マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【自民党・清和会】過去の美談である「シルクロード 西遊記(仏教)」を現行中国と日本が地に貶めた【ゴダイゴ・パンダ】

 

 3,048回目の記事です。

 

 この馬鹿な自民党の、中国に絡む顛末についてまとめます。

 

これは、2012年でマヤの太陽は完了したので、淡々と書きます。

みんなばらします。

元々、こちらの資産じゃない。

 

 

最初に、私の名前は中国語でのオリンピックに因む名前を指しています。

それがスタートです。

あと、私の父親の名前は、仏教の経典の漢字1文字が入っています。

 

でも心がないね。

はい失格。

 

そもそもは、テレビドラマの一世を風靡した堺正章の「西遊記」です。

ここで出てくる三蔵法師が若くして他界した「夏目雅子」ですね。

そしてゴダイゴを通して「銀河鉄道999星野鉄郎の声優、野沢雅子です。

それで、小和田雅子が過去に三塚博の通訳担当だった外務省職員時代です。

 

 西遊記はのちにSMAPがまたドラマ化しました。

そして私を奥山恵美子が監禁して、ジャニーズ事務所と中国へ

パンダの要請に行ったそうです。

 

この皆様、私に対して恩を仇で返したから、捨てられた皆様ね。

それが仙台藩がやった悪行。

 

私の資産の食いつぶしですね。

ダニそのものだね。

 

 要するに、ここに出ていた作品は、過去の私の全ての管轄。

現行では外されただけです。

 

ゴミが頭に乗って醜態晒したから、あとはどうしようも無いね、この土地。

とっとと終わってくれればいい。

 

 

 堺正章時代はいいさ。

あのドラマはとても観る価値があった。

昭和での一品だ。

 

平成の二番煎じは、奥山恵美子ごと要らない。

全くつまらんね。

 

如意棒さばきだけでも、見られたもんじゃない。

劣化だけですね。

 

 

平成のテレビ、まともな創作も出来ない分際で、

犯罪の方略だけ考えていたわけだ。

 

2000年からの観る価値無き作品。

現行テレビは観られたもんじゃない。

 

銭ゲバ産業に成り下がったな。

 

 

 実は、暫く前に、チベット仏教ダライラマが仙台を訪れましたね。

そこで食べたのが「吉野屋牛丼」でした。

それと爽健美茶ですな。

 

実は仙台藩での吉野は、大崎市吉野作造の事ですね。

 

そして、私は仙台市東仙台中学校在席時に、

その吉野作造の孫と自称した人物より、社会の授業を受けていました。

 

世の中そんなもんですよ。

でも、こちらはキリストかぶれに成り下がった大崎市はもう要らないね。

あれは資格無き土地。

 

これが、「唯識」の中での「諸行無常」ですね。

 

 

私は仙台藩は捨てるので、どうぞ眼鏡パンダの奥山恵美子を観ていてください。

 

私は馬鹿には用は無いので。

 

 

 結局、ダライラマをはじいてパンダに流れた奥山恵美子の醜さね。

残る人には延々と記憶として残るであろう。

 

仙台、最初から108は欲望が渦巻く意味の土地であり、

この土地が仏を語るのは1000年早い。

国道108号線とか、神社が栽培している「タイマ・ロード」でしょ、きっと(笑)

タイマは大麻神職の服のことですよ。

同時に吸っているのかな?

 

 

最後に、

夏目雅子は美人だったそうですが、

当時の私は「あわね~~」、「全然笑顔が出ず、良くない」。

と言うか、やはり僧と言うポジションにアイドルは失格。

そんな感じでした。

 

もともと三蔵は男だからね。

 

あれもなんて言う男女共同参画

 

まぁ、全26回だったそうですから、

既に山田奈緒子のせいで、全て相手にされませんね。

 

一瞬で信用失墜する怖ろしさ。

怖いですね。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

西遊記(1978年)[編集]

西遊記
ジャンル テレビドラマ
企画 早川恒夫
出演者 堺正章
夏目雅子
岸部シロー
西田敏行
ナレーター 芥川隆行
オープニング ゴダイゴMonkey Magic
エンディング ゴダイゴガンダーラ
製作
プロデューサー 山田宗雄長富忠裕
制作 日本テレビ国際放映
 
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1978年10月1日 - 1979年4月1日
放送時間 日曜日20:00 - 20:54
放送分 54分
回数 26

オープニングクレジットナレーション

昔むかし、この世に人間が現れる遥か前,

世界は天も地もひとつになり、  どろどろと溶岩のように漂い流れておりました。  

やがてそれが少しづつ固まり、4つの大陸ができました。  

その中の一つ、東勝神洲の一部に山がありました。

その名を「花果山」と言います。  その後、何万年経ったことでしょう、  

この花果山に不思議な石が生まれました。  

石から生まれたこの卵は、まるで霊魂でも宿っているかのようでした。  そして、ある嵐の夜

内容[編集]

石から生まれた猿・孫悟空の生い立ちから始まる。天界から追放されて500年後、三蔵法師沙悟浄猪八戒との出会いを経て天竺への取経の旅をするという冒険活劇。旅中に遭遇するさまざまな厄難とそれに伴う三蔵一行の絆や成長を描く1時間の連続特撮ドラマ。

短気だが明るく人情味あふれる悟空、心美しく3人の弟子の良き指南役である三蔵、ニヒルで飄々とした悟浄、大喰いで女性に滅法弱いが愛嬌のある八戒などの演者の個性に合わせたキャラクター設定と、軽妙な掛け合いが人気を博す。本来男性である三蔵法師を女性である夏目が演じる事で、高貴で中性的な三蔵法師像を演出した。しかしながら、(主に低年齢層の視聴者は)三蔵法師が女性だと勘違いした、あるいは本作中において三蔵法師は女性と設定されていると勘違いした視聴者もいた[要出典][注 1][注 2]。後にドラマ化された『西遊記』でも三蔵役を女優が演じるというパターンが踏襲されている。

最終回は「到着したのはニセ天竺だった」という展開であり、再び天竺への旅を開始するところで終わっている。このときは必ずしもパート2の制作を意識してはおらず[注 3]、製作側が視聴者に天竺の神秘的なイメージを持たせることを狙った演出であった[要出典]

 

 

ja.wikipedia.org