マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【詐欺師】マヤ神話の全能神・守護数13「フナブ・クー」思想より、2001年(平成13年)に三塚とお友達のふりをして石塚奈緒子が私の目の前に現れ、裏では「タナブ・クー」に昇格するために男と付き合っていた。その集大成が田名部奈緒子【宮城県庁】

 

 私は、色々と自分の人生を顧みて、自分の人生で何が問題であったか?

改めて洗い出して点検していたわけですね。

 

それ以前に、まず犯罪の温床の土地である仙台は捨てなければならないことは、

10年前に直感で分かっていましたが、言いがかりで私を監禁したのが宮城県警です。

 

いずれ、仙台の公務員は、20年間、若い女で私を釣っていた

動物レベルのIQの公務員の皆様です。

 

私は、この30年間はここの公務員に騙されたので、裁判での賠償金回収です。

それが済めば、仙台の公務員なんて未来永劫相手にしないですよ。

民が馬鹿の相手をしなければならぬ法律はございません。

 

 極論、税金支払っていれば、あの馬鹿共は寄ってこないので、全て無視ですね。

公務員が相手にされるのは、犯罪をする前です。

 

 結局、私がこの仙台藩の公務員に対して常に言いたいのは下記だけです。 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 後ほど座席表についてはブログで整理して公開したいと思います。

 

この宮城県庁の現役時代では、常に執拗に若い女性ばかり見せられており

その女性で釣る悪行は、この自治体の特徴だと思われます。

 

 

 

 

 

 実は、宮城県庁での主としてテレビ業界と関与した名前である女性職員は、二人です。

 

 

石塚奈緒子 → 田名部奈緒

橋本久美子 → 小泉久美子

 

 

 ダイレクトに、

これは沖縄県出身仲間由紀恵ドラマでの芸名ですね。

 

トリック 山田奈緒子

ごくせん 山口久美子

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

これだけの、くだらん土地改良の関係妄想です。

こちらは上記2人の職員は好きで見ていたわけではなく

私は雇用でその席に着いていただけ、見せたの全て宮城県組織です。

1円も出なければ全く相手にしていませんね。

 

 まず、自民党で言う「橋本久美」は、

亡き橋本龍太郎の嫁の名前です。

 

 

先のこの橋本久美と言う職員は、1995年度に私の入庁に合わせて

新規採用であった私の机の消耗品ですね。

これを用意してくれた女性職員であり、別に悪い人では無かったですが、

元々この宮城県組織が伏魔殿でしたので、その後の展開はその通りでした。

 

 実は、宮城県の私が観た女性職員てのは、確実に私がその部屋に居る間に、

計画的にプライベートでは男性と付き合い、大方私と異動で離れる間際に、

入籍発表する皆様です。

 

これは自民党らの醜い神道政治の一環です。

当然、私は別に最初から無関係ですので、誰が入籍しようがどうでもいいです。

こちらは雇用環境が最悪なので、「金の切れ目が縁の切れ目」のみであり、

最後は全切り完了です。

 

最初からプライベートで相手にしたことは全くありませんね。

 

 橋本久美子に戻りますが、この人物は1995年度末の頃に、

同じ事務所に居た小泉と言う職員と入籍の話題きちらっと洩れておりました。

そして、2008年の私の退職に合わせて石塚奈緒子が田名部奈緒子に成りましたが、

結論として、この橋本久美子の旦那である小泉が、田名部奈緒子と同じ職務質に同僚として存在していました。

そんな醜い奴らですね。

特に、橋本久美は後に泉久美子として、2001年(平成13年)に、

浅野史郎精神医療のポストの机で名前が確認出来ました。

最初から旦那の小泉に求愛ですから、この組織は小泉純一郎の組織でした。

最初からですね。要らんシロアリ集団でキモイです(笑)

 

ですので、この二人の橋本久美子と石塚奈緒は、

単なる守護数13「フナブ・クー」です。

 

その場所が、私が2000年度末に「みんなが迷惑だから辞めてくれないか?」と

退職勧奨された、現行の宮城県大河原地方振興事務所の執務室ですね。

 

確認したときの感想は、

流石シロアリはシロアリ同士で息が統合していたんだなと、

私は完全に孤立していた宮城県庁時代の10年間強に置いて、

1秒1秒の人生が全て無駄であったと理解したわけですね。

 

 そもそも、2007年度は、農業農村整備部と林業振興部は別な部屋でした。

わざわざ2008年度に、総務部であった大部屋を、農業農村整備部と林業振興部に宛て、

なんか1995年度からの昔話を当時にしていたと思われますね。

 

結論として、「みんなが迷惑」よりもですね、

私が土地改良のゴミ共は、人生上要らなかったと言う事です。

このシロアリ共に騙されただけですね。

これか私の本意です。

 

 

こちらとして、マトモに「標準語のアクセントで会話が出来ない劣った連中が、

一人前のふりをされても困るかなと思いました。

 

農家で居続けた人間と、私は都会での生活が主であったので、

所詮は地方の人間は発音のアクセントが訛り、おかしいとは思いますね。

 

少なくても、地元での民が使用する方言は当然許容できるものであり、

これは土地の文化ではあります。

 

これは差別する必要はございませんが、

公の機関で働く者が通常のアクセントで話せないのは、

いずれその資質で馬鹿にされる存在ではありますね。

 

 通常であれば営業のサラリーマンであれば、

言葉遣いの研修を受けますが、宮城県庁の様なレベルが低い組織は、

そのような公務研修所での「話し方講習」はございませんので、

何が標準語かも分からなく他者が聞けばかなり聞き苦しい発音も多いです。

それが出来るのは地元農家だけです。

 

修正能力がない公務員は問題ですね。

 

これは土地での育ちの問題であり、普通は方言は話しつつ、

公的機関では標準語で話すのがまともな公務員です。

アナウンサーでは必須であり、まともな脳みそが訂正できないのは要らんね。

 

 いずれ、橋本久美の方は、私は同僚としては話すときも多少ありましたし、

少なくてもこの人物からは当時は異動の挨拶状もありました

私は人間としてはまともだったとは思っている。

 

石塚奈緒ってのは、こちらは会話もしたことは無いので、

微塵にも関係ございません。

全く知りませんし、美人局の主犯人物として厳格に処理します。

 

 特に、橋本久美子は事務吏員採用なので、技術職ではありません。

石塚奈緒子は土地改良職員です。

最初からその採用区分で醜さが全然違いますね。

 

 

 結局、異性であればその人物はパートナー云々以前に、

その時間の中でどう評価するのは個の判定基準であり、

部屋に一年間居たから同じと言う概念は無いです。

実のないものは何処までも実が無く、何の意味が無いと言うことですね。

 

これが心の目だろうね。

いずれは契約が完了すれば「金の切れ目が縁の切れ目」でしかなく、

誰とも再会することはあり得ません。

 

 

 

 108は全体として唯識」として認めた対象物でなければ意味が無いです。

感覚を研ぎ澄ます価値がない人物に対して、108は無いですね。

そもそも関係無いし観ていない。これが結論です。

 

この案件については、後日座席表をブログに貼って整理します。

 

 

 

この「108回」という数ですが、「煩悩の数」という説は有名ですよね。
仏教では、人は「眼(げん)、耳(に)、鼻(び)、舌(ぜつ)、身(しん)」、そして第六感がはたらく「意(い)」…すなわち心の感覚を持っていると考えられています。これが6つの感覚。

その感覚には受け取られ方があり、「好(良)、悪、平」3つ。さらには「浄(きれい)、染(きたない)」2つに分類されます。
これをかけて、6×3×2=36個

加えてこの営みが、「前世・今世・来世」…過去、現在、未来の3つの時間軸に分けられるということで、「36×3=108」
すなわち、108の煩悩ということになるそうです。

 

www.1242.com