや電車の中でのんびり窓外を眺めるより、ひたすらスマホを操作する人も多くなりました。
 こうした人の心や行動様式の変化に対して、精神科医療・医学は今後どのように対応して行かなければならないのか、真剣に考えなければならない時期を迎えたように思います。ただ、時代がどれだけ変わっても、変わらない人間としての本質を信じなければ、精神科医療は成立しないものだとも思います。時代と共に変わるものと、時代が変わっても変わらないもの、その両者を視野に入れながら日々の臨床を実践してゆきたいと思います。
 今年もまた、皆様の暖かいご支援を宜しくお願い申し上げます。

                                      2019年 1月
                                       院長 岩 舘 敏 晴

クリニック案内 - 一般財団法人みやぎ静心会
http://www.kunimidai.com/guide.html

 

 

 

はじめに: 呼称変更の経緯

更新日時:2015年1月28日

監修: 日本精神神経学会 前理事長
東北福祉大学大学院精神医学教授 佐藤 光源

はじめに:呼称変更の経緯

日本精神神経学会 前理事長
東北福祉大学大学院精神医学教授
佐藤 光源

 日本精神神経学会は2002年8月、1937年から使われてきた「精神分裂病」という病名を「統合失調症」に変更することに決めた。それに伴い、厚生労働省精神保健福祉法に関わる公的文書や診療報酬のレセプト病名に「統合失調症」を使用することを認め、同年8月に各都道府県・政令都市にその旨を通知した。現在、メディアや出版業界など多くの領域で、精神分裂病統合失調症に変更する作業が進められている。

呼称変更までの経緯

 今回の呼称変更は、全国精神障害者家族連合会が日本精神神経学会にその変更を要望したのが契機となった。1993年のことで、「精神が分裂する病気」というのはあまりに人格否定的であって本人にも告げにくい、変えて欲しいという主旨であった。同学会は1995年に小委員会でこの問題を取り上げ、翌年に「Schizophreniaの訳語の歴史」1)をまとめた。そのなかで、schizophreniaを訳出する時に「その訳語が当事者にとって社会的な不利をもたらさない」を原則に加えることや、「病」ではなく「症状群」であることを指摘した。その後、「精神分裂病」という病名自体が当事者の社会参加を阻んでいる可能性に注目し、その侵襲性と病名変更の必要性について調査を始めた。学会員、評議員と当事者へのアンケート調査、総会におけるシンポジウム(札幌、1996;宜野湾、1998)やワークショップ(仙台、2000)を行うとともに、仙台総会の会長講演「精神分裂病はどこまでわかったか」2)では近年の精神医学の進歩に基づいて「精神分裂病」概念を見直して、発症脆弱性でこの病気を規定する医学概念を医療に応用することは回復者の余生に深刻な不利益を生じるので危険であり、医療には臨床症状群で規定した疾病概念を使用すべきことを提唱した。こうした経緯を経て委員会では呼称変更に関する中間報告を1999年に作成し、それを理事会に報告した。2000年に発足した新理事会ではこの問題を重視し、呼称変更のための特別委員会と拡大特別委員会を設置した。その後、家族会アンケート、一般市民からの意見募集、公聴会などを行い、新しい呼称候補を3つに絞った。2001年7月よりこの呼称候補3つに関するアンケートを実施し、同委員会は2002年1月の理事会に「統合失調症」への呼称変更を提案し、理事会が承認し、6月の評議員会でこれを議決し、同年8月の総会で正式に決定した。
 

表1:疾病概念の比較

  精神分裂病(旧) 統合失調症
疾病概念 一疾患単位
(早発痴呆が中核)
特有の症状群
(多因子性)
指標 脳の発症脆弱性で規定 臨床症状群で規定
疾病と人格 不可分 別の次元
原因 不明 神経伝達系の異常
成因に異種性が存在
重症度 重症 軽症化
予後 不良 過半数が回復
病名告知/心理教育 困難 容易
治療 主に薬物療法 薬物療法と心理社会療法

変更の理由

 第一は、近年、精神障害の治療目標が疾患次元にとどまるのではなく、ノーマライゼーション(一般社会のなかで、障害者が障害をもたない人とともに普通に生活できること)が最も重視されてきたことである。それは、精神医学に課せられた社会的生命の保証でもある。医療が疾患レベルを超えて全人的であるべきことはすべての医学領域で広く認識されているところであるが、精神障害への誤解や偏見が存在する精神科では極めて大切なことである。現在の精神医療は、症状を改善して患者の社会生活機能を高めることを目指して行われているはずである。症状を改善しようとするあまり向精神薬の大量・多剤併用療法を行い、副作用の認知障害(記憶障害や注意障害)や神経症状(錐体外路症状など)で患者の社会生活機能を損なったり、症状の消失を目指すあまり入院が長期化し、そのために実社会での生活機能が低下するようなことはあってはならないことである。問題は、そうした精神医療を受けて回復した人が再び社会(家庭、学校、職場など)に復帰する時の、社会の側の受け入れである。回復して戻ってきた人が「精神分裂病」で治療を受けていたと知った時、他の病気から回復した人と同等に社会は受け止めているであろうか。
 この問題を解決するには、「精神分裂病」という病名に刻まれた誤解と偏見、それによる不当な差別を解消する必要がある。スティグマを生じている理由について、委員会では「精神分裂病」という訳語自体が適切でないことと、その疾病概念が古く誤った疾患概念を引き継いでいるという2点を重視した。

精神分裂病」という訳語の不適切さと「精神が分裂する病気」という人格否定的な響きについては、テーマ2でとりあげる。また、「精神分裂病」と翻訳した当時の疾患概念や診断基準と現在のものとの比較はテーマ3でとりあげるので、それを参照されたい。呼称が持つ人格否定的な響きとその古い疾患概念のために、「精神分裂病」と診断されたことで患者の自尊心が傷つき、回復者の受け入れを社会が逡巡してきたことを否定することはできない。ノーマライゼーションを基本原則とする医療とケアにとって侵襲的である「精神分裂病」という呼称を変更して、治療意欲が高まるような新しい呼称と疾病概念を必要としたのである。
第二の理由は、最近の精神医学の進歩によって精神分裂病の疾患概念がかなり変わったことである。それは、四半世紀前の教科書の記載の修正を要するほどのものであった。新旧の主な疾病概念を比較すると、表1のようである。
今では、精神分裂病とは人格荒廃に至る重症、予後不良の疾患であるという古い疾患概念規定はすでに否定されている。長期予後でも過半数が回復し、重度障害は20%以下とされているのである。最近は軽症化が指摘されており、さらに社会生活機能を損なうような副作用が少ない新世代の抗精神病薬が登場した。2001年のWHO精神保健レポートにも、適切な薬物療法と心理社会的なケアを受ければ、初発患者の過半数は完全かつ長期にわたる回復を期待できると明記されている。最近の神経画像解析や神経伝達系機能の解析、遺伝分子生物学的な研究成果によりその病態はかなり解明されており、脳ドーパミン神経系の過剰反応を主とし、前頭前皮質における興奮性アミノ酸神経系の機能低下や視床大脳辺縁系の病態を伴うことが明らかにされている2)。また、完全に回復しても服薬中断によって頻回に再発したり、家族や周囲の人のネガティブな感情表出で再発しやすいことから、適切な服薬継続と心理社会的なケアがこの病気の長期転帰を大きく左右することも確認されている。
アメリカ精神医学会による多軸診断(表2)の普及も注目される。多軸診断法では精神分裂病は第1軸の病気であり、患者の人格は第2軸で評価される。「精神分裂病者」とか「分裂病者」という言葉はもはやメディアにも登場しなくなったが、それでも何か事件があると過去の病歴や治療歴が報道されたり、分裂病者という表現の研究論文があとを断たない。「精神分裂病」と診断されると、すでに病気が回復して久しいのに「分裂病者」とされ、第2軸で評価されるはずの人格が失われているか、損なわれているように誤解されやすい。急性期の症状は人格全般に及ぶことはあるが、回復すれば本来の自分を取り戻すことができるのである。
第三の理由は、新たな医療を展開できることであるが、これについてはテーマ4で述べる。

2:DSM-Ⅳの多軸評定法

第1軸 疾患、医療の対象となる他の状態
第2軸 人格障害精神遅滞
第3軸 身体疾患
第4軸 心理社会的および環境問題
第5軸 昨日の全体的評定

<米国精神医学会:DSM-Ⅳ, 1995>

【 文献 】
1) 岩舘敏晴,他:精神経誌98(4):239-244, 1996
2) 藤光源:精神経誌102(7):589-615, 2000

 

 はじめに: 呼称変更の経緯|公益社団法人 日本精神神経学会
https://www.jspn.or.jp/modules/advocacy/index.php?content_id=58