マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【日光・三猿・AKB48・皇室スマホ】2018年7月29日 (子供であれば)天狗攫いにあったフランス人女性(37)、計50回、延べ4080人投入しても発見されず【出雲大社48m】

 

 7月28日のニュースです。

 

明日で不明1年だそうです。

 

これが子供であれば天狗に隠されたパターンなのかもですね。

成人女性であれば仙台の108だと思います。

流石は2018年でした。

 

仙台は馬鹿の土地なので、私の自宅には2004年より13年間フランスの犬が居り、

8月22日で他界しました。

 

栃木県は、AKB48田名部生来の皇室スマホで見事崩壊しましたからね。

仙台なんてない方がいいのに。

 

 

 

 

天狗攫い

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 
 
ナビゲーションに移動検索に移動
 
『西京新聞』より、兵庫県で起きたとされる天狗攫い

天狗攫い(てんぐさらい)は、神隠しの内、天狗が原因で子供が行方不明となる事象をいう。天狗隠し(てんぐかくし)ともいう。

概要[編集]

江戸時代において、子供が消息を絶つ原因は天狗とされていた。天狗が子供をさらい、数ヶ月から数年の後に元の家へ帰しておくのである[1]

天狗攫いから戻って来た子供は、天狗と一緒に空を飛んで日本各地の名所を見物させてもらった、などと話す。到底信じがたいことではあるが、当時としては実際にその場所へ行かなければわからないようなことをその子供が喋ったりするので、その子の言い分を信じるよりほかないということになる。また、天狗から様々な知識や術を教わったとする子供もいたという[1]

また長野県などでは、天狗にさらわれるという噂のある場所では「鯖食った、鯖食った」と唱えるとその難を逃れるといわれた。これは天狗がを嫌いなためであるらしい。ほかの地方でも誰かが山で行方不明になった際、「鯖食った**(名前)」と呼ぶと戻ってきたという話がある[2]

天狗攫いでよく知られているのは、天狗小僧の異名をとる文政年間の江戸の少年・寅吉である。彼は7歳のとき天狗攫いに遭い、数年後の文政3年(1820年)に江戸に戻って来て人々を驚かせ、自身の異界での体験談をもって国学者平田篤胤の著書『仙境異聞』の執筆に協力した[1]。詳細は平田篤胤の項を参照。

 

 

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

 

 

 

 

日光・仏女性不明から1年 「生活止まったまま」 親族来日、情報提供呼び掛け

7/28(日) 12:45配信

下野新聞SOON

 観光で日光市内を訪れたフランス国籍、教員補助ベロン・ティフェヌ・マリー・アリックスさん(37)が行方不明になってから、29日で1年となる。来日したベロンさんの親族は27日、県警や地元高校生らと東武、JRの日光駅前で、情報提供を呼び掛ける広報活動を行った。ベロンさんの親族は「私たちの生活は止まったまま。見つかるまで捜し続けたい」と語った。

 ベロンさんは昨年7月29日午前10時ごろ、同市内の宿泊施設を出て以降、行方不明になった。県警は警察犬や小型無人機ドローンなどを投入するなどして捜索を続けている。

 今回来日したのは、ベロンさんの兄ダミアンさん(39)と母デゼールさん(60)。この日は、県警や日光明峰高の生徒ら計約40人も参加し、ベロンさんの特徴などを日本語と英語でそれぞれ記したチラシ計約1500枚を駅利用客らに配布した。

 ダミアンさんは「とてもつらい状況だが、ここまでやってこられたのは皆さんのおかげ。これからも気を配ってもらえれば、ありがたい」と呼び掛けた。

 県警は今月23日までに計50回の捜索を実施し、延べ約4080人を動員した。140件以上の情報が寄せられたが、有力なものはなかったという。今後も約35人態勢で捜索を進める。

 ダミアンさんらは28日、捜索への協力を感謝しようと、東武日光駅前で集会を開く予定という。フランスから持ち寄った菓子やお礼の言葉を書いたポストカードを地元住民らに配る。

 

 

日光・仏女性不明から1年 「生活止まったまま」 親族来日、情報提供呼び掛け(下野新聞SOON) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190728-03200610-soon-l09