マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【自治体の存在意義】やり放題やっていた仙台藩の自治体が50年の歴史の「花火大会」も消していく。この土地の公務員の存在意義、目的は?【肩書きは威張るため?】

 

まず最初に、私は退職後に官に計画的な犯罪で監禁されましたので、

今後は県内の観光地に行くことは無いです。

 

観光地でも、自然は別です。

私が行かないのは、官がPRしてい箱物です。

ただ、私が宮城県内の他の自治体に観光として行くことは無いです。

単なるリフレッシュ目的で市内の自然だけです。

 

もう私は仙台藩は要らないので。

 

キリスト教に魂を売った中で、昨年は古川の花火大会で、

美里の農家が打ち上げ手伝いで、指を飛ばしたニュースが出たと思いました。

 

この土地って地運はその通りですな。

いずれ逆風でこの土地は進むのだと思います。

 

結局は因果としては、この20年のトータルで、

全体的に経済が悪化して、商工会でのお金の集まりも悪いからでしょうね。

特に下記の通り警備の関係でしょう。

 

訳の分からんアニメ・オタク時代で、

「本来はオタクでない元気がいい人」が入り、随分と世が崩壊しましたね。

 

これまで続いた花火大会を消して、国道108号線石巻に、

サン・ファン・バウティスタ」のプラモデルとか、悪魔時代の象徴ですな。

 

元々、花火で商工会が潤わないのは当然。

花火は、ぱーっと人の心を明るくする一瞬のもの。

初売りの景品と同じ。

 

花火は余力でやっていたものであり、

花火が消えるのは経済が衰退したから。

官の自治体が悪いだけです。 

 

私の主張では、この50年間の仙台藩の悪事を裁判所へとしているが、

その50年が下記に出てきますね。

 

みんな消えた土地仙台藩

 

出来たのは、仙台藩の犯罪の国道108に出来た道の駅だろうな。

仙台の108は犯罪の108。

 

だから私は女は排除した。

 

 

 

 

 

宮城のニュース

夏の風物詩 曲がり角 宮城県北各地で花火大会など休止 深刻な人手不足、商店街疲弊も・・・

2014年のかみ鳴瀬川大花火大会(加美町提供)

 宮城県北各地で、花火大会などが休止に追い込まれるケースが相次いでいる。浮き彫りになるのは警備や運営を担うマンパワー不足。「一度でも休んだら、再開は難しいだろう」との声も上がる。夏の風物詩は小規模自治体から消えてしまうのか。

 加美町の「かみ鳴瀬川大花火大会」と涌谷町の「わくや夏まつり」は今年の開催が見送られた。ともに地元の商工会や観光物産協会が主体となり、お盆に実施してきた。
 休止理由の一つは警備員不足。県警備業協会(仙台市)などによると、県内には約360社・事業所があり、計約1万人が従事する。警備など「保安の職業」の有効求人倍率(5月)は7.88倍で、全業種平均の1.36倍を大きく上回る。「低賃金」「きつい」というイメージが先行し、新卒採用に苦戦しているという。
 深刻な人手不足に伴い、人件費は跳ね上がっている。国の公共工事の設計労務単価で、県内の交通誘導警備員の検定有資格者は6年前から4割増しの1日1万4900円になった。同様に、民間の契約額も上昇しているとみられる。
 32年続いた花火大会の休止を決めた加美商工会は「十分な警備態勢が組めない恐れがある。来年は東京五輪があるので、人件費を10倍にしても、お盆に必要な警備員を確保するのは難しいと、業者に言われた」と打ち明ける。
 主催者側の要因もある。職員数が減る一方、働き方改革の一環で時間外労働の抑制などを進めており、地域で長く続く催しも例外なく見直しが迫られている。
 涌谷町観光物産協会事務局がある町まちづくり推進課は50年以上の伝統がある夏まつりの中止に踏み切った理由について「人手が足りず、準備が間に合わなかった。ここ数年は運営に携わる人が少なく、どうにかやってきたが…」と話す。
 高齢化や後継者不足にあえぐ商店街の疲弊も遠因になった可能性がある。加美町の花火大会では例年、協賛金で400万円前後を捻出してきた。ある商店主は「毎日、店を開けるので精いっぱいで、集金まで手が回らない。花火で商店街が潤うこともないため、協力に理解を得るのも一苦労で、いずれ限界を迎えていただろう」と声を落とす。
 美里町の「美里まつり」も今年、花火の打ち上げを取りやめる。


関連ページ:宮城社会

2019年07月30日火曜日

 

 

 

夏の風物詩 曲がり角 宮城県北各地で花火大会など休止 深刻な人手不足、商店街疲弊も・・・ | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190730_13013.html

 

 

記者発表資料 令和元年 5月10日
仙 台 河 川 国 道 事 務 所
大 崎 市
道の駅「おおさき」が7月5日オープン!
~東北地方では、令和初~
今年3月に「道の駅」に登録され、現在、大崎市古川千手寺町二丁目
において、国土交通省大崎市が工事を進めておりました『道の駅「お
おさき」』が7月5日(金)に国道108号沿いにオープンします。
今回のオープンで、宮城県内の「道の駅」が15駅になります。
道の駅「おおさき」について
●オープン日時:令和元年7月5日(金)午前11時
●オープン前に、記念式典を開催:7月5日(金)午前10時
●主な施設
・地域連携機能 産直店舗、コミュニティカフェ
・情報発信機能 情報提供施設(道路、観光情報など)
・休憩機能 駐車場、トイレ、休憩室
※情報提供施設、駐車場、トイレ、休憩室は24時間利用可能
●設置者:大崎市
●所在地:大崎市古川千手寺町二丁目5番50号

 

 

http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/74682_1.pdf