マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【山田奈緒子】パナソニックの4月-6月営業利益は43.6%の減、テレビの赤字でメキシコ工場閉鎖へ、地域や価格帯等によっては撤退を示唆【田名部奈緒子】

 

 7月31日のニュースです。

 

メキシコの工場は撤退し、この自民党思想も終わりみたいです。

いずれ、ブランドのみで売れなくなったパナソニックの今後の正念場でしょう。

 

確かに、パナソニックは生み出せなくなったらしく、

今後10年間を危惧していたのはこのことかと数字で確認出来ました。

 

私は、仲間由紀恵松下政経塾のこのブランドに対して、

出すお金は1円もございません

 

魅力は全く無いですね。

 

 

まさに、宮城県庁+宮城県警+仙台市役所の行動の賜なんでしょう。

心よりお喜び申し上げます。

 

 この皆様は、単なる監禁集団だからね。

理解出来ないかな。

 

 

監禁と、こちらの司法執行の妨害だけは一人前なのですから、

バンバンと排斥しています。

排除電話ばかりですね。

 

切られて喜ぶ、かなり異常な集団。

ならば、なぜこちらを観る、観ていたのだろう?

 

最後まで意味が不明です。

こちらは金銭回収のみで、全く相手にしていない。

 

 

 

 

テクノロジー2019年7月31日 / 16:14 / 14時間前更新
パナソニックの4─6月営業益43%減、テレビ赤字でメキシコ閉鎖へ
Reuters Staff
1 分で読む

[東京 31日 ロイター] - パナソニック(6752.T)が31日発表した2019年4─6月期(国際会計基準)の営業利益は前年比43.6%減の563億円だった。中国の設備投資低迷が響いたほか、車載機器の開発費増加や欧州を中心としたテレビの苦戦が足を引っ張った。前期に土地売却益を計上した反動も出た。

会見した梅田博和・最高財務責任者(CFO)はテレビ事業が赤字に陥っていることを明らかにした上で「テレビは続けるにしても、大きな赤字を出して続けることは考えていない」として、コスト構造を見直す方針を示した。すでにメキシコ生産拠点の閉鎖手続きに入っているという。

梅田CFOは「今後、地域や価格帯等によっては撤退という選択肢もあるかもしれない」と語った。

部門別の営業利益は、家電などのアプライアンスが前年比23%減の300億円、住宅などのライフソリューションズが127億円(前期は1億円の赤字)、工場の自動化などのコネクティッドソリューションズが同39%減の137億円、車載事業のオートモーティブが100億円の赤字(前期は15億円の赤字)、モーターなどのインダストリアルソリューションズは同69%減の52億円だった。

ADVERTISEMENT


米電気自動車大手テスラ(TSLA.O)向け事業は赤字で、まだ立ち上げに伴う生産ロスが多いという。

売上高は前年比5.9%減の1兆8911億円だった。

このうち中国の売上高は前年比19%減の2122億円で、地域別で最も落ち込みが大きかった。

2020年3月期予想は据え置いた。営業利益予想は前年比27.1%減の3000億円で、リフィニティブが集計したアナリスト20人の予測平均値3199億円を下回っている。

ADVERTISEMENT


梅田CFOは業績予想を据え置いたことについて「4─6月期のだいたい20%の利益進捗で、今回もオントラックだ」と説明。「下期も元々それほど強く見ていないので修正する必要がない」と語った。

日本政府が貿易手続きを簡素化する「ホワイト国」から韓国を除外する方針を示していることについては「大きな影響は想定していない」という。

志田義寧 編集:石田仁

 

パナソニックの4─6月営業益43%減、テレビ赤字でメキシコ閉鎖へ - ロイター
https://jp.reuters.com/article/panasonic-results-idJPKCN1UQ0RF