マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

東北森林管理局に対して、南三陸町のイヌワシの繁殖に関係する「佐久(株)」との連携に関し、「武家三塚から出た私としては、関係はない」と電話を入れました。

 

 そもそも、農水省の役人であった私の父親は三塚とは関係ございません

 

本件に関して、私の父親が発言する資格はゼロです。

また私の家系には農水省に誰も居りません。

無関係です。

 

本案件は、私の母親がまず佐久市三塚村を知らなかっので、

勝手に情報を第三者が漁り、利用されていると言う疑惑が濃厚になったことから、

釘を刺すために電話を入れました。

 

仙台藩での城を有する三塚は、私の家系のみと思われ、

他の三塚は全く関係ございません。

全て関係妄想です。

 

下記では、2012年までに4つのつがいのうち、3つまでが消滅とされています。

2014年より群馬でやっていた様で、私とは全く関係ございません

 

また、私と群馬は人生上接点はゼロでございます。

 

 

本案件については、

長野の佐久市(三塚村)は、隣が群馬となっておりますが、

読み仮名は「みちづか」です。

私の家系は「みつづか」ですので、

一緒にまとめられるのは迷惑だと言う事です。

 

勝手にまとめているのは自民党です。

こちらは相手にしたことはありません。

 

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

トナティウ
Tonatiuh
地域・カテゴリ
地域一覧 中南米 アステカ神話
説明
メソアメリカ中央部における太陽神。

クアウートレウアニトル(Cuauhtlehánitl=「天に昇る鷲」)とクアウテモック(Cuauhtémoc=「降りる鷲」)の姿で顕現する。
配偶神はヨワルテクートリ。
とくにメシーカ・アステカ人(一般にアステカ人といわれるメキシコ盆地に移った最後の部族)にとって、
若い戦士としての戦神ウィツィロポチトリと結びついていた。
さらにヨワルテウクティン(夜の神々)の3番目として、
若々しいトナティウの姿をとるピルツィンテクートリでもあった。
サポテカ神話の「コピーチャ(Copijza)」に相当する。

トナティウは生命の供給者であり、神話の中で5回変わった太陽のうち現在天上にある第5の太陽そのものであり、
アステカの20ある暦日(センポワリ)の19日目である」「キアウィトル(Quiáhuitl=「雨」)の守護神であり、

さらにトナルテウクティン(夜の神々)の4番目でもある。
トラルテクートリやウィツィロポチトリと同様に人間の生贄を頻繁に要求する神であり、
多くの心臓と血がこの神に捧げられた。

またトナティウ自身もテクシステカトルとナナウアツィンの犠牲によって生まれた神である。
生まれたトナティウ=第5の太陽はそのままでは動かず、生贄の血を要求した。
これをなだめるために神々はケツァルコアトルを呼び、彼の黒曜石のナイフで自分達の心臓を取り出させた。


トナティウ(Tonatiuh) - 神魔精妖名辞典
http://myth.maji.asia/amp/item_tonathiu.html

 

 

青い鷲

キーワード
「見通す力」「クールな知性」「ビジョン」
 

●勘がするどい
「勘」が働く直感型の人です。
なんとなく上手くいきそう。と思うことが多く、
瞬間的に現状と未来を冷静に判断します。

●先見性(先読み)がある
観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。
個人的な考えやビジョンが広がります。
友人から相談を受けることも多い人です。

●広い視野
鷲が大空から、獲物を取る時を連想していただくとわかりやすいのですが、
どこに何があって、この後、どうなりそう。など、
人の動きや人の心の動きがよく見えます。
着眼点が人と違い、面白い角度から物事を捉えることができます。
未来の状況を客観的に見れる一方、イロイロなことが見えすぎるため、
否定的な意見も言ってしまいがちです。

●交渉能力・企画能力が高い
「先見性」と「広い視野」を持っていますので、
交渉事が得意だったりします。
相手が思っている懸念材料を解消しまとめるのが得意です。

●クールで厳しい
物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。
さいころは大人びいて見られることも多いようです。

人を惹きつけ、また仕事が出来きる人です。
マイナス面が目立つと、鋭い指摘とネガティブな発言が出やすくなりますので、注意が必要です。
誠意を忘れずに。

適職
政治家、弁護士、評論家。また大企業においては企画部門や郊外担当などが適職です。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

2019.01.07(2019.07.08 更新)

三陸イヌワシ保全する新たな森林管理開始

報告

専門度:専門度4

テーマ:生息環境創出林保絶滅危惧種

フィールド:森林

絶滅の危機にあるイヌワシの生息環境を改善するために、皆様のご支援をいただきながら、2014年から群馬県みなかみ町「赤谷の森」でイヌワシが狩りをする場所の創出試験を進めるとともに、2015年から宮城県三陸地域でイヌワシ生息環境再生プロジェクトに取り組んできました。

三陸地域は古くからイヌワシの生息地として知られており、60年以上に渡って地元の方々によって調査が進められてきました。そのため、イヌワシの繁殖地として国の天然記念物に指定され、南三陸町の“町の鳥”はイヌワシです。イヌワシは南三陸地域の人々にとって古くから親しまれてきました。しかし、南三陸地域で生息が確認されていた4つがいのうち、3つがいが2012年までに消滅してしまいました。

▲1970年代イヌワシが毎年のように繁殖していたころの南三陸地域の生息環境。林業などによって樹木が少なく、イヌワシが狩りのできる空間が見られる。

 

国有林・町有林・民有林が連携した日本初の取り組み

今回、イヌワシの生息場所である森林を管理する、林野庁東北森林管理局、南三陸町、佐久株式会社が連携して、イヌワシの生息環境の再生を目指す5年間の森林計画を策定することで合意し、12月7日に記者会見を行いました。

国有林・町有林・民有林が連携したこのような取り組みは日本初のことです。イヌワシの行動範囲はひとつがいあたり6000haにも及びます。赤谷の森で、生息環境の改善を進めてこられた要因のひとつは、イヌワシの行動範囲のほぼ全てが国有林であることです。一方で、日本各地のイヌワシの生息地においては、行動範囲の森にさまざまな所有者がいる方が普通です。日本各地で、森林にかかわる多様な主体が連携して、イヌワシ保全林業振興の両立を目指す取り組みを進めることができれば、イヌワシを絶滅の危機から救うことができるものと期待します。

 

 

 

三陸イヌワシ保全する新たな森林管理開始 - 日本自然保護協会オフィシャルサイト
https://www.nacsj.or.jp/2019/01/14033/